パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

趣味から生業へ──藤川真一(えふしん)が「モバツイ」を通して見えた自分の限界と可能性

7月にBASEのCTOを退任し、新たにEVP of Developmentに就任した「えふしん」こと藤川真一さん。慶應義塾大学大学院でメディアデザインの研究員も務めている。コードも書くし、マネジメントもするし、メディアデザインも学ぶえふしんさんのWebテクノロジーとの出会いや、技術を使ってよりビジネスを高みに引き上げるきっかけとなったWeb2.0の衝撃について語ってもらった。

藤川 真一(えふしん)さん

Profile

藤川 真一(えふしん)氏

芝浦工業大学卒業後、FA装置メーカー、Web制作のベンチャーを経て、2006年にGMOペパボへ。ショッピングモールサービスにプロデューサーとして携わるかたわら、2007年から携帯向けTwitterクライアント『モバツイ』の開発・運営を個人で開始。モバツイ譲渡後、2012年11月6日に想創社設立。モイ株式会社にてツイキャスに携わった後にBASE株式会社のCTOとしてジョイン。2019年7月からEVP of Developmentに就任。2017年9月に慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科博士課程を単位取得満期退学、2018年1月博士(メディアデザイン学)取得、同学科研究員。

本家のバグを修整したTwitterクライアント「モバツイ」がブレイク

2006年にpaperboy&co.(現GMOペパボ)に転職します。Twitterが流行り始めたのが翌年の春でした。当時はまだTwitterのサービスが安定していなくて、ある時、日本語のツイートを送る時に文字数の単位が合ってないとうまくツイートが送られないっていうバグがあったんですよ。たしか奇数の文字数だとダメで偶数の文字数だと送られるみたいな、不思議なバグでした。

おかしいなと思って、ツイートを送信するところやログインする機能をPHPで書いてハックしました。TwitterのAPIを使って、ツイートの長さを加工するわけです。それに徐々に機能を追加していって、2007年の春に、モバイル端末向けのTwitterのWebサービス型クライアントとして公開したのが、「モバツイ(movatwi)」です。iPhoneの日本上陸の前だったので、最初はガラケー用です。

2007年から2009年までは、ただの趣味で開発していました。家にサーバーを置いておくと熱くなっちゃうので、24時間エアコンつけっぱなしにして。そのうち、ハードディスクとかハブとかが壊れるじゃないですか。サービスを止めるわけにはいかないから、会社の上司に「ハブが壊れたんで、今すぐ帰ります」なんて言って(笑)。

藤川 真一(えふしん)さん


何か障害があると、会社から自宅サーバーに入ってその場で直したり、飲み屋にいてもちょちょっとバグをいじったりしてましたね。今思えば、目の前でサービスとして動いてるソースコードをその場で直すってありえない話ですけれども(笑)。

Twitterが流行りだした頃で、その文化が、僕が高校生の時にやっていたパソコン通信とよく似ている。高校生の時もオンラインのコミュニティで、僕よりずっと大人の人と知り合って、オフ会に参加するということがよくありました。

Twitterでもその日にツイートした知らない人と知り合って、その夜に新宿で会うみたいなことが、普通に起こりうるんです。それがパソコンじゃなくて、携帯でできるというところが面白いなと思いました。

起業するが、経営のことは怖ろしいほど何も考えていなかった

「モバツイ」はその後、どんどん成長していきました。2009年の夏ぐらいには、デジタルガレージさんを通じてTwitter社に話が行って、本家のTwitterサイトの画面にリンクを貼ってもらえることになりました。

まだTwitter社では、モバイルクライアントが整っていなかったから、その間というか、つなぎみたいな感じで「モバツイ」を日本のユーザーに紹介してくれるということでした。

これって、広告費に換算したらすごいことですよね。「リンクが貼られると、ユーザがいっぱい来るけど大丈夫?」とか言われて、「いや、いいんじゃないですか。どうにかしますよ」と(笑)。

でも実際は想像以上のアクセスで、自宅のネットワーク帯域が「モバツイ」で完全にあふれて、家でUstreamとか全然見られなくなっちゃいました(笑)。そこであわててAWS(Amazon Web Services)に駆け込んで、そこでインフラを運用するようになったんです。

AWSは完全な従量制だから、初期費用ゼロ円ですぐに使うことができました。とはいえ、ランニングコストがかかります。そこで、マネタイズは全然考えてなかったのですが、広告を載せることを検討し始めます。

藤川 真一(えふしん)さん


ある日、広告掲載を実験したら、翌日のアドセンスの収入がすごいことになっていて、びっくりしました。 そのサービスがどんどん伸びていけば広告収入も増え、インフラコストを上回る。あとは技術を頑張ればいくらでもスケールするじゃないかと思ったんですね。そこからは、きちんと収益化を考えるようになりました。

一方で僕は、2009年の頭ぐらいに、ペパボの上司には「1年後に辞めます」っていう宣言をしていました。具体的には何も考えていなかったんですが、そんな頃に「モバツイ」がいい形で大きくなっていたので、これを生業にしようと考え、会社を辞めて想創社(のちにマインドスコープに社名変更)を立ち上げます。

なので、とりあえず一度起業してみて、もしそれが失敗したら俺はもう絶対二度とやらない。成功するにせよ、失敗するにせよ、その顚末を自分のブログに書いたらネタとして面白いじゃないかって、完全に「ブログ・ドリブン」で起業しちゃったんですよ。

それにしても、後から考えれば考えるほど、恐ろしいくらい何も考えていませんでした。周りや友達が起業してるからいいんじゃないかぐらいの感覚。それでも、「モバツイ」に勢いがあったので、会社は初月からもう黒字でした。

成功体験に引きずられると、その先に進めなくなる

「モバツイ」のその後はご存知の通りです。ガラケー用のクライアントとしてはそこそこ順調でしたけれど、結局、スマホの波に乗り切れなかったんですね。スマホシフトは当然考えていたんですが、スマホのTwitterクライアントは特に、海外を中心に優秀なソフトウェアがいっぱいあって、やはり自分にはそれを超えるだけのスキルがなかったのかなと思います。

さらに、スマホへの対応を進めると、クライアントのモデルを変えなくちゃいけなくなるんですね。それまでの「モバツイ」は、基本的にはサーバーサイドで Twitter API をプロキシするサービスでした。

ところが、スマホ時代になると、クライアントは直接 Twitter API と通信するようになる。モデルが違うし、僕自身、スマートフォンアプリを作るUIのスキルもそんなに高くなかったので、対応が遅れました。

藤川 真一(えふしん)さん


「モバツイ」が順調だったので、やはりそこに気持ちが引っ張られちゃったこともあったと思います。これはマインドスコープの役員会でも、散々、「いいかげん、モバツイのことは忘れろ」みたいなことを言われてたんですけど、次を考えることができなかった。経営者としてまだ未熟でした。

一つの成功体験に引きずられて、時代の波に対応できなくなるというのは、経営者はもちろんエンジニアにもよくあることだと思いますが、そのいい教訓にはなりました。結局、会社は譲渡して、再度、自分の個人会社として想創社を再出発させることになります。

あらためてスマホアプリをやろうと思い、勉強を始めるんですが、想創社はその受け皿となる会社です。

次回 #03 テクノロジーで実現する未来 Coming soon