パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

厚切りジェイソンが考える、イノベーションを生み出すアメリカと日本の風土の違い

「Why Japanese people!?」でおなじみの厚切りジェイソン氏。芸人でありながら、IT企業の役員として数多くの講演をこなし、エンジェル投資家としてITベンチャー企業の投資なども行っている。テクノロジーとの出会いから、日本語を勉強した理由、日米の企業文化・エンジニアリング文化の違いについて語ってもらった。

厚切りジェイソン氏

Profile

厚切りジェイソン(ジェイソン・デイヴィッド・ダニエルソン)氏

1986年アメリカ・ミシガン州生まれ。ミシガン州立大学、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校大学院でコンピュータ・サイエンスを専攻。2005年に初来日し、旭化成の研究所に研究生として勤務。その後、米企業日本法人の設立担当者として再来日。日本のお笑い番組に関心をもち、2013年ワタナベコメディスクールの土日コースに入学。卒業後の2014年9月に「厚切りジェイソン」としてデビュー。2015~2016年の「R-1グランプリ」で決勝進出。現在はクラウドサービスのテラスカイでグローバルアライアンス部長を務めるほか、同社米国法人および子会社テラスカイ・ベンチャーズの役員を務める。

日本の漫才を聞き、子供時代を思い出し、なぜか懐かしかった

アメリカと日本の会社や大学で、コンピュータサイエンスや日本語などを勉強しながらビジネスの基礎を作りました。本格的にビジネスマンとして来日したのは2011年、Bigmachinesというクラウド企業の日本法人を設立し、製品の販路を広げるというミッションのためです。

日本で仕事をしながら、週末はテレビで日本のお笑い番組を見ていました。日本語の勉強にもなるし、元々コントや漫才のような話芸が好きなんですよ。アメリカにも似たようなお笑い番組はあって、僕は子供の頃からそれに触れて育ちましたから。

僕の父はパソコンが趣味で、子供の頃よくにコンピュータショーに連れていったもらいました。いろんなベンダーがマザーボードや部品を展示している。父はそれらを買い集めて、自宅でパソコンを組み立てちゃうくらいコンピュータ好きでした。

その見本市に行くまでの片道で1~2時間のドライブで、いつもラジオを聴いていました。1940年代の古いラジオ番組を流すチャンネルがあって、それが日本でいう漫才だったんです。父もお笑いが好きだったんでしょうね。子供の僕もそれを聴きながら長距離ドライブを楽しんでいました。

厚切りジェイソン氏


そんな下地があったせいか、日本で初めて漫才を聞いたり、見たりした時は、不思議な懐かしさを覚えましたね。日本のお笑い芸人さんたちは、たいていは養成所のようなところに通って、技を磨くんだということを知って、僕もやってみようと思ったんです。

特に芸人になりたかったのではなく、養成所が楽しそうだったので、週末に通っていました。趣味ですよ、趣味(笑)。たまたまヒットしちゃったから、ビジネスマンとタレントの“二足のわらじ”を履くことになっちゃったんだけれど、猛烈に芸人になりたかったわけじゃなくて。「絶対ステージに立ちたい」とか「いつかはテレビに出たい」という欲もそんなにはなかったですね。

僕の芸風は、日本の言葉や文化を外国人の視点で不思議がったり、面白がったりする。つまりはカルチャーショックのネタをそのたびに「Why Japanese people!?(なぜなんだ日本人!?)」って絶叫して落とすというものです。

これは日本語を学習する外国人なら、みな感じることをネタにした芸人がこれまでいなかったので、それがウケただけなんですよ。

たしかにこれが日本の芸能界にデビューするきっかけにはなりました。ただ、僕の芸がウケていたのは短い間、それもずっと前のこと。僕は2016年からはネタはほとんどやっていない。今もタレントとして活動はするけど、お笑い芸はほとんどやっていないんです。

テラスカイベンチャーズでクラウドビジネスに投資します

Bigmachinesの日本法人が軌道に乗った後、ITベンチャーの「テラスカイ」に転職します。ちょうどBigmachinesがOracleに買収される話があって、そうしたらBigmachinesの日本法人が必要ではなくなるし、Oracleの平社員になっちゃうってことに抵抗感があったんですね。だったら、日本をベースにビジネスを展開していて、もっとスピード感があって、ベンチャースピリットを感じるような会社に移りたかった。

Bigmachinesもテラスカイも、salesforce.comの周りでビジネスを展開している会社で、僕はSalesforceのイベントによく出展しているテラスカイのことは知っていました。まだ日本に本格的なクラウドサービスがなかった頃に、いち早くそれに取り組んだ企業です。

そして社長さんに直接、「僕を雇いませんか」と話をしに行ったんです。テラスカイが創業7年目の頃。僕は72番目の社員としてそこに入りました。

テラスカイではトップに何か提案するとすぐ聞いてくれるし、すぐ実行に繋がります。お客さんたちもスピードが早くて、僕らがソリューションを提案するとすぐに受け入れてくれました。クラウドの重要性が日本でも徐々に浸透してきた時期ということもあったのでしょうが、打てば響くようなビジネスを展開することができました。

厚切りジェイソン氏


そんなこともあって、役員に就任します。僕はIT企業の役員として紹介されることが多いのだけれど、正しくはテラスカイ日本本社の役員じゃないんです。テラスカイが作ったアメリカ法人と、同じくテラスカイが2019年の3月に日本で作った「テラスカイベンチャーズ」というベンチャーキャピタルの役員なんです。

テラスカイベンチャーズでは、日本のITベンチャーに投資するためのキャピタルファンドを組成しています。国内のクラウド業界で新しい発想で企業の生産性向上に寄与するために、新しい技術や製品を作っている企業が投資対象です。

クラウドにはいろんな可能性があります。例えば、IoTで基盤を作ってセンサーデータをたくさん集めるようにすれば、温室でいちごやピーマンを育てるところは全部自動化できるようになります。

テラスカイのR&D部門で進めている量子コンピュータにも可能性を感じています。これを実際にビジネスとして使っているところはまだ少ないと思います。これから波が来るんじゃないかと思っているので、ビジネスの準備を進めているところです。

世界のお金と日本のベンチャーを結び付けたら、面白いことが起こる

僕はアメリカの大手企業にもいたし、アメリカの会社の日本法人や日本のベンチャーにもいた。しかも事業会社だけではなく、その子会社のベンチャーキャピタルの経験もあります。そこで感じた、テクノロジーやイノベーションを生み出すアメリカと日本の風土の違いについて、少しお話ししましょう。

アメリカの企業には、たとえその技術やサービスに実績や事例がなくても、面白そうだったらやってみようという人がたくさんいます。反面、日本は「実績や事例ができたら、もう1回話に来てください」というように保守的です。もしくはとりあえず全部無料でいいので、トライアルで小さい規模でやってみましょうみたいな、そういう提案が多いですね。

つまり、「競合がやる前にうちがやろう」という、競合よりも一歩でもいいから先を取る競争意識がアメリカのほうに強く感じます。ところが、日本は「競合がやってることだったらうちもやる」と、アメリカとは順番が逆なんです。

これはアメリカの資本主義の良いところでもあり、悪いところでもありますが、一人ひとりの社員を大事にすることよりは、会社全体の利益を優先させる意識が強いこともたしかです。

厚切りジェイソン氏


一つ言えるのは、より利益を出しやすいのは明確にアメリカ企業の方だということ。無駄なコストを大胆にカットして、すぐ人をクビにしたりする一方で、新しいものに投資して、新しい製品をバンバン作って、それをさらに大きくするような仕組みはアメリカのほうがやはり一枚上手です。

ということは、それだけアメリカのほうが投資が集まりやすい、ということでもあります。だって「おたくは従業員を大切にしていますか」なんてことを聞く投資家なんていませんから。投資家が見ているのは投資に対するリターンだけ。ファンドを入れる時は、「利益がどのぐらい戻ってくるのか」にしか関心がないんです。

世界の投資家の資金がどっちに向かうかといったら、もはや答えは明らかです。今や全世界のお金がシリコンバレーに集まっています。大きなリターンを生み出すことで、さらに投資が集まるという循環が生まれています。かたや日本は残念ながら、まだ世界から比較的にお金が集まって来ていない。

だからこそ、僕らのテラスカイベンチャーズは、そのギャップを埋めるような役割も果たしたいんです。僕らは、テラスカイが持っている国内のネットワークを活かして、投資家たちに有望企業を紹介することができます。

日本にも面白いことを始めている会社はたくさんある。世界のお金と日本のベンチャーを組み合わせたらいろいろな相乗効果があると思うのです。

次回 #03 テクノロジーで実現する未来 Coming soon