パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

DX時代に身に付けたいプロジェクトマネジメント講座!#4 ~失敗プロジェクトから学ぶトラブルを防ぐ極意~

f:id:sky-pca:20191025201031j:plain

イベント概要

DX(Digital transformation)による激しい変化の潮流の中で、「IT」の存在感は増すばかり。

エンジニアへの期待は、「システムを開発する」ということには留まらず、ビジネス力やコミュニケーション力等、様々なスキルや経験が求められ始めているのではないでしょうか。求められるスキルや経験がどんどん増えていく一方で、変わらずに必要とされる知識・スキルが存在するのも事実であり、そのうちの1つが「プロジェクトマネジメント」であると考えています。

「DX時代に身に付けたいプロジェクトマネジメント講座」では、全6回に渡って、どの業界や分野でも役に立つ「プロジェクトマネジメント術」を講演&ワークショップ形式で学んで行きます。6回通っていただいても、気になる1回に参加していたいだてもどちらでもOKです!!

第4回は、グローバル・プロジェクトの経験豊富な永谷氏をゲストに迎え「失敗プロジェクトから学ぶトラブルを防ぐ極意」をお伝えします。

IT紛争の傾向と要因を分かりやすく解説し、とりわけ近年注目される「ステークホルダー・マネジメント」の観点から整理します。セッション後は、ケーススタディによる講義とワークショップで「ステークホルダー・マネジメント」のすぐに使える実践的な手法を身につけられます。

タイムスケジュール

時間 内容
12:30〜13:00 受付開始
13:00~13:05 オープニング
13:05〜13:30 前回までの振り返り
 ・DX時代のプロジェクトの特徴
 ・国際標準におけるプロジェクトマネジメント
 ・プロジェクトマネジメントの新たな傾向
13:30~14:30 トークセッション「失敗プロジェクトから学ぶトラブルを防ぐ極意」
 ・今、何故「ステークホルダー・マネジメント」が注目されるのか
 ・ステークホルダー・マネジメントの概要
 ・IT紛争に至る失敗プロジェクト事案の傾向と対策
14:30~14:40 休憩
14:40~15:50 実践「ステークホルダー特定」
 ・ステークホルダー登録簿
 ・グリッド分析
 ・具体的な進め方

演習「ステークホルダー特定」
 ・作成(グループワーク)
 ・フィードバックおよび振り返り
15:50~16:30 コーヒーブレイク&懇親会
16:30~17:50 実践「ステークホルダー・マネジメント」
 ・対策を考える
 ・優先順位をつける
 ・具体的な進め方

演習「ステークホルダー・マネジメント」
 ・作成(グループワーク)
 ・フィードバックおよびふりかえり
17:50~17:55 Q&A
17:55~18:00 アンケート回答
18:00 解散

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

永谷裕子氏
永谷 裕子(ながや ひろこ)
株式会社アスカプランニング 代表取締役社長
北海道大学大学院非常勤講師
MBA取得後25年近くアメリカと日本においてインターナショナル・プロジェクトに従事。現在はグローバル・プロジェクトマネジメントのコンサルタントや研修講師を務めている。PMP®、MBA、工学博士。
十返文子氏
十返 文子(とがえり あやこ)
楽器メーカーの販売応援員から着メロ制作を経てディレクターに。いわゆる大規模案件を経験する中で2007年にプロジェクトマネジメントと出会い、人生が一変。現在は、学生から経営層まで幅広い対象者にPMの魅力を伝える自称「全年齢型PMお姉さん」。 PMP®、情報システム学修士(専門職)、教育士(工学・技術)。

参加対象

  • エンジニア

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。 
※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。 
※ 補欠者の方は、ご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。 
※ 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。

持ち物

名刺1枚

※ 受付時にお渡し下さい。

参加費

無料

sight」とは

転職サービス「doda」とシステムインテグレーター「Sky」と「TECH PLAY」がともにエンジニアのキャリアを支援するプロジェクト「PROJECT Next TECH」の一貫として運営しているWebマガジンです。
IT業界の著名人へのインタビューコンテンツや、話題の技術をわかりやすく紹介するマンガ記事、その道のプロフェッショナルを招いたトークセッションや、プロジェクトマネジメントを実践的に身につけるワークショップ等を実施していきます。

ハッシュタグ

#sight