パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

インタビュー

量子アニーリングでwithコロナの社会変革を実現する──大関真之氏が描く、夢を実現するためのエンジン

量子コンピューティングが注目を集めている。その中でも量子アニーリング方式の研究者として知られる大関真之氏の活躍ぶりは目覚ましい。東北大学「量子アニーリング研究開発センター」や「量子アニーリング研究開発コンソーシアム」の設立、量子アニーリン…

君の研究には何十億円もの価値がある──大関真之氏が「出力」することで得た起業のチャンス

量子コンピューティングが注目を集めている。その中でも量子アニーリング方式の研究者として知られる大関真之氏の活躍ぶりは目覚ましい。東北大学「量子アニーリング研究開発センター」や「量子アニーリング研究開発コンソーシアム」の設立、量子アニーリン…

高校1年で「並列」コンピューティングによるCGアニメを制作──大関真之氏と量子コンピューティングの出会い

量子コンピューティングが注目を集めている。その中でも量子アニーリング方式の研究者として知られる大関真之氏の活躍ぶりは目覚ましい。東北大学「量子アニーリング研究開発センター」や「量子アニーリング研究開発コンソーシアム」の設立、量子アニーリン…

withコロナはこれまでの常識、エンジニアの働き方を変えるチャンス──シナモンAI平野未来さんが見据える未来

学生時代にIPA未踏ソフトウェア創造事業に2度採択され、テクノロジー企業を創業。現在はビジネス向けのAIサービスのコンサルティングやプロダクト開発を進めるシナモンAI 代表取締役社長CEOの平野未来さん。テクノロジーの最前線を走ってきたように見えるが…

失敗は早く経験したほうが、起業家としてはより強くなれる──シナモンAI平野未来さんがAIエンジン企業を立ち上げた理由

学生時代にIPA未踏ソフトウェア創造事業に2度採択され、テクノロジー企業を創業。現在はビジネス向けのAIサービスのコンサルティングやプロダクト開発を進めるシナモンAI 代表取締役社長CEOの平野未来さん。テクノロジーの最前線を走ってきたように見えるが…

未踏スーパークリエータへのチャレンジ、北野宏明氏との出会いで夢が広がった──シナモンAI平野未来さんが起業を決意した理由とは?

学生時代にIPA未踏ソフトウェア創造事業に2度採択され、テクノロジー企業を創業。現在はビジネス向けのAIサービスのコンサルティングやプロダクト開発を進めるシナモンAI 代表取締役社長CEOの平野未来さん。テクノロジーの最前線を走ってきたように見えるが…

東京オリンピック会場で、中島聡氏が仕掛けるARゲリライベントで沸き上がる!?

学生時代に日本におけるCADソフトの草分け「CANDY」を開発し、マイクロソフトではWindows95などのチーフアーキテクトを経験。その後、日米でベンチャーを起業するなど、筋金入りのソフトウェア技術者・経営者である中島聡氏。単にITの領域に止まらず、テクノ…

「できない」とは言わないが、「自分がやらない」という選択はある──まつもとゆきひろの仕事論

プログラミング言語Rubyの開発者、まつもとゆきひろ氏。「Matz」の愛称で世界のハッカーたちに親しまれ、Rubyコミュニティを率いて、開発者と企業の間の繋いでいる。2020年はRuby最初のリリースから25年を迎えるということもあり、あらためてプログラミング…

世界のハッカーコミュニティがRubyを──そして、まつもとゆきひろを支えてくれた

プログラミング言語Rubyの開発者、まつもとゆきひろ氏。「Matz」の愛称で世界のハッカーたちに親しまれ、Rubyコミュニティを率いて、開発者と企業の間の繋いでいる。2020年はRuby最初のリリースから25年を迎えるということもあり、あらためてプログラミング…

なぜ、中島聡氏は日本・アメリカ、そして世界の政治の在り方に意見するのか?

学生時代に日本におけるCADソフトの草分け「CANDY」を開発し、マイクロソフトではWindows95などのチーフアーキテクトを経験。その後、日米でベンチャーを起業するなど、筋金入りのソフトウェア技術者・経営者である中島聡氏。単にITの領域に止まらず、テクノ…

高校時代にプログラミング言語仕様を構想──まつもとゆきひろ氏がRubyを開発する前史を語る

プログラミング言語Rubyの開発者、まつもとゆきひろ氏。「Matz」の愛称で世界のハッカーたちに親しまれ、Rubyコミュニティを率いて、開発者と企業の間の繋いでいる。2020年はRuby最初のリリースから25年を迎えるということもあり、あらためてプログラミング…

シンギュラリティ・ソサエティでの議論で、中島聡氏が考えるこれからのテクノロジーと社会の関係とは

学生時代に日本におけるCADソフトの草分け「CANDY」を開発し、マイクロソフトではWindows95などのチーフアーキテクトを経験。その後、日米でベンチャーを起業するなど、筋金入りのソフトウェア技術者・経営者である中島聡氏。単にITの領域に止まらず、テクノ…

誰も認めてくれないから諦めるのは、チャレンジャーではない──Olgaさんが実現したいファッションテックの未来

最新のテクノロジーをファッションの文脈で再考し、ファッションに新しい価値を吹き込むファッションテック。その領域で最前線を走り続けるデザイナーのOlga(オルガ)さん。ハイタッチすると光る服、LED光が粉雪のように舞い落ちるキモノ、布スピーカーがサ…

ファッションとブロックチェーン、5Gはどう繋がっていくか──Olgaさんが語るファッションテック進化論

イベント会場で観客がハイタッチすると光る服、アイロン接着できる電子回路を使った暖かくなるパーカー、導電性接着剤を布地に散りばめ、LED光が粉雪のように舞い落ちるキモノ、etc.。服はもちろん部屋中のファブリックに仕込まれた布スピーカーがサウンドを…

ソフトウェアで洋裁を超える型紙製作に挑む──ファッションテックデザイナーOlgaさんと技術の出会い

最新のテクノロジーをファッションの文脈で再考し、ファッションに新しい価値を吹き込むファッションテック。その領域で最前線を走り続けるデザイナーのOlga(オルガ)さん。Illustratorを使えば、型紙の直線をまっすぐに引けるという素朴な気づきが、テクノ…

池澤あやかさんが語るエンジニアの醍醐味──企画から実装まで一貫して関われることが楽しい

ソフトウェアエンジニアとして働く傍ら、ITテクノロジーにも詳しいタレントとして活躍する池澤あやかさん。これまで携わってきたプロジェクトの数々を紹介するとともに、池澤さんが考える「エンジニアとしての働き方・生き方」について語ってもらった。 Prof…

なぜ今、エンジニアにマーケティングセンスが必要なのか──増井雄一郎がテクノロジーで実現したい未来

飲食店向け予約サービス「トレタ」創業者の一人であり、CTOを務めてきた増井雄一郎氏は、2018年にトレタを卒業。フリーランスの技術アドバイザーとして、IT業界にさらに深く関わろうとしている。自分の技術で人が喜ぶ。ネットワークを介して人が繫がる。コミ…

池澤あやかさんが明かす、自分の本業はフリーランスエンジニアだと言い切る理由とは?

ソフトウェアエンジニアとして働く傍ら、ITテクノロジーにも詳しいタレントとして活躍する池澤あやかさん。タレントとして、エンジニアとして、テクノロジーの魅力を伝えるために格闘した20代の日々を語る。 Profile 池澤 あやかさん 1991年生まれ。慶應義塾…

池澤あやかさんがテクノロジーの出会いを語る──プログラミング合宿に飛び込んで、自分を鍛えた学生時代

ソフトウェアエンジニアとして働く傍ら、ITテクノロジーにも詳しいタレントとして活躍する池澤あやかさん。池澤さんが、いかにして今のような働き方に至ったのか。ソフトウェアだけではなく、電子工作やガジェットなどのテクノロジーに魅了されたきっかけを…

メカエンジニアきゅんくんの本音──実は板金、金型、設計、量産とか、泥臭いことがやりたい

高校生の頃から「メカを着ること」を目標に、ロボティクスファッションの制作を続けるクリエイター兼メカエンジニアのきゅんくん。代表作の「METCALF(メカフ)シリーズ」では、無骨な2本のアームロボットが、人間の肩から生えているように見える。人に役立…

ロボットを着ると、人はどういう体験をするのか──ロボティクスファッションクリエイターきゅんくんの原点を聞いた

高校生の頃から「メカを着ること」を目標に、ロボティクスファッションの制作を続けるクリエイター兼メカエンジニアのきゅんくん。代表作の「METCALF(メカフ)シリーズ」では、無骨な2本のアームロボットが、人間の肩から生えているように見える。人に役立…

84歳のアプリ開発者・若宮正子さんに学ぶ──これからは高齢者が積極的にITを使いこなす時代に

58歳でパソコンに触れ、82歳でiPhoneアプリを開発。Appleのティム・クックCEOから「世界最高齢プログラマ」として賞賛された若宮正子さん。今も国内外を飛び回り、高齢者のデジタル社会参加をテーマに精力的に活動を続けている。インタビューは、2019年の夏…

世界最高齢プログラマ若宮正子さん──82歳でアプリを開発したら、強烈な追い風で場外ホームランに

58歳でパソコンに触れ、82歳でiPhoneアプリを開発。Appleのティム・クックCEOから「世界最高齢プログラマ」として賞賛された若宮正子さん。今も国内外を飛び回り、高齢者のデジタル社会参加をテーマに精力的に活動を続けている。インタビューは、2019年の夏…

84歳、現役最高齢プログラマの若宮正子さん──IT大国エストニアを訪れる

58歳でパソコンに触れ、82歳でiPhoneアプリを開発。Appleのティム・クックCEOから「世界最高齢プログラマ」として賞賛された若宮正子さん。今も国内外を飛び回り、高齢者のデジタル社会参加をテーマに精力的に活動を続けている。インタビューは、2019年の夏…

増井雄一郎・学生時代の起業とアメリカ体験──英語さえ話せれば、技術力は負けない自信があった

飲食店向け予約サービス「トレタ」創業者の一人であり、CTOを務めてきた増井雄一郎氏は、2018年にトレタを卒業。フリーランスの技術アドバイザーとして、IT業界にさらに深く関わろうとしている。自分の技術で人が喜ぶ。ネットワークを介して人が繫がる。コミ…

誰も使っていないけど、これ絶対面白い──テクノロジーを作品に先取りする真鍋大度の未来創造論

テクノポップユニット「Perfume」のステージ演出のテクニカルサポートや、リオ2016大会閉会式東京2020フラッグハンドオーバーセレモニーのデジタル映像表現などで、世界的に知られるアーティストの真鍋大度氏。デジタル技術と音楽やメディアアートを高度に融…

ネットの向こう側ではなく、目の前にユーザーがいて喜んでくれることが嬉しい──増井雄一郎の原点

飲食店向け予約サービス「トレタ」創業者の一人であり、CTOを務めてきた増井雄一郎氏は、2018年にトレタを卒業。フリーランスの技術アドバイザーとして、IT業界にさらに深く関わろうとしている。自分の技術で人が喜ぶ。ネットワークを介して人が繫がる。コミ…

ロボットを着ると、人はどういう体験をするのか──ロボティクスファッションクリエイターきゅんくんの原点を聞いた

高校生の頃から「メカを着ること」を目標に、ロボティクスファッションの制作を続けるクリエイター兼メカエンジニアのきゅんくん。代表作の「METCALF(メカフ)シリーズ」では、無骨な2本のアームロボットが、人間の肩から生えているように見える。人に役立…

スタートアップが花開くため、ポリネーターとして世界の花畑を飛び回るー西村真里子の「キャリア原点」

テクノロジー×ビジネス×クリエイティブを強みにプロデュース業や編集、ベンチャー向けのメンターなどを行う西村真里子さん。日本IBM、アドビシステムズ、バスキュールなどを経てHEART CATCHを起業し、ポリネーターとして世界を繋げる活動を行うようになった…

「好きで打ち込める」ことを探していけば、きっとキャリアは開かれる──ちょまどさんが贈る4つの言葉

マイクロソフトのクラウド・デベロッパー・アドボケイトとして活躍する「ちょまど」こと、千代田まどかさん。腐女子マンガ、オタク布教活動、プログラミングなど、好きな道にひたすらのめり込みながら積み上げてきた経験が、結果的に自分のキャリア形成に役…

株式会社ライゾマティクス創業──デジタル技術と表現の渦の中でもがいた真鍋大度の13年

テクノポップユニット「Perfume」のステージ演出のテクニカルサポートや、リオ2016大会閉会式東京2020フラッグハンドオーバーセレモニーのデジタル映像表現などで、世界的に知られるアーティストの真鍋大度氏。デジタル技術と音楽やメディアアートを高度に融…

他流試合の荒波に揉まれ、美的かつ分析的で現実主義者の心性を鍛えよ──MIT石井裕教授のイノベーション哲学

デジタルの世界をピクセルのようなバーチャルなものではなく、実体がある、触れることができるインターフェイスによって変革した「タンジブルビッツ」などの研究で、世界的に知られる石井裕氏。エンジニア魂を根底から揺さぶる、速射砲を繰り出すようなエネ…

エンジニアは、いつもの同じメンツと飲みに行くのをやめなさい──澤円が情報発信にこだわる理由

年間200回以上のプレゼンテーションを行い、プレゼンのスペシャリストとして知られる澤円氏。プレゼンテーション・アドバイザーとして活躍し、琉球大学客員教授やベンチャー企業の顧問も務めている。澤氏が若い頃に体験した“テクノロジーの渦”とは何か。その…

大企業が変革し、スタートアップが増える──及川卓也氏が目指すエンジニアが輝く世界とは

及川卓也氏は所属でラベル付けされることを嫌う。エンジニアがリスペクトされ、人材の流動性の高い社会では、会社の名前にこだわることなど意味がないと考える。及川氏が考える、日本のテクノロジーのこれからとエンジニアの生き方とは── Profile Tably(テ…

ピアノ、ゲーム、スケボー、DJ——全てがアーティスト・真鍋大度の原点になっている

テクノポップユニット「Perfume」のステージ演出のテクニカルサポートや、リオ2016大会閉会式東京2020フラッグハンドオーバーセレモニーのデジタル映像表現などで、世界的に知られるアーティストの真鍋大度氏。デジタル技術と音楽やメディアアートを高度に融…

スキルやタイプの違うエンジニアを、どうマネジメントして、強い組織を作るのか──藤川真一(えふしん)

7月にBASEのCTOを退任し、新たにEVP of Developmentに就任した「えふしん」こと藤川真一さん。慶應義塾大学大学院でメディアデザインの研究員も務めている。コードも書くし、マネジメントもするし、メディアデザインも学ぶえふしんさんのWebテクノロジーとの…

女子大生プログラマ・羽柴彩月が目指す─格差を超え、人々に寄り添うことができる本当のテクノロジーとは?

勉強を楽しくするサポートアプリ「Stuguin」をリリースし、多数のメディアに天才女子高生として取り上げられた羽柴彩月さん。現在は、慶應義塾大学環境情報学部でテクノロジーと心理学を結びつけた、モチベーションに関する研究をしながら、アプリ開発も行っ…

アート・サイエンス・テクノロジー・デザイン──MIT石井裕教授が影響された巨人たちとは?

デジタルの世界をピクセルのようなバーチャルなものではなく、実体がある、触れることができるインターフェイスによって変革した「タンジブルビッツ」などの研究で、世界的に知られる石井裕氏。エンジニア魂を根底から揺さぶる、速射砲を繰り出すようなエネ…

「体験と信頼のインターネット」をアルゴリズムで実現するのが、エンジニアの役割──IT批評家 尾原和啓

京都大学院で人工知能論を研究し、マッキンゼー、Google、NTTドコモ、楽天、リクルートなどで事業立上げ・投資を歴任してきたIT批評家・尾原和啓氏。最終回となる今回は、未来のインターネットにおいて、エンジニアが果たすべき役割について語っていただいた…

時代の流れに正面から向き合い、次のテクノロジーに乗れる人間でいたいー西村真里子の「キャリア原点」

テクノロジー×ビジネス×クリエイティブを強みにプロデュース業や編集、ベンチャー向けのメンターなどを行う西村真里子さん。イベントプロデュースから、海外カンファレンスのレポーターまで、その仕事の幅は広い。日本IBM、Macromedia、Adobe Systems、バス…

ビジネスは「ギブ・ファースト」「アウトプット・ファースト」で──澤円のこだわり仕事術

年間200回以上のプレゼンテーションを行い、プレゼンのスペシャリストとして知られる澤円氏。プレゼンテーション・アドバイザーとして活躍し、琉球大学客員教授やベンチャー企業の顧問も務めている。澤氏が若い頃に体験した“テクノロジーの渦”とは何か。その…

エンジニアは技術とコミュニティで社会課題を解決できる──及川卓也氏が考える「テクノロジーのこれから」

及川卓也氏は所属でラベル付けされることを嫌う。エンジニアがリスペクトされ、人材の流動性の高い社会では、会社の名前にこだわることなど意味がないと考える。及川氏が考える、日本のテクノロジーのこれからとエンジニアの生き方とは── Profile Tably(テ…

なぜ、そのコードが動くのかー女子大生プログラマ・羽柴彩月がインターン武者修行で学んだこと

勉強を楽しくするサポートアプリ「Stuguin」をリリースし、多数のメディアに天才女子高生として取り上げられた羽柴彩月さん。現在は、慶應義塾大学環境情報学部でテクノロジーと心理学を結びつけた、モチベーションに関する研究をしながら、アプリ開発も行っ…

趣味から生業へ──藤川真一(えふしん)が「モバツイ」を通して見えた自分の限界と可能性

7月にBASEのCTOを退任し、新たにEVP of Developmentに就任した「えふしん」こと藤川真一さん。慶應義塾大学大学院でメディアデザインの研究員も務めている。コードも書くし、マネジメントもするし、メディアデザインも学ぶえふしんさんのWebテクノロジーとの…

寝食削ってその世界にハマった。ちょまどさんが語る、プログラミングへの尽きせぬ「愛」とは

マイクロソフトのクラウド・デベロッパー・アドボケイトとして活躍する「ちょまど」こと、千代田まどかさん。腐女子マンガ、オタク布教活動、プログラミングなど、好きな道にひたすらのめり込みながら積み上げてきた経験が、結果的に自分のキャリア形成に役…

エンジニアの本質はゼロから新しい原理を創造すること──IT批評家 尾原和啓

京都大学院で人工知能論を研究し、マッキンゼー、Google、NTTドコモ、楽天、リクルートなどで事業立上げ・投資を歴任してきたIT批評家・尾原和啓氏。尾原氏のビジネスの原型となった体験と、新しいビジネスをゼロから作り上げるエンジニアの本質について語っ…

インクリメンタルではない。求められているのはオリジナリティだ──MIT石井裕教授が問い続ける美学とは

デジタルの世界をピクセルのようなバーチャルなものではなく、実体がある、触れることができるインターフェイスによって変革した「タンジブルビッツ」などの研究で、世界的に知られる石井裕氏。エンジニア魂を根底から揺さぶる、速射砲を繰り出すようなエネ…

及川卓也氏が提唱する「Challenge the status quo.」 ─現状を打破するために、まずは常識を疑え

スタートアップから大企業まで、さまざまな企業の事業開発やエンジニア組織再構築などについて、課題解決のためのアドバイスを続ける及川卓也氏。人材の流動性が高く、エンジニアがきちんと評価される社会。エンジニアがその技術で社会的課題を解決し、その…

人と技術と事業を紡ぐ「プラットフォーム」。 その発想はこうして生まれた──IT批評家 尾原和啓

京都大学院で人工知能論を研究し、マッキンゼー、Google、NTTドコモ、楽天、リクルートなどで事業立上げ・投資を歴任してきたIT批評家・尾原和啓氏。バリ島をベースに人・テクノロジー・事業を紡ぐ尾原氏のビジネスの原型となった体験、インスパイアされた雑…

ちょまどさんのコネクティング・ドット─自分と外界の点を繋ぎ、世界を拡張してきたキャリアの軌跡を語る

マイクロソフトのクラウド・デベロッパー・アドボケイトとして活躍する「ちょまど」こと、千代田まどかさん。腐女子マンガ、オタク布教活動、プログラミングなど、好きな道にひたすらのめり込みながら積み上げてきた経験が、結果的に自分のキャリア形成に役…