パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

withコロナはこれまでの常識、エンジニアの働き方を変えるチャンス──シナモンAI平野未来さんが見据える未来

学生時代にIPA未踏ソフトウェア創造事業に2度採択され、テクノロジー企業を創業。現在はビジネス向けのAIサービスのコンサルティングやプロダクト開発を進めるシナモンAI 代表取締役社長CEOの平野未来さん。テクノロジーの最前線を走ってきたように見えるが、実はいくつもの苦難も経験している。人工知能(AI)で、これからの社会の何を変えたいのか。そして、どんな未来を創りたいのか。その熱い想いを語ってもらった。

シナモンAI平野未来さん

Profile

株式会社シナモン 代表取締役社長CEO 平野未来さん

シリアル・アントレプレナー。東京大学大学院修了。レコメンデーションエンジン、複雑ネットワーク、クラスタリング等の研究に従事。2005年、2006年にはIPA未踏ソフトウェア創造事業に2度採択された。在学中にネイキッドテクノロジーを創業。IOS/ANDROID/ガラケーでアプリを開発できるミドルウェアを開発・運営。2011年に同社をミクシィに売却。ST.GALLEN SYMPOSIUM LEADERS OF TOMORROW、FORBES JAPAN「起業家ランキング2020」BEST10、ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019 イノベーティブ起業家賞、VEUVE CLICQUOT BUSINESS WOMAN AWARD 2019 NEW GENERATION AWARDなど、国内外の様々な賞を受賞。また、AWS SUMMIT 2019 基調講演、ミルケン・インスティテュートジャパン・シンポジウム、第45回日本・ASEAN経営者会議、ブルームバーグTHE YEAR AHEAD サミット2019などへ登壇。2020年より内閣官房IT戦略室本部員および内閣府税制調査会特別委員に就任。プライベートでは2児の母。

DX化へ向けた時計の針が急速に回り出した

AIをビジネスに活かす時代、活かせる時代になってきました。シナモンAIでは、AIを使ってデジタルドキュメントや音声データからビジネスに価値のある情報を抽出し、それを企業のDX推進のために活用できるようにいくつかのプロダクトを開発し、同時にコンサルテーションサービスを行っています。

こうしたAIによる業務改善・経営改革は、新型コロナウィルス感染症対策で、社内外の打ち合わせがオンラインになったり、出張せずにリモートで仕事をこなせるようになりました。これからの在宅勤務が推奨される時代に、あらためて重要な取り組みになってくると思います。

これまでも非構造のデータをできるだけ構造化することや、ビデオ会議ツールを駆使したリモートワークを導入して働き方をスマートに変えることの重要性は指摘されてはいました。しかし、従来の慣行に縛られることが多い日本企業では、本格的な導入はまだまだと考えられていました。

シナモンAI平野未来さん

ところが、新型コロナ対策で、やむを得ざる選択として取り組みが急速に進むようになったのです。デジタル化・DX化の時計の針がこれまでは遅々としたスピードだったのが、この数カ月で急に回り出したという印象があります。

日本人は与えられたことに対して、あるがままに不満を感じないところがありますよね。毎日の通勤電車だって、あの異常な満員状態を仕方がないと諦めてしまう。真夏の暑い中、汗をふきながら客先に向かうのも、みんながやっていることで当たり前だ、それが常識だと思い込んでしまう。新型コロナはこうしたビジネスの常識を疑うきっかけになりました。

子どもを育てて変わった私の価値観。古い働き方はもう終わりにしたい

こうした変化に接して、実はすごくテンションが上がっているんです。そもそもこれまでの働き方、とりわけオフィスワークのあり方に、私は疑問を持っていました。オフィスワークが生産工場の流れ作業のようで、産業革命時代とまるで変わっていない。人間が機械を使いこなすというより、機械の都合に合わせて働いている感じがしていました。

テレワークやアジアの各拠点をリアルに結んでの協業を、当たり前のようにこなしていた経験からすれば、最近の日本企業のテレワーク推進はむしろ遅きに失した感さえします。それでもコロナ対策を契機にして、これらがどんどん進むことは大歓迎です。

これからはAIによって、企業の働き方はもっとダイバーシティ、多様性のあるものになるでしょうし、様々な人の個性を認めるような働き方に変わっていく。それを進めることが私自身、そしてシナモンAIという会社の新しいミッションになっています。

DXが進むことで、人々の労働時間は短くなるでしょう。せいぜい一日4時間も働けば十分。しかも、その時間は自分が大好きで得意なことだけに集中していればいい。それがビジネスの成果に直結するようなそんな社会。それを実現するのがAIだと思うのです。

少なくとも毎日夜遅くまでオフィスで残業して、ストレスを抱えて、下手をしたら過労死してしまうような働き方は過去のものになるはずです。

シナモンAI平野未来さん

私はベーシックインカムのような、ほとんどの人が働かなくても社会が回るというような考え方には否定的です。人間は基本的には社会的動物なので、自分の仕事と報酬を通して、社会にコントリビュートすることがその人の幸せにつながると考えています。

とはいえ、これまでのような長時間過密労働が正しいとは全く思いません。AIを活用することで生まれた余暇の時間には、自分の趣味に没頭したり、自己啓発のための勉強をしたり、家族と一緒に過ごしたりできる。そういう人生のほうがより幸福だとは思いませんか。

私もかつてはそんなふうには考えませんでした。子どもを産む前は、自分が面白い仕事ができて、それが楽しければといいという感じ。リスクに賭けて、たとえ失敗しても仕方ないと思っていたのです。それが子どもを生み、育てていくことで変わってきたのでしょうね。

シナモンAIがAIビジネスの受託開発案件を受けるようになったのが2016年。最初の子どもは2017年に出産しました。ちょうどその頃、ワーキングマザーが仕事と家庭の両立ができるにはどうしたらいいのかなど、その働き方改革が社会問題になったりしました。

どうしたら社会を変えられるか、それは私たちの世代の責任だと思うようになったのです。子どもを生んだことで、私の、そしてシナモンAIのミッションにも大きな影響を与えているんです。

エンジニアに求めたいビジネス理解と人材マネジメント力

これからのエンジニアに求められるのは、高い技術力であることはもちろんです。しかし、それに加えてビジネスアンダスタンディング、ビジネスを理解できる力が不可欠になると思います。そしてもう一つ、エンジニアにとって欠かせないスキルは、ピープルマネジメント。つまり人材管理です。

それぞれに大変難しい課題で、最初からその両方を求めることは難しいと思います。最初は技術力プラスワンで、どちらか選びつつ、最終的には両方できるようにすることが望ましいでしょう。

少なくともシナモンAIでは、リサーチャーのキャリアプランとしてこの二つをとても重視しています。ひたすらコードを書くだけのエンジニアを、うちの会社では評価していません。技術だけを深掘りしたいタイプのエンジニアもいますが、技術スキルだけでは、将来の階段は途中で止まってしまいます。

もちろん、エンジニアのキャリア形成を彼らだけに任せているわけではありません。研究や技術開発をサポートしつつ、常にその技術のプロダクト・マーケット・フィットは何なのかを考えています。

もし、その技術をコアにして新ビジネスを展開するとした場合、リーンスタートアップをどう戦略化すべきなのかなど。そうしたビジネスで周囲を巻き込むためには、どんなプレゼンテーションをすべきかなどを、常に考える機会を提供しています。

シナモンAI平野未来さん

なにもMBAに通う必要なんてないんです。いまどきはビジネススキルを磨くためのコンテンツが無料であるいは廉価でネット上にあふれています。

私がどうしてこれほどまでに、一見エンジニアには無縁と思えるような非技術的なスキルを彼らに求めるかというと、自分の技術をビジネスとして社会に展開し、社会の変化に向けたインパクトを出すためには、どうしてもビジネスの理解と人のマネジメントが必要になるからです。

これは普段アカデミアの世界にいる先端的なAI研究者たちに学んだことでもありました。アンドリュー・ン氏(スタンフォード大)にしても、ジェフリー・ヒントン氏(トロント大学)にしても、AIの世界で有名なプロフェッサーたちはみな、研究室を運営するために企業からお金を集めて、学生を雇っています。

企業との共同研究はもちろん、自ら企業を立ち上げることさえ厭いません。企業からお金をもらうということはビジネスを理解していないとできないことです。

さらに、組織を大きくして、世の中により大きなインパクトを与えるためには、チームが必要。そのとき、メンバー一人ひとりの良さを引き出しながら一つの方向性にまとめていくためにはピープルマネジメントが不可欠なのです。

私はこうしたエンジニアリングとマネジメントの融合を、自分の会社のグローバルな実践を通してとても大切にしてきたつもりです。その経験からもう一つ、日本のエンジニアに伝えたいのは、これからのエンジニアにはグローバルに戦うスキルが不可欠だということです。

なぜなら、グローバル化は不可逆的な進化の方向性なので、誰もそれを止めることはできないからです。10年後、20年後、日本人のエンジニアがベトナムやカンボジアのエンジニアたちと競争にさらされる。そんな時代が必ずやってきます。

そのときに、日本語と多少のエンジニアリングの知識だけで戦うことはできるでしょうか。一つのボーダーに閉ざされた知識や経験だけでは世界の人たちと戦うことも、協業することもできない。それだけは確かだと思います。