パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

#テクノロジーの魅力に出会った瞬間

高校1年で「並列」コンピューティングによるCGアニメを制作──大関真之氏と量子コンピューティングの出会い

量子コンピューティングが注目を集めている。その中でも量子アニーリング方式の研究者として知られる大関真之氏の活躍ぶりは目覚ましい。東北大学「量子アニーリング研究開発センター」や「量子アニーリング研究開発コンソーシアム」の設立、量子アニーリン…

未踏スーパークリエータへのチャレンジ、北野宏明氏との出会いで夢が広がった──シナモンAI平野未来さんが起業を決意した理由とは?

学生時代にIPA未踏ソフトウェア創造事業に2度採択され、テクノロジー企業を創業。現在はビジネス向けのAIサービスのコンサルティングやプロダクト開発を進めるシナモンAI 代表取締役社長CEOの平野未来さん。テクノロジーの最前線を走ってきたように見えるが…

高校時代にプログラミング言語仕様を構想──まつもとゆきひろ氏がRubyを開発する前史を語る

プログラミング言語Rubyの開発者、まつもとゆきひろ氏。「Matz」の愛称で世界のハッカーたちに親しまれ、Rubyコミュニティを率いて、開発者と企業の間の繋いでいる。2020年はRuby最初のリリースから25年を迎えるということもあり、あらためてプログラミング…

シンギュラリティ・ソサエティでの議論で、中島聡氏が考えるこれからのテクノロジーと社会の関係とは

学生時代に日本におけるCADソフトの草分け「CANDY」を開発し、マイクロソフトではWindows95などのチーフアーキテクトを経験。その後、日米でベンチャーを起業するなど、筋金入りのソフトウェア技術者・経営者である中島聡氏。単にITの領域に止まらず、テクノ…

ソフトウェアで洋裁を超える型紙製作に挑む──ファッションテックデザイナーOlgaさんと技術の出会い

最新のテクノロジーをファッションの文脈で再考し、ファッションに新しい価値を吹き込むファッションテック。その領域で最前線を走り続けるデザイナーのOlga(オルガ)さん。Illustratorを使えば、型紙の直線をまっすぐに引けるという素朴な気づきが、テクノ…

池澤あやかさんがテクノロジーの出会いを語る──プログラミング合宿に飛び込んで、自分を鍛えた学生時代

ソフトウェアエンジニアとして働く傍ら、ITテクノロジーにも詳しいタレントとして活躍する池澤あやかさん。池澤さんが、いかにして今のような働き方に至ったのか。ソフトウェアだけではなく、電子工作やガジェットなどのテクノロジーに魅了されたきっかけを…

84歳、現役最高齢プログラマの若宮正子さん──IT大国エストニアを訪れる

58歳でパソコンに触れ、82歳でiPhoneアプリを開発。Appleのティム・クックCEOから「世界最高齢プログラマ」として賞賛された若宮正子さん。今も国内外を飛び回り、高齢者のデジタル社会参加をテーマに精力的に活動を続けている。インタビューは、2019年の夏…

ネットの向こう側ではなく、目の前にユーザーがいて喜んでくれることが嬉しい──増井雄一郎の原点

飲食店向け予約サービス「トレタ」創業者の一人であり、CTOを務めてきた増井雄一郎氏は、2018年にトレタを卒業。フリーランスの技術アドバイザーとして、IT業界にさらに深く関わろうとしている。自分の技術で人が喜ぶ。ネットワークを介して人が繫がる。コミ…

ロボットを着ると、人はどういう体験をするのか──ロボティクスファッションクリエイターきゅんくんの原点を聞いた

高校生の頃から「メカを着ること」を目標に、ロボティクスファッションの制作を続けるクリエイター兼メカエンジニアのきゅんくん。代表作の「METCALF(メカフ)シリーズ」では、無骨な2本のアームロボットが、人間の肩から生えているように見える。人に役立…

ピアノ、ゲーム、スケボー、DJ——全てがアーティスト・真鍋大度の原点になっている

テクノポップユニット「Perfume」のステージ演出のテクニカルサポートや、リオ2016大会閉会式東京2020フラッグハンドオーバーセレモニーのデジタル映像表現などで、世界的に知られるアーティストの真鍋大度氏。デジタル技術と音楽やメディアアートを高度に融…

インクリメンタルではない。求められているのはオリジナリティだ──MIT石井裕教授が問い続ける美学とは

デジタルの世界をピクセルのようなバーチャルなものではなく、実体がある、触れることができるインターフェイスによって変革した「タンジブルビッツ」などの研究で、世界的に知られる石井裕氏。エンジニア魂を根底から揺さぶる、速射砲を繰り出すようなエネ…

及川卓也氏が提唱する「Challenge the status quo.」 ─現状を打破するために、まずは常識を疑え

スタートアップから大企業まで、さまざまな企業の事業開発やエンジニア組織再構築などについて、課題解決のためのアドバイスを続ける及川卓也氏。人材の流動性が高く、エンジニアがきちんと評価される社会。エンジニアがその技術で社会的課題を解決し、その…

人と技術と事業を紡ぐ「プラットフォーム」。 その発想はこうして生まれた──IT批評家 尾原和啓

京都大学院で人工知能論を研究し、マッキンゼー、Google、NTTドコモ、楽天、リクルートなどで事業立上げ・投資を歴任してきたIT批評家・尾原和啓氏。バリ島をベースに人・テクノロジー・事業を紡ぐ尾原氏のビジネスの原型となった体験、インスパイアされた雑…

ちょまどさんのコネクティング・ドット─自分と外界の点を繋ぎ、世界を拡張してきたキャリアの軌跡を語る

マイクロソフトのクラウド・デベロッパー・アドボケイトとして活躍する「ちょまど」こと、千代田まどかさん。腐女子マンガ、オタク布教活動、プログラミングなど、好きな道にひたすらのめり込みながら積み上げてきた経験が、結果的に自分のキャリア形成に役…

テクノロジー×ビジネス×クリエイティブ─ポリネーター西村真里子の「キャリア原点」

テクノロジー×ビジネス×クリエイティブを強みにプロデュース業や編集、ベンチャー向けのメンターなどを行う西村真里子さん。イベントプロデュースから、海外カンファレンスのレポーターまで、その仕事の幅は広い。日本IBM、アドビシステムズ、バスキュールな…

澤円氏が、自分のひらめきとガジェットに導かれながら、テクノロジーの渦を体験したこと

年間200回以上のプレゼンテーションを行い、プレゼンのスペシャリストとして知られる澤円氏。プレゼンテーション・アドバイザーとして活躍し、琉球大学客員教授やベンチャー企業の顧問も務めている。澤氏が若い頃に体験した“テクノロジーの渦”とは何か。その…

製造業からWeb業界へ転進──藤川真一(えふしん)が追い求める「エンジニアが主役」の世界とは

7月にBASEのCTOを退任し、新たにEVP of Developmentに就任した「えふしん」こと藤川真一さん。慶應義塾大学大学院でメディアデザインの研究員も務めている。コードも書くし、マネジメントもするし、メディアデザインも学ぶえふしんさんのWebテクノロジーとの…

女子大生プログラマ・羽柴彩月が開発する、勉強を楽しくするアプリ「Stuguin」の誕生と軌跡

勉強を楽しくするサポートアプリ「Stuguin」をリリースし、多数のメディアに天才女子高生として取り上げられた羽柴彩月さん。「最初にパソコン触れたのは保育園の時」だが、Life is Techのプログラミング・キャンプが彼女を鍛えた。 現在は、慶應義塾大学環…