パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

「好きで打ち込める」ことを探していけば、きっとキャリアは開かれる──ちょまどさんが贈る4つの言葉

マイクロソフトのクラウド・デベロッパー・アドボケイトとして活躍する「ちょまど」こと、千代田まどかさん。腐女子マンガ、オタク布教活動、プログラミングなど、好きな道にひたすらのめり込みながら積み上げてきた経験が、結果的に自分のキャリア形成に役立ったという。点と点をつないで大きな面にして、そこに自分の独自の存在感を発揮する。ちょまど流のテクニカル・キャリア形成の秘密を聞いた。

千代田まどか(ちょまど)さん

Profile

マイクロソフト コーポレーション
クラウド デベロッパー アドボケイト
千代田まどか(ちょまど)さん

津田塾大学英文学科卒業。エンジニア兼マンガ家。2016年3月~2017年6月:デベロッパー・エバンジェリズム統括本部のテクニカル・エバンジェリスト、2017年7月~2018年10月:コマーシャル・ソフトウェア・エンジニアリング本部のソフトウェア・エンジニア、2018年11月:クラウド・デベロッパー・アドボケイト。プログラミング言語C#と、クラウドサービスのMicrosoft Azure全般をこよなく愛する。Twitter・chomado ホームページ・ちょまど帳

沖縄の「ハッカーズチャンプルー」で出会った昔の自分

マイクロソフトの「クラウド・デベロッパー・アドボケイト(Cloud Developer Advocate=CDA)」として、ユーザー・コミュニティとの間により深い関係を結ぶのが私の現在の仕事です。

そもそもなぜ、マイクロソフトにアドボケイトという職種ができたかというと、エンジニアが好んで会話する相手は、コードが書ける人や技術の分かる人である事が多い。だから、サービスを提供する側にもエンジニアと同じ目線に立てる人が必要なんです。それで生まれた職なんです。

コミュニティの人たちと会話して、製品の活用状況を聞いて、その上で私たちがヘルプできることはないかを日々考えています。コミュニティの皆さんがどんなことに困っているかを理解して、米国レドモンドにある本社の製品開発チームにフィードバックします。製品活用のためのサンプルコードも書くし、さまざまなイベントでの登壇もします。

千代田まどか(ちょまど)さん

▲ハッカーズチャンプルーでの登壇風景(琉球大学)


テクニカル・エバンジェリストやアドボケイトの仕事の最大の醍醐味は、やはり様々な開発者の方々との対話ですね。いろんな勉強会やミートアップに参加して、彼らが今どんな技術を楽しんでいるかを聞いて、共感し、一緒に楽しむのがとても好きです。例えば、この間も沖縄に行って、IT勉強会「ハッカーズチャンプルー」に参加してきました。

そこでは、前回触れたコードゴルフやメタプログラミングの話、そして競技プログラミングなど、実務には直接つながらないけど、プログラミングを追求している人たちが大勢集まっていました。

例えば、かつての文系大学生だった私がさんざん首を突っ込んでは討ち死にしてきたような、言語仕様の細かいところを見るようなものをやっている方、コードでアスキーアートを描く方、など、プログラミングそのものを楽しんでいらっしゃる方々がいました。

あとはOSを自作してみましたとか。ちなみに『30日でできる! OS自作入門 』(川合秀実著)という本があります。広辞苑みたいに分厚い本で、私も大学の時に読んで挫折したことがあるんですけど。

ツイッターで基礎から勉強したいと言ったら、「なるほど、基礎からか。じゃあ、これはどうだい」って教えてもらって。今ならその内容もある程度わかるんですが、当時は全然わかりませんでした。当然、30日でOSは作れませんでしたが、そんな学生時代を思い出させるようなIT勉強会だったんです。最高でした。

会場が琉球大学だったので、就活を控えている大学生が多かったですね。実はみんな同じような悩みを抱えていた。プログラミングが面白くてやっているけど、うすうす「もしかしたら、就活に役に立たないんじゃないか」という焦燥感も感じているようでした。

登壇依頼の内容が、「エンジニアのキャリアについて学生向けに話してください」というものだったので、第一回で触れたConnecting the Dotsの話をしたら、それがすごく響いたらしくて。JavaScript で黒魔術やってた子などが話しかけてきてくれて、「いろいろ不安だったけど、今の好きなことをやり続けようと思います」と言われました。

私の本能が私に「行け!」という指令を下した

そのハッカーズチャンプルーのスタッフの中に手相を見れる人がいて、打ち上げの時に手相を見てもらったら、あなたのターニングポイントは何歳ですと言われて。それがちょうど最初の会社を辞めた歳だったんですよ。「いい英断でした。本当に思い切りましたね」って言われて、嬉しかったですね。

私も最初の転職の時は、ずいぶん悩みました。プログラミングがしたくて入社したのにずっと技術的な仕事が無いという、仕事内容には不満だったけど、変な上司がいるわけじゃないし、みんな優しいし、普通にホワイト企業だし、せっかく就職した会社、ここで安定を手放していいのかと。新卒の同期の子たちは皆満足してたし。

転職のきっかけは、Twitter上でのやりとりでした。そこで、これまでやってきた自分の成果をアウトプットし続けたら、とあるベンチャー企業でエンジニアをしている方から声がかかったわけです。「うちどう?」って。特にベンチャーはそういう人を求めている。そう、やる気があって、学ぶ意欲がある人が、求められていると思います。

辞表を出したのは、次の会社からちゃんと内定をもらってからにしました。なんだかんだ言って実は当時はとても不安で、私を誘ってくれた人にも、「やっぱり新卒で入ったばかりの会社をすぐ辞めるのって、相当人生を踏み外している気がします。怖いです」って言ってました。

そうしたら「うちに来てくれたら、好きなだけプログラミングができますよ」って言ってくれた。それを聞いて、私の本能が私に一瞬で「行け!」という指令を下したんですね。その声をかけてくれた人も、すごく尊敬してる凄腕エンジニアの方で、ずっと前からフォローしてた人でした。

その人のもとで、好きなだけプログラミングができるのか! スティーブ・ジョブズも「自分の心と直感に従う、勇気を持ちなさい」って言っています。私は自分の本能を信じました。結果的に、入社後はかなり快適な環境でたくさんプログラミングができたし、その凄腕エンジニアの方にいろいろ教えていただきましたし、とても楽しくエンジニアとして成長できました。そこで C# や Azure など Microsoft の技術に出会いましたし。

千代田まどか(ちょまど)さん

 

これまでの私の経験を踏まえて、4つの言葉をここでは言いたいですね。
一つは「好きで打ち込めることを探して」ということ。好きで打ち込めることを探せば、それは将来あなたの役に立ちます。私がそうでした。次が「それはあなたの人生です」という言葉。

当たり前のことですが、あなたの人生はあなたのお母さんの人生じゃない、あなたの上司の人生でもない。だから、自分の人生に責任をもってほしい。そして、「Follow Your Heart」——あなたの情熱に従ってください、ということです。

今年『マンガでわかる外国人との働き方』という本を執筆しました。共著者のロッシェル・カップさん(組織活性化とグローバル人材育成を専門にしている経営コンサルタント)も言ってたんですけど、とくに日本人は自分の人生に責任を持っていない人が多い気がします。「上司が止めるから転職できません、結果僕は不幸です」などと、誰か他人に自分の人生をゆだねている人が多いのではないかと。

もちろん、今の仕事が満足ならそのまま続ければいいのですが、本当に不満でチャレンジしたいと思っているんだったら、何もしない後悔よりもする後悔の方がいいと、私は思う。人生は有限です。

人生に2周目があればチョイスもできるんですけど、そうはいかないじゃないですか。時間ももったいないので、チャレンジは早ければ早いほどいいし、とりあえずやってみる方がいいと思っています。(ただ、無責任なことは言いたくないので一応ひとつ現実的なことを付け加えておくと、無謀なことをするのを推奨しているわけではないです。私も適応障害になっても内定先が決まってから転職しました。ある程度の計画性を持ったうえでのチャレンジを!)

小さなことでもアウトプットし続けたからこそ、自信になった

私が伝えたい4つ目の言葉は「アウトプットしてください」。アウトプットしないと、みんな、あなたが何をしているかわからない。もったいないです。日記でもブログでもSNSでもなんでもいい、自分が今やっていること、考えていることをアウトプットしてほしい。

そう私が言うと「アウトプットできるようなことは、何もしていないしなあ」という人もいるんですが、私がプログラミングを独習していた頃は、「今日は“int型”を覚えました」とか、その日に覚えたことをひたすらツイートしてただけなんですよ。ほんと、今から考えると全くの初心者。

でも、私に声をかけてくれたベンチャーの人は、私のツィートを見て「レベルはまだひよっこだけど、ちゃんと毎日勉強している」という点を評価してくれたんです。

千代田まどか(ちょまど)さん

▲自分の描いた絵にサインをしている写真

マンガもそうなんですけど、自分の絵がそんなに上手いとは正直思ってないんです。それでも描いていると、見ているファンが応援してくれる。ちょまどさんはマンガが描ける人だって印象がつく。好きなことを続けて、その小さな成果を継続的にアウトプットすること、これはとても大切なことだと思います。

転職活動や就職活動で企業の面接に行って、面接官がこの人は何ができるんだろうとなったときは、「これを見てください」と成果を見せられるものがないといけません。例えば、私は「ちょまどドットコム」という自分のポートフォリオサイトがあるんですけど、これはマイクロソフトへの転職面接のために作りました。今まで自分の描いた絵やプログラム、受賞歴などがまとまったサイトです。自分の道を切り拓くためにも、アウトプットは重要です。

なにより、アウトプットすると自信が付きます。そして、自分に自信があってハッピーな人には、なぜか人が集まるんです。

アウトプットしたら人とつながれる可能性があるし、面接の時にも自分をきちんとプレゼンテーションできるようになります。そうですね、もし、私がいまマイクロソフトの採用面接官だったら、「僕は今マイクロソフトの〇〇というサービスを使っていて、××を作成、運営しています。

それで〇〇をたくさん使っていて、どこどこの点は素晴らしいと思うのですが、一方でこの部分の機能が足りないと思っています。その改善にあたっては、僕の何々のスキルでお力添えできると思っています、僕を雇ったらあなたのサービスはこういうふうに良くなります」ぐらいのひとに、まずはチェックを入れますね。

そこで実際にその人が作ったものを見せてもらって、ああたしかにこの人はスキルがあるって理解します。その人のアウトプットを通して、その人の人生をもっと知りたくなります。

別にプログラミングのことだけでなくてもいいんです。ゲームとかマンガとかでもいいから、どんどんインプットし、そしてどんどんアウトプットしたらいいと思います。良質のアウトプットって、結局、良質のインプットの積み重ねや蓄積からしか生まれないわけですから。今夢中になれることに一生懸命取り組むこと。それが自分のキャリアの可能性を開く、最短の道だと私は思います。