パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

インタビュー・コラム

誰も認めてくれないから諦めるのは、チャレンジャーではない──Olgaさんが実現したいファッションテックの未来

最新のテクノロジーをファッションの文脈で再考し、ファッションに新しい価値を吹き込むファッションテック。その領域で最前線を走り続けるデザイナーのOlga(オルガ)さん。ハイタッチすると光る服、LED光が粉雪のように舞い落ちるキモノ、布スピーカーがサ…

ファッション・建築はテクノロジーでどう変わる?──ANREALAGE森永氏×noiz豊田氏が対談【後編】

ファッションと建築。いずれも歴史のある業界だ。だが、ANREALAGEのデザイナー森永邦彦氏と、noizの建築家である豊田啓介氏は、私たちが一般的にイメージするファッションや建築とはまったく異なる「ファッション」や「建築」にチャレンジし、新しい価値観を…

ファッション・建築はテクノロジーでどう変わる?──ANREALAGE森永氏×noiz豊田氏が対談【前編】

ファッションと建築。いずれも歴史のある業界だ。だが、ANREALAGEのデザイナー森永邦彦氏と、noizの建築家である豊田啓介氏は、私たちが一般的にイメージするファッションや建築とはまったく異なる「ファッション」や「建築」にチャレンジし、新しい価値観を…

Sky's the limit #07/元 トヨタ自動車副社長が語る”プリウス誕生”

日本のものづくりを支えてきた様々な技術者の挑戦をひも解いていく「Sky's the limit」。第1回は、トヨタ自動車 副社長としてプリウスの開発の陣頭指揮を執られ、三菱重工業株式会社 社外取締役(2012年退任)、アイシン精機株式会社 取締役会長、相談役、顧…

【第5話】ITリテラシー低めの女子大生にプログラミングを教えたらフリーランスの仕事に興味を持ったようです

前回までのおさらい 先生に用意してもらったHTMLのコードをコピペしただけで大喜びの女子大生。それでも打ち込んだコードが実際に動く面白さがちょっとだけわかってきたみたいです。 「女子大生、はじめてのプログラミングを学ぶ」連載は今回でひとまず最終…

ファッションとブロックチェーン、5Gはどう繋がっていくか──Olgaさんが語るファッションテック進化論

イベント会場で観客がハイタッチすると光る服、アイロン接着できる電子回路を使った暖かくなるパーカー、導電性接着剤を布地に散りばめ、LED光が粉雪のように舞い落ちるキモノ、etc.。服はもちろん部屋中のファブリックに仕込まれた布スピーカーがサウンドを…

ソフトウェアで洋裁を超える型紙製作に挑む──ファッションテックデザイナーOlgaさんと技術の出会い

最新のテクノロジーをファッションの文脈で再考し、ファッションに新しい価値を吹き込むファッションテック。その領域で最前線を走り続けるデザイナーのOlga(オルガ)さん。Illustratorを使えば、型紙の直線をまっすぐに引けるという素朴な気づきが、テクノ…

マンガでわかる未来のIT 第14話「VRワーク大作戦」

時は202X年。今より少し先の未来では、私たちはどのようなシステムを開発し、社会の可能性はどのように広がるのでしょうか。そして、そこではどのような問題や課題が生まれるのか……!? そんなIT業界の未来を占うドタバタ日常漫画です。 前回のお話はこちら…

【第4話】コンピュータって意外とおバカ? 女子大生、「HTML」の仕組みを「桃太郎」で理解する

前回までのおさらい 「ホームページ」というものをほとんど見たことがなかった女子大生。前回はホームページを作る上での基本的な考え方や「HTML」「CSS」という言語があることを学びました。 今回はいよいよ実際にその言語を使ってのホームページ作りに着手…

マンガでわかる未来のIT 第13話「アクセシビリティを高めるには」

時は202X年。今より少し先の未来では、私たちはどのようなシステムを開発し、社会の可能性はどのように広がるのでしょうか。そして、そこではどのような問題や課題が生まれるのか……!? そんなIT業界の未来を占うドタバタ日常漫画です。 前回のお話はこちら…

マンガでわかる未来のIT 第12話「KPIを測ろう!」

時は202X年。今より少し先の未来では、私たちはどのようなシステムを開発し、社会の可能性はどのように広がるのでしょうか。そして、そこではどのような問題や課題が生まれるのか……!? そんなIT業界の未来を占うドタバタ日常漫画です。

神山健治監督とNiantic川島優志氏が語る ──アニメとゲーム業界で活躍する最強ITエンジニアとは

攻殻機動隊SACシリーズの監督を務め、日本のアニメーション業界を牽引してきた神山健治監督と、神山監督の大ファンでもあるNianticの川島優志氏が対談。前半に続き、後半は神山監督、川島氏がアニメーションやゲーム業界で求められる最強のITエンジニア像に…

神山健治監督とNiantic川島優志氏が語る ──アニメとゲーム作りでこだわった「現実感」

攻殻機動隊SACシリーズの監督を務め、日本のアニメーション業界を牽引してきた神山健治監督と、神山監督の大ファンでもあるNianticの川島優志氏が対談。神山監督、川島氏がアニメーションやゲーム業界の動向をはじめ、何にこだわり、どんな想いで作品・サー…

音楽プロデューサー亀田誠治氏と及川卓也氏が「音楽×テクノロジー」で起こすイノベーションを語り合う!【後編】

AIやIoTなどの最先端テクノロジーの進化により、様々な業界にテクノロジーが持ち込まれ、新たなサービスやプロダクトが誕生している。さらに2020年からサービスが始まる5Gによって、これまでは難しかったようなコンテンツの表現を多くの人に届けることができ…

マンガでわかる未来のIT 第11話「未来のデータ管理」

時は202X年。今より少し先の未来では、私たちはどのようなシステムを開発し、社会の可能性はどのように広がるのでしょうか。そして、そこではどのような問題や課題が生まれるのか……!? そんなIT業界の未来を占うドタバタ日常漫画です。 前回のお話はこちら…

音楽プロデューサー亀田誠治氏と及川卓也氏が「音楽×テクノロジー」で起こすイノベーションを語り合う!【前編】

AIやIoTなどの最先端テクノロジーの進化により、様々な業界にテクノロジーが持ち込まれ、新たなサービスやプロダクトが誕生している。さらに2020年からサービスが始まる5Gによって、これまでは難しかったようなコンテンツの表現を多くの人に届けることができ…

池澤あやかさんが語るエンジニアの醍醐味──企画から実装まで一貫して関われることが楽しい

ソフトウェアエンジニアとして働く傍ら、ITテクノロジーにも詳しいタレントとして活躍する池澤あやかさん。これまで携わってきたプロジェクトの数々を紹介するとともに、池澤さんが考える「エンジニアとしての働き方・生き方」について語ってもらった。 Prof…

デザインにもテクノロジーにも求められる「問いを立てる」とは?

世界に影響を与える若手アーティストの一人として、世界経済フォーラムやTEDなどにも登壇したスプツニ子!さん。テクノロジーとの出会いは中学生の時のiMacでした。アーティストとしての道は、幼少時から感じていた、周囲に馴染めない “異分子”としての葛藤…

なぜ今、エンジニアにマーケティングセンスが必要なのか──増井雄一郎がテクノロジーで実現したい未来

飲食店向け予約サービス「トレタ」創業者の一人であり、CTOを務めてきた増井雄一郎氏は、2018年にトレタを卒業。フリーランスの技術アドバイザーとして、IT業界にさらに深く関わろうとしている。自分の技術で人が喜ぶ。ネットワークを介して人が繫がる。コミ…

マンガでわかる未来のIT 第10話「エンジニアのためのコミュニティ通貨」

時は202X年。今より少し先の未来では、私たちはどのようなシステムを開発し、社会の可能性はどのように広がるのでしょうか。そして、そこではどのような問題や課題が生まれるのか……!? そんなIT業界の未来を占うドタバタ日常漫画です。 前回のお話はこちら…

Sky's the limit #06/元 トヨタ自動車副社長が語る”プリウス誕生”

日本のものづくりを支えてきた様々な技術者の挑戦をひも解いていく「Sky's the limit」。第1回は、トヨタ自動車 副社長としてプリウスの開発の陣頭指揮を執られ、三菱重工業株式会社 社外取締役(2012年退任)、アイシン精機株式会社 取締役会長、相談役、顧…

池澤あやかさんが明かす、自分の本業はフリーランスエンジニアだと言い切る理由とは?

ソフトウェアエンジニアとして働く傍ら、ITテクノロジーにも詳しいタレントとして活躍する池澤あやかさん。タレントとして、エンジニアとして、テクノロジーの魅力を伝えるために格闘した20代の日々を語る。 Profile 池澤 あやかさん 1991年生まれ。慶應義塾…

池澤あやかさんがテクノロジーの出会いを語る──プログラミング合宿に飛び込んで、自分を鍛えた学生時代

ソフトウェアエンジニアとして働く傍ら、ITテクノロジーにも詳しいタレントとして活躍する池澤あやかさん。池澤さんが、いかにして今のような働き方に至ったのか。ソフトウェアだけではなく、電子工作やガジェットなどのテクノロジーに魅了されたきっかけを…

マンガでわかる未来のIT 第9話「NVCで風通しのよいコミュニケーションを」

時は202X年。今より少し先の未来では、私たちはどのようなシステムを開発し、社会の可能性はどのように広がるのでしょうか。そして、そこではどのような問題や課題が生まれるのか……!? そんなIT業界の未来を占うドタバタ日常漫画です。 前回のお話はこちら…

Rhizomatiks真鍋大度×MIKIKOによる「ライブパフォーマンス×テクノロジー」はいかに生まれたのか【後編】

エンターテインメントやアートの世界にも、テクノロジーが持ち込まれている。リオ2016大会閉会式の東京2020フラッグハンドオーバーセレモニーでは、ARとダンスが融合した表現、演出が披露され、世界の大きな話題をさらった。その最新テクノロジーを駆使した…

メカエンジニアきゅんくんの本音──実は板金、金型、設計、量産とか、泥臭いことがやりたい

高校生の頃から「メカを着ること」を目標に、ロボティクスファッションの制作を続けるクリエイター兼メカエンジニアのきゅんくん。代表作の「METCALF(メカフ)シリーズ」では、無骨な2本のアームロボットが、人間の肩から生えているように見える。人に役立…

ロボットを着ると、人はどういう体験をするのか──ロボティクスファッションクリエイターきゅんくんの原点を聞いた

高校生の頃から「メカを着ること」を目標に、ロボティクスファッションの制作を続けるクリエイター兼メカエンジニアのきゅんくん。代表作の「METCALF(メカフ)シリーズ」では、無骨な2本のアームロボットが、人間の肩から生えているように見える。人に役立…

84歳のアプリ開発者・若宮正子さんに学ぶ──これからは高齢者が積極的にITを使いこなす時代に

58歳でパソコンに触れ、82歳でiPhoneアプリを開発。Appleのティム・クックCEOから「世界最高齢プログラマ」として賞賛された若宮正子さん。今も国内外を飛び回り、高齢者のデジタル社会参加をテーマに精力的に活動を続けている。インタビューは、2019年の夏…

世界最高齢プログラマ若宮正子さん──82歳でアプリを開発したら、強烈な追い風で場外ホームランに

58歳でパソコンに触れ、82歳でiPhoneアプリを開発。Appleのティム・クックCEOから「世界最高齢プログラマ」として賞賛された若宮正子さん。今も国内外を飛び回り、高齢者のデジタル社会参加をテーマに精力的に活動を続けている。インタビューは、2019年の夏…

Rhizomatiks真鍋大度×MIKIKOによる「ライブパフォーマンス×テクノロジー」はいかに生まれたのか【前編】

エンターテインメントやアートの世界にも、テクノロジーが持ち込まれている。リオ2016大会閉会式の東京2020フラッグハンドオーバーセレモニーでは、ARとダンスが融合した表現、演出が披露され、世界の大きな話題をさらった。その最新テクノロジーを駆使した…

84歳、現役最高齢プログラマの若宮正子さん──IT大国エストニアを訪れる

58歳でパソコンに触れ、82歳でiPhoneアプリを開発。Appleのティム・クックCEOから「世界最高齢プログラマ」として賞賛された若宮正子さん。今も国内外を飛び回り、高齢者のデジタル社会参加をテーマに精力的に活動を続けている。インタビューは、2019年の夏…

マンガでわかる未来のIT 第8話「エモーショナルログ」

時は202X年。今より少し先の未来では、私たちはどのようなシステムを開発し、社会の可能性はどのように広がるのでしょうか。そして、そこではどのような問題や課題が生まれるのか……!? そんなIT業界の未来を占うドタバタ日常漫画です。 前回のお話はこちら…

Sky's the limit #05/元 トヨタ自動車副社長が語る”プリウス誕生”

日本のものづくりを支えてきた様々な技術者の挑戦をひも解いていく「Sky's the limit」。第1回は、トヨタ自動車 副社長としてプリウスの開発の陣頭指揮を執られ、三菱重工業株式会社 社外取締役(2012年退任)、アイシン精機株式会社 取締役会長、相談役、顧…

虎の巻!セキュリティ論 #17/AIとセキュリティ

はじめに 現在、人工知能(Artificial Intelligence:AI)が各分野で注目を浴びている。そして、AIとセキュリティ(安全性)の関係も非常に重要となってきている。AIとセキュリティの関係というとセキュリティ対策にAIを適用することだけを思い浮かべるかも…

虎の巻!セキュリティ論 #16/企業経営にとって 大きなダメージを与える サイバー攻撃の脅威とは ~ その現実的対策と心構えについて ~(後篇)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では従業員300人以下の中小企業を対象にした情報セキュリティに関する調査報告を行っている。セキュリティ対策や意識等、多岐にわたるアンケート調査であり、中小企業に対するサイバー攻撃の現状としては興味深い結果を…

増井雄一郎・学生時代の起業とアメリカ体験──英語さえ話せれば、技術力は負けない自信があった

飲食店向け予約サービス「トレタ」創業者の一人であり、CTOを務めてきた増井雄一郎氏は、2018年にトレタを卒業。フリーランスの技術アドバイザーとして、IT業界にさらに深く関わろうとしている。自分の技術で人が喜ぶ。ネットワークを介して人が繫がる。コミ…

マンガでわかる未来のIT/第7話「OK, みらいのチャットボット!」

時は202X年。今より少し先の未来では、私たちはどのようなシステムを開発し、社会の可能性はどのように広がるのでしょうか。そして、そこではどのような問題や課題が生まれるのか……!? そんなIT業界の未来を占うドタバタ日常漫画です。 前回のお話はこちら…

誰も使っていないけど、これ絶対面白い──テクノロジーを作品に先取りする真鍋大度の未来創造論

テクノポップユニット「Perfume」のステージ演出のテクニカルサポートや、リオ2016大会閉会式東京2020フラッグハンドオーバーセレモニーのデジタル映像表現などで、世界的に知られるアーティストの真鍋大度氏。デジタル技術と音楽やメディアアートを高度に融…

ネットの向こう側ではなく、目の前にユーザーがいて喜んでくれることが嬉しい──増井雄一郎の原点

飲食店向け予約サービス「トレタ」創業者の一人であり、CTOを務めてきた増井雄一郎氏は、2018年にトレタを卒業。フリーランスの技術アドバイザーとして、IT業界にさらに深く関わろうとしている。自分の技術で人が喜ぶ。ネットワークを介して人が繫がる。コミ…

虎の巻!セキュリティ論 #15/企業経営にとって 大きなダメージを与える サイバー攻撃の脅威とは ~ その現実的対策と心構えについて ~(前篇)

サイバーセキュリティ対策と聞いて、アンチウイルスソフト(マルウェア対策ソフト)を想定する人が何と多いことか。あらためてサイバーセキュリティの脅威を再考するときが来ているのである。一昔前までは、サイバー攻撃と言えば、中小企業を含めて一般の人…

マンガでわかる未来のIT/第6話「ミームなお仕事」

時は202X年。今より少し先の未来では、私たちはどのようなシステムを開発し、社会の可能性はどのように広がるのでしょうか。そして、そこではどのような問題や課題が生まれるのか……!? そんなIT業界の未来を占うドタバタ日常漫画です。

ロボットを着ると、人はどういう体験をするのか──ロボティクスファッションクリエイターきゅんくんの原点を聞いた

高校生の頃から「メカを着ること」を目標に、ロボティクスファッションの制作を続けるクリエイター兼メカエンジニアのきゅんくん。代表作の「METCALF(メカフ)シリーズ」では、無骨な2本のアームロボットが、人間の肩から生えているように見える。人に役立…

スタートアップが花開くため、ポリネーターとして世界の花畑を飛び回るー西村真里子の「キャリア原点」

テクノロジー×ビジネス×クリエイティブを強みにプロデュース業や編集、ベンチャー向けのメンターなどを行う西村真里子さん。日本IBM、アドビシステムズ、バスキュールなどを経てHEART CATCHを起業し、ポリネーターとして世界を繋げる活動を行うようになった…

「好きで打ち込める」ことを探していけば、きっとキャリアは開かれる──ちょまどさんが贈る4つの言葉

マイクロソフトのクラウド・デベロッパー・アドボケイトとして活躍する「ちょまど」こと、千代田まどかさん。腐女子マンガ、オタク布教活動、プログラミングなど、好きな道にひたすらのめり込みながら積み上げてきた経験が、結果的に自分のキャリア形成に役…

株式会社ライゾマティクス創業──デジタル技術と表現の渦の中でもがいた真鍋大度の13年

テクノポップユニット「Perfume」のステージ演出のテクニカルサポートや、リオ2016大会閉会式東京2020フラッグハンドオーバーセレモニーのデジタル映像表現などで、世界的に知られるアーティストの真鍋大度氏。デジタル技術と音楽やメディアアートを高度に融…

MITメディアラボで“変な人たち”に囲まれながら、スプツニ子!が学んだこととは?──

世界に影響を与える若手アーティストの一人として、世界経済フォーラムやTEDなどにも登壇したスプツニ子!さん。テクノロジーとの出会いは中学生の時のiMacでした。アーティストとしての道は、幼少時から感じていた、周囲に馴染めない “異分子”としての葛藤…

マンガでわかる未来のIT/第5話「セキュリティ抜き打ちテスト」

時は202X年。今より少し先の未来では、私たちはどのようなシステムを開発し、社会の可能性はどのように広がるのでしょうか。そして、そこではどのような問題や課題が生まれるのか……!? そんなIT業界の未来を占うドタバタ日常漫画です。 前回のお話はこちら…

他流試合の荒波に揉まれ、美的かつ分析的で現実主義者の心性を鍛えよ──MIT石井裕教授のイノベーション哲学

デジタルの世界をピクセルのようなバーチャルなものではなく、実体がある、触れることができるインターフェイスによって変革した「タンジブルビッツ」などの研究で、世界的に知られる石井裕氏。エンジニア魂を根底から揺さぶる、速射砲を繰り出すようなエネ…

エンジニアは、いつもの同じメンツと飲みに行くのをやめなさい──澤円が情報発信にこだわる理由

年間200回以上のプレゼンテーションを行い、プレゼンのスペシャリストとして知られる澤円氏。プレゼンテーション・アドバイザーとして活躍し、琉球大学客員教授やベンチャー企業の顧問も務めている。澤氏が若い頃に体験した“テクノロジーの渦”とは何か。その…

大企業が変革し、スタートアップが増える──及川卓也氏が目指すエンジニアが輝く世界とは

及川卓也氏は所属でラベル付けされることを嫌う。エンジニアがリスペクトされ、人材の流動性の高い社会では、会社の名前にこだわることなど意味がないと考える。及川氏が考える、日本のテクノロジーのこれからとエンジニアの生き方とは── Profile Tably(テ…