パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

インタビュー・コラム

「好きで打ち込める」ことを探していけば、きっとキャリアは開かれる──ちょまどさんが贈る4つの言葉

マイクロソフトのクラウド・デベロッパー・アドボケイトとして活躍する「ちょまど」こと、千代田まどかさん。腐女子マンガ、オタク布教活動、プログラミングなど、好きな道にひたすらのめり込みながら積み上げてきた経験が、結果的に自分のキャリア形成に役…

株式会社ライゾマティクス創業──デジタル技術と表現の渦の中でもがいた真鍋大度の13年

テクノポップユニット「Perfume」のステージ演出のテクニカルサポートや、リオ2016大会閉会式東京2020フラッグハンドオーバーセレモニーのデジタル映像表現などで、世界的に知られるアーティストの真鍋大度氏。デジタル技術と音楽やメディアアートを高度に融…

MITメディアラボで“変な人たち”に囲まれながら、スプツニ子!が学んだこととは?──

世界に影響を与える若手アーティストの一人として、世界経済フォーラムやTEDなどにも登壇したスプツニ子!さん。テクノロジーとの出会いは中学生の時のiMacでした。アーティストとしての道は、幼少時から感じていた、周囲に馴染めない “異分子”としての葛藤…

マンガでわかる未来のIT/第5話「セキュリティ抜き打ちテスト」

時は202X年。今より少し先の未来では、私たちはどのようなシステムを開発し、社会の可能性はどのように広がるのでしょうか。そして、そこではどのような問題や課題が生まれるのか……!? そんなIT業界の未来を占うドタバタ日常漫画です。 前回のお話はこちら…

他流試合の荒波に揉まれ、美的かつ分析的で現実主義者の心性を鍛えよ──MIT石井裕教授のイノベーション哲学

デジタルの世界をピクセルのようなバーチャルなものではなく、実体がある、触れることができるインターフェイスによって変革した「タンジブルビッツ」などの研究で、世界的に知られる石井裕氏。エンジニア魂を根底から揺さぶる、速射砲を繰り出すようなエネ…

エンジニアは、いつもの同じメンツと飲みに行くのをやめなさい──澤円が情報発信にこだわる理由

年間200回以上のプレゼンテーションを行い、プレゼンのスペシャリストとして知られる澤円氏。プレゼンテーション・アドバイザーとして活躍し、琉球大学客員教授やベンチャー企業の顧問も務めている。澤氏が若い頃に体験した“テクノロジーの渦”とは何か。その…

大企業が変革し、スタートアップが増える──及川卓也氏が目指すエンジニアが輝く世界とは

及川卓也氏は所属でラベル付けされることを嫌う。エンジニアがリスペクトされ、人材の流動性の高い社会では、会社の名前にこだわることなど意味がないと考える。及川氏が考える、日本のテクノロジーのこれからとエンジニアの生き方とは── Profile Tably(テ…

ピアノ、ゲーム、スケボー、DJ——全てがアーティスト・真鍋大度の原点になっている

テクノポップユニット「Perfume」のステージ演出のテクニカルサポートや、リオ2016大会閉会式東京2020フラッグハンドオーバーセレモニーのデジタル映像表現などで、世界的に知られるアーティストの真鍋大度氏。デジタル技術と音楽やメディアアートを高度に融…

Sky's the limit #04/元 トヨタ自動車副社長が語る”プリウス誕生”

日本のものづくりを支えてきた様々な技術者の挑戦をひも解いていく「Sky's the limit」。第1回は、トヨタ自動車 副社長としてプリウスの開発の陣頭指揮を執られ、三菱重工業株式会社 社外取締役(2012年退任)、アイシン精機株式会社 取締役会長、相談役、顧…

Sky's the limit #03/元 トヨタ自動車副社長が語る”プリウス誕生”

日本のものづくりを支えてきた様々な技術者の挑戦をひも解いていく「Sky's the limit」。第1回は、トヨタ自動車 副社長としてプリウスの開発の陣頭指揮を執られ、三菱重工業株式会社 社外取締役(2012年退任)、アイシン精機株式会社 取締役会長、相談役、顧…

Sky's the limit #02/元 トヨタ自動車副社長が語る”プリウス誕生”

日本のものづくりを支えてきた様々な技術者の挑戦をひも解いていく「Sky's the limit」。第1回は、トヨタ自動車 副社長としてプリウスの開発の陣頭指揮を執られ、三菱重工業株式会社 社外取締役(2012年退任)、アイシン精機株式会社 取締役会長、相談役、顧…

Sky's the limit #01/元 トヨタ自動車副社長が語る”プリウス誕生”

日本のものづくりを支えてきた様々な技術者の挑戦をひも解いていく「Sky's the limit」。第1回は、トヨタ自動車 副社長としてプリウスの開発の陣頭指揮を執られ、三菱重工業株式会社 社外取締役(2012年退任)、アイシン精機株式会社 取締役会長、相談役、顧…

虎の巻!セキュリティ論 #14/『認証』について、 今、知っておくべきこと(後篇)

近年、サイバー攻撃は高度化し、新たなマルウェアが次々に登場し、防御する側の企業・組織は非常に厳しい状況に置かれています。皆さんの組織でも、さまざまな対策を講じていらっしゃると思いますが、ここでは、ネットワークを使用する上で欠かせないセキュ…

虎の巻!セキュリティ論 #13/『認証』について、 今、知っておくべきこと(前篇)

近年、サイバー攻撃は高度化し、新たなマルウェアが次々に登場し、防御する側の企業・組織は非常に厳しい状況に置かれています。皆さんの組織でも、さまざまな対策を講じていらっしゃると思いますが、ここでは、ネットワークを使用する上で欠かせないセキュ…

スプツニ子!とテクノロジーの出会い──アートが結びつくと、人や社会はどう変わるのか?

世界に影響を与える若手アーティストの一人として、世界経済フォーラムやTEDなどにも登壇したスプツニ子!さん。テクノロジーとの出会いは中学生の時のiMacでした。単に美しいものをデザインするのではなく、社会に対して問いを立てるアーティストとしての道…

虎の巻!セキュリティ論 #12/令和の時代に備えるべきセキュリティ対策とは?(第3回)

立命館大学 情報理工学部 セキュリティ・ネットワークコース 教授京都大学博士(工学):上原 哲太郎 1995年 京都大学大学院工学研究科博士後期課程研究指導認定退学。1996年 京都大学博士(工学)。京都大学大学院工学研究科助手、和歌山大学システム工学部…

虎の巻!セキュリティ論 #11/令和の時代に備えるべきセキュリティ対策とは?(第2回)

立命館大学 情報理工学部 セキュリティ・ネットワークコース 教授京都大学博士(工学):上原 哲太郎 1995年 京都大学大学院工学研究科博士後期課程研究指導認定退学。1996年 京都大学博士(工学)。京都大学大学院工学研究科助手、和歌山大学システム工学部…

虎の巻!セキュリティ論 #10/令和の時代に備えるべきセキュリティ対策とは?(第1回)

立命館大学 情報理工学部 セキュリティ・ネットワークコース 教授京都大学博士(工学):上原 哲太郎 1995年 京都大学大学院工学研究科博士後期課程研究指導認定退学。1996年 京都大学博士(工学)。京都大学大学院工学研究科助手、和歌山大学システム工学部…

虎の巻!セキュリティ論 #09/災害時やトラブルにおける組織のITへの対策 ~IT事業継続について~(後篇)

ITについては、一般的な事業継続で実施する内容とは異なることに注意 非常事態の宣言とコミュニケーションツールとしてのIT 経営者が非常時に対応しなければならないことの中で特に重要なのは、「非常事態を宣言する」ことです。非常時は、収益を目指した日…

【第3話】インターネット老人会の皆さんに朗報 女子大生に「昔のホームページ」を見せた感想は「別に古いと思わない」でした!

前回までのおさらい 「プログラミング言語」の種類の多さに若干引き気味の女子大生。具体的に見たり触ったりしながら覚えたほうがわかるかも、ということで今回からは初心者でも扱いやすい「HTML」を使って、簡単なホームページを作ってみることにします。 …

虎の巻!セキュリティ論 #08/災害時やトラブルにおける組織のITへの対策 ~IT事業継続について~(前篇)

1.はじめに 今日、ITはビジネスのさまざまな場面で用いられ、組織のビジネス活動にとって欠かすことのできないものとなりました。多くの人が日常的に業務のなかでメールやスケジュール管理、SNSなどを使っており、組織内部や外部とのコミュニケーションに…

スキルやタイプの違うエンジニアを、どうマネジメントして、強い組織を作るのか──藤川真一(えふしん)

7月にBASEのCTOを退任し、新たにEVP of Developmentに就任した「えふしん」こと藤川真一さん。慶應義塾大学大学院でメディアデザインの研究員も務めている。コードも書くし、マネジメントもするし、メディアデザインも学ぶえふしんさんのWebテクノロジーとの…

教育とICTのいま #08/授業が変わる、ライブ感のあるプレゼンテーション~多様な場面で原稿などを用意せずに行うライブ感あふれる日常的なプレゼンテーションを~

本稿では、整備が進むタブレット端末は、どのような授業の中で活用されることが、児童生徒の能力を引き出すことにつながるのか、筆者がここ数年で参観した授業、筆者自身が同僚たちと取り組んできた授業をもとに論じていく。そして、今私たち教師に求められ…

虎の巻!セキュリティ論 #07/増員で高まる 情報セキュリティリスク~セキュリティ意識の高低差と人の心理~

4月入社の新入社員が現場へと配属され、増員による戦力強化で現場も活性化されたことであろう。その一方で、増員によって情報セキュリティのリスクが高まることも懸念される。「戦力がリスクになる」その本質的な問題とは何か、その視点で考察する。 増員に…

女子大生プログラマ・羽柴彩月が目指す─格差を超え、人々に寄り添うことができる本当のテクノロジーとは?

勉強を楽しくするサポートアプリ「Stuguin」をリリースし、多数のメディアに天才女子高生として取り上げられた羽柴彩月さん。現在は、慶應義塾大学環境情報学部でテクノロジーと心理学を結びつけた、モチベーションに関する研究をしながら、アプリ開発も行っ…

虎の巻!セキュリティ論 #06/「自動化」がより堅牢な システムの構築につながる~人為的ミスを最大限に排除するという視点~

A(I 人工知能)が進化することで人為的なミスやトラブルが発生しないシステム運用ができるとするならば、セキュリティ対策への貢献度は大きいであろう。しかし、実際には何を学習させ、その学習データをどこから調達するのかなどを考えると、セキュリティ対…

厚切りジェイソンが問う、トーマス・エジソンとニコラ・ステラ、どっちが優秀な事業家だった?

「Why Japanese people!?」でおなじみの厚切りジェイソン氏。芸人でありながら、IT企業の役員として数多くの講演をこなし、エンジェル投資家としてITベンチャー企業の投資なども行っている。テクノロジーとの出会いから、日本語を勉強した理由、日米の企業文…

教育とICTのいま #07/教育情報セキュリティポリシーと学校のICT(第3回)

KUコンサルティング 代表:高橋 邦夫 文部科学省 教育情報セキュリティ対策推進チーム 副主査。元 豊島区役所CISO(情報セキュリティ統括責任者) 次世代の学校ICT スマートスクール構想とは 次世代の学校ICTはどのようになるのか。一部で「今後は、ガイド…

アート・サイエンス・テクノロジー・デザイン──MIT石井裕教授が影響された巨人たちとは?

デジタルの世界をピクセルのようなバーチャルなものではなく、実体がある、触れることができるインターフェイスによって変革した「タンジブルビッツ」などの研究で、世界的に知られる石井裕氏。エンジニア魂を根底から揺さぶる、速射砲を繰り出すようなエネ…

教育とICTのいま #06/教育情報セキュリティポリシーと学校のICT(第2回)

KUコンサルティング 代表:高橋 邦夫 文部科学省 教育情報セキュリティ対策推進チーム 副主査。元 豊島区役所CISO(情報セキュリティ統括責任者) 子どもたちの学びのために安心してICTを活用できるようにすることが目的 ガイドラインの目的とは 本ガイド…

「体験と信頼のインターネット」をアルゴリズムで実現するのが、エンジニアの役割──IT批評家 尾原和啓

京都大学院で人工知能論を研究し、マッキンゼー、Google、NTTドコモ、楽天、リクルートなどで事業立上げ・投資を歴任してきたIT批評家・尾原和啓氏。最終回となる今回は、未来のインターネットにおいて、エンジニアが果たすべき役割について語っていただいた…

教育とICTのいま #05/教育情報セキュリティポリシーと学校のICT(第1回)

KUコンサルティング 代表:高橋 邦夫 文部科学省 教育情報セキュリティ対策推進チーム 副主査。元 豊島区役所CISO(情報セキュリティ統括責任者) 教育情報セキュリティポリシーガイドラインの概要 ガイドライン制定の背景について 2017年10月に公表された…

時代の流れに正面から向き合い、次のテクノロジーに乗れる人間でいたいー西村真里子の「キャリア原点」

テクノロジー×ビジネス×クリエイティブを強みにプロデュース業や編集、ベンチャー向けのメンターなどを行う西村真里子さん。イベントプロデュースから、海外カンファレンスのレポーターまで、その仕事の幅は広い。日本IBM、Macromedia、Adobe Systems、バス…

教育とICTのいま #04/算数科における学びに向かう力とICT活用(後篇)

北陸学院大学教授:村井 万寿夫 金沢市立小学校教諭、石川県教育センター指導主事、金沢星稜大学教授・副学長を経て現職。教育学博士。専門は教育工学、教育メディア学、教科教育学など。 学びに向かう力とICT活用 第1学年 D データの活用「くらべよう」 今…

ビジネスは「ギブ・ファースト」「アウトプット・ファースト」で──澤円のこだわり仕事術

年間200回以上のプレゼンテーションを行い、プレゼンのスペシャリストとして知られる澤円氏。プレゼンテーション・アドバイザーとして活躍し、琉球大学客員教授やベンチャー企業の顧問も務めている。澤氏が若い頃に体験した“テクノロジーの渦”とは何か。その…

教育とICTのいま #03/算数科における学びに向かう力とICT活用(前篇)

北陸学院大学教授:村井 万寿夫 金沢市立小学校教諭、石川県教育センター指導主事、金沢星稜大学教授・副学長を経て現職。教育学博士。専門は教育工学、教育メディア学、教科教育学など。 三つの柱の一つ「学びに向かう力」 ガイドライン制定の背景について …

エンジニアは技術とコミュニティで社会課題を解決できる──及川卓也氏が考える「テクノロジーのこれから」

及川卓也氏は所属でラベル付けされることを嫌う。エンジニアがリスペクトされ、人材の流動性の高い社会では、会社の名前にこだわることなど意味がないと考える。及川氏が考える、日本のテクノロジーのこれからとエンジニアの生き方とは── Profile Tably(テ…

マンガでわかる未来のIT/第4話「デジタルウェルビーイング」

時は202X年。今より少し先の未来では、私たちはどのようなシステムを開発し、社会の可能性はどのように広がるのでしょうか。そして、そこではどのような問題や課題が生まれるのか……!? そんなIT業界の未来を占うドタバタ日常漫画です。 前回のお話はこちら…

教育とICTのいま #02/タブレット端末環境をどのように生かしていくか~新学習指導要領を踏まえた思考ツール・協働ツールの活用~

新学習指導要領で示されたICT環境整備とその活用 平成29年3月に公開された新小学校学習指導要領には、各教科領域においてコンピュータや情報通信ネットワークの整備と、それらをどのように活用するのかについて多くの記述が見られる。例えば「情報活用能力の…

虎の巻!セキュリティ論 #05/セキュリティマネジメントにおける 「ハード」と「ソフト」~最優先すべき事柄は何か?~

セキュリティ対策への効果を期待した機器の導入が結果的に失敗に終わってしまうことがある。原因の一つには、海外メーカーの製品が多いということがあげられる。海外では企業の買収が頻繁に行われており、導入した製品のメーカーが買収されたなどの理由でサ…

厚切りジェイソンが考える、イノベーションを生み出すアメリカと日本の風土の違い

「Why Japanese people!?」でおなじみの厚切りジェイソン氏。芸人でありながら、IT企業の役員として数多くの講演をこなし、エンジェル投資家としてITベンチャー企業の投資なども行っている。テクノロジーとの出会いから、日本語を勉強した理由、日米の企業文…

虎の巻!セキュリティ論 #04/ 「セキュリティ人材不足」の影響~自社にとって必要なセキュリティ人材の考え方~

「セキュリティ対策における現在の課題は何か?」という各種アンケートの問いに対し、企業・組織の回答は「セキュリティ人材の不足」が上位を占めている。企業が求める人材とは?なぜ人材が不足するのか?果たしてセキュリティ人材は必要なのか?そもそもセ…

なぜ、そのコードが動くのかー女子大生プログラマ・羽柴彩月がインターン武者修行で学んだこと

勉強を楽しくするサポートアプリ「Stuguin」をリリースし、多数のメディアに天才女子高生として取り上げられた羽柴彩月さん。現在は、慶應義塾大学環境情報学部でテクノロジーと心理学を結びつけた、モチベーションに関する研究をしながら、アプリ開発も行っ…

虎の巻!セキュリティ論 #03/ セキュリティ対策製品導入後にやるべきこと~製品の性能を発揮する運用体制の構築とは~

多くの時間とコストをかけて導入したセキュリティ対策製品だが、導入後単に稼働させているだけの「放置状態」では、本来のパフォーマンスが発揮できる状態とは言えない。セキュアな状態を維持するために運用は自社で行う以外に委託も視野に入れ、広義な意味…

虎の巻!セキュリティ論 #02/ 働き方改革に貢献する ITソリューション~クライアント管理ツールが果たす役割と期待~

労働人口の減少、長時間労働、少子高齢化などの課題解決を背景に働き方改革の推進が加速している。業務効率の向上やワーク・ライフ・バランス、ワーク・ファミリー・バランスを考慮した労働環境の構築に、ITが貢献できる領域は決して少なくない。IT運用管理…

【第2話】プログラミング言語で「会話」ってできるんですか? 女子大生、多すぎるプログラミング言語に困惑

前回までのおさらい プログラミングの「プ」の字も知らないし、書いたこともない。挙句の果てには、「デスマーチ」をプログラミング用語だと勘違いする、とんちんかんな女子大生。そんな彼女のもとにやってきたのは、超おおらかなエンジニアの舘さん。今回は…

マンガでわかる未来のIT/第3話「テクノロジーと労働」

時は202X年。今より少し先の未来では、私たちはどのようなシステムを開発し、社会の可能性はどのように広がるのでしょうか。そして、そこではどのような問題や課題が生まれるのか……!? そんなIT業界の未来を占うドタバタ日常漫画です。 前回のお話はこちら…

趣味から生業へ──藤川真一(えふしん)が「モバツイ」を通して見えた自分の限界と可能性

7月にBASEのCTOを退任し、新たにEVP of Developmentに就任した「えふしん」こと藤川真一さん。慶應義塾大学大学院でメディアデザインの研究員も務めている。コードも書くし、マネジメントもするし、メディアデザインも学ぶえふしんさんのWebテクノロジーとの…

虎の巻!セキュリティ論 #01/ 現代の情報セキュリティの脅威に応じた社員教育の必要性

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)などセキュリティ認証を受けている企業・団体は、少なくとも年に1回の教育(研修)を実施することが義務づけられているが、その内容は形式的なことにとどまっていることが多く、昨今の情報セキュリティの脅威を…

教育とICTのいま #01/教科学習の中でプログラミング的思考力を育む

教科学習の中でプログラミング的思考を活用する 2020年度に全面実施される小学校学習指導要領▶参考文献[1]において、小学校段階からのプログラミング教育が必修化されます。小学校プログラミング教育の手引き(第二版)▶参考文献[2]によると、ねらいは以…