パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

教育とICTのいま #03/算数科における学びに向かう力とICT活用(前篇)

f:id:sky-pca:20191020115432p:plain

北陸学院大学教授:村井 万寿夫

金沢市立小学校教諭、石川県教育センター指導主事、金沢星稜大学教授・副学長を経て現職。教育学博士。専門は教育工学、教育メディア学、教科教育学など。

三つの柱の一つ「学びに向かう力」

ガイドライン制定の背景について

平成28年12月の中央教育審議会答申(中教審第197号)を受け、小中学校ともに平成29年3月に新しい学習指導要領(以下「新学習指導要領」と称す)が公示されました。

今回の改訂の基本的な考え方の一つに、学力の三要素を重視する従前の学習指導要領の枠組みや教育内容を維持した上で、知識の理解の質を更に高めることが挙げられます。これはいわゆる「深い学び」と関連し、深い学びの鍵として「見方・考え方」を働かせることが重要になることを授業改善のポイントとして示しています。

新学習指導要領が示す特徴の一つに「学びに向かう力」があります。今回の改訂においては「生きる力」をより具体化し、教育課程全体を通して育成を目指す資質・能力を、【表1】のように三つの柱で整理されました。

f:id:sky-pca:20191025104408p:plain

これまで学力の三要素として「知識及び技能」「思考力・判断力・表現力等」「主体的に学習に取り組む態度」がありましたが、要素の三番目「主体的に学習に取り組む態度」に代わり「学びに向かう力・人間性等」として再整理され、最近ではひとくちに「学びに向かう力」と言い表すようになっています。

そこで、「学びに向かう力」を具体化しながら、その力が身に付いたり高まったりしていく授業を実現するための手段としてのICT活用例について述べていくことにします。


各教科等の目標及び内容の再整理

今回の改訂を受け、各教科の「学習指導要領解説」で過去に例を見ないほどボリュームが増えたのは算数編です。「付録」を除いた総ページ数は338ページに及び、従前の189ページに比べて149ページも増量されました。何が増量されたのか簡単に見ていきます。

算数の領域は四つで変わりはありません(領域名は変更されました)。目標はこれまでひと続きで表現されていたものが上述の「三つの柱」によって三つに分けて示されました。

また、内容も同様に再整理されました。さらに、各学年の目標及び内容についても三つの柱によって再整理されました。三つの柱で目標及び内容を再整理することは各教科においても同様ですが、結果として、相対的に算数編のボリュームが最も増えたことになります。

算数科における「学びに向かう力」

小学校学習指導要領解説算数編(以下「算数編」と称す)において、小学校第1学年から中学校第3学年にわたる資質・能力「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力,人間性等」が一覧で示されています。その中から小学校の学びに向かう力に関するものを抜き出すと【表2】のようになります。

f:id:sky-pca:20191025104412p:plain

ポイントを取り出すと、「よさや楽しさを感じながら学ぶ」(第1学年)、「よさに気付き生活や学習に活用しようとする」(第2〜6学年)、「よりよいものを求めて粘り強く考える」(第4〜6学年)になります。これらの学びに向かう力の実現に向け、どのように授業改善するか。タブレット端末活用と合わせて、次回ご紹介します。

【次回】教育とICTのいま #04 coming soon
算数科における学びに向かう力とICT活用(後篇)