パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

【本イベントは終了しました】「店舗×テクノロジー」- sight update session エンジニアへのラブコール -

20200131163549

本イベントは終了しました

たくさんの方にお申し込みをいただき、ありがとうございました。



イベント概要

エンジニア向けに、音楽・ファッション・アート・食など、これからエンジニアが活躍することが期待される業界の第一線で活躍するトップランナーをお招きしてトークショーを行う「sight update session」。

第8弾は「店鋪×テクノロジー」として、福岡発全国250店舗を有する「トライアル」のトライアルのIT基盤を支える、株式会社ティー・アール・イーの古賀輝幸氏と伊勢の老舗食堂『ゑびや』小田島春樹氏に登壇いただき、地方でテクノロジーを活用して売り上げを伸ばしているその実態に迫っていきます。

株式会社トライアルホールディングスは、福岡を本社に全国約250店舗拠点を構える小売店で、売上高は3000億円。顧客体験を最高のものとすべく、2018年にはスマートストアを福岡でオープンしました。カメラや、バーコードをかざすだけて決済ができるカートを開発し、デジタルトランスフォーメーションの自前で行なっている挑戦し続けています。小売でありながら、しかも地方本社でありながら、東京でも追いつかないスピードでテクノロジーを活かした挑戦をしている会社で、注目すべきは全て内製で開発しているところです。ハードから、ソフトから、分析基盤を外注ではなく、テクノロジー組織を子会社につくり、そこで自前で回しているトライアルの勢いを体感ください。

また、伊勢の老舗食堂『ゑびや』は、三重県伊勢市で商店(土産物店)や和食堂・屋台などの商業施設を営む創業100年の老舗。代表小田島春樹氏は、カメラやAI、データ分析による「予測的中率90%超」という来客予測ソリューションを自社で開発。導入前後で売上4倍、利益率10倍、平均給与5万アップという実績をだしている。そのノウハウをプロダク化し、「Touch Point BI」という来客予測・マーケティング効果測定ツールをリテール店舗経営変革のビジネスツールとしての提供も開始している。自らテクノロジーを学びながら、組織やプロダクトも生み出していくための秘訣にも触れていきたい思います。

テクノロジーで小売はどう変わるのか、店舗革命を起こしてきた2社に伺っていきます。
登壇者からのエンジニアへのエールやラブコールをたっぷり受け取って下さい!!