パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

インクリメンタルではない。求められているのはオリジナリティだ──MIT石井裕教授が問い続ける美学とは

デジタルの世界をピクセルのようなバーチャルなものではなく、実体がある、触れることができるインターフェイスによって変革した「タンジブルビッツ」などの研究で、世界的に知られる石井裕氏。エンジニア魂を根底から揺さぶる、速射砲を繰り出すようなエネルギッシュな講演でも、数多くのファンを魅了している。2019年もまた、私たちを前にテクノロジーの未来を語りながら、それ以前に私たちが持つべき美学や哲学についての本質的な問いをぶつけてきた。

MITメディアラボ教授 石井裕氏

Profile

マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ教授 石井 裕氏

1956年生まれ。北海道大学大学院修士課程修了。マサチューセッツ工科大学教授、メディアラボ副所長。88年よりNTTヒューマンインターフェース研究所で、CSCWグループウェアなどの研究に従事。93年から1年間、トロント大学客員教授。95年マサチューセッツ工科大学準教授。メディアラボ日本人初のファカルティ・メンバーとなる。2006年、国際学会のCHI(コンピュータ・ヒューマン・インターフェース)より、「タンジブルビッツ」の研究でCHIアカデミーを受賞。2019年には「タンジブルビッツ」「ラディカルアトムズ」を含む長年の研究と世界的な影響力を評価され、CHIから生涯研究賞 (SIGCHI Lifetime Research Award) を授与される。

進路を建築にすべきか、コンピュータにすべきか迷った

私が生涯の研究テーマとして、ヒューマン・コンピュータ・インタラクションを選んだ理由からお話ししましょう。私の父は、戦後にシベリア抑留から引き揚げてきて、北海道新聞社のプログラマになりました。メインフレームのIBMのSystem/360で事務計算のプログラムを書いていて、家にはパンチカードがあふれていました。

パンチカードって分かります? 厚手の紙に穴を開けて、その位置や有無から情報を記録する記録媒体です。あと、ラインプリンターの用紙とか、PL/I、ASSEMBLER、FORTRAN、COBOLなどのマニュアルが家中にいっぱい転がっていて、それで遊びながら育ったので、大学はなんとなくコンピュータの学科に進みました。

北大の学部には当時、情報工学コースはなかったので、電子工学科に入って、その後、大学院に情報工学コースができたので、そこに進学します。メインフレームとかミニコンと呼ばれる大型の機械が計算センターに置いてあって、学生はそこで計算機を動かすわけです。

その頃、コンピュータ業界は就職先としては先が見えていたわけではなくて、建築も大好きだったので建築に行こうか計算機に行こうか、ずいぶん悩みました。

MITメディアラボ教授 石井裕氏


もし、建築を選んでいたらどうだったでしょうね。建築会社というのはどんなに頑張っても新入社員はでかいビルの洗面所ぐらいしか設計できない。そもそも有名になって任せられるアーキテクトってほんのわずかです。

その点、コンピュータは一人で何でもできますね。特にパーソナル・コンピュータが出現してからはそうなっている。そういう意味でコンピュータを選んだのはよかったのかもしれません。建築技術というのはコンピュータ技術の変化に比べると、ゆっくりとしているでしょう。コンクリートの作り方なんてこの百年あまり変わっていないんじゃないでしょうか。

反面、コンピュータの世界は、AIやディープラーニングなどを含めて、新しい技術がたえず現れ、ボコボコとジャンプがある。激しい波に向かってサーフィンし続けるような感じ。うかうか眠っていられない。それが私にとっては快感なんですよ。

ただ、一時は建築の世界にも関心があった私は、MITでその関心を満たすこともできました。というのも、MITのメディアラボは、大学のアーキテクチャ&プランニングという部門の中にある研究所なんです。建築や都市計画、そういうカルチャーをバックグラウンドとして持っているんです。

建築は、単なる技術だけではなく、美学、経済、文化といった分野と幅広く関係している学問領域です。そういう環境だからこそ、私のインターフェイスの研究も、広いパースペクティブを持つことができたのではないかと思います。

新たな「造山活動」を迫ったニコラス・ネグロポンテの言葉

大学院を出ると、NTTの研究所に入り、そこで「クリアボード」の研究をして、それが認められてMITメディアラボに移ることになります。クリアボードは、遠隔地にいる2人が、ガラス板を通して相手の顔を見ながら、クリアな板の表面に絵を描きながら話ができるシステム。当時のブロードバンドネットワークのキラーアプリケーションの一つと目され、内外で高い評価を受けました。

しかし、当時のメディアラボ所長のニコラス・ネグロポンテからは、採用インタビューの時に「今までやってきた仕事はわかった。でも同じ研究は続けるな。まったく新しいことを始めろ」と、いきなり言われるわけです。

ここでは、これまでの研究内容を少しずつ改良するような、インクリメンタルな仕事は許されない。オリジナリティを追求しなければならない。すでにあるものをさらに高めるのではなく、全く新しい概念を生みだし、山を造る。その山を登り世界初登頂する。

そしてその山が世界中誰からも見える。それをみんなが登りたくなる――そうした「造山力」がすべての研究者に求められるのだ、と私は知ったのです。「そんなことほとんど無理」と誰でも思いますよね。でも、そういったチャレンジを突きつけられたことは、私の人生の中で最高の経験でした。

MITメディアラボ教授 石井裕氏


そもそも、ニコラスが何で私を採用したのかというと、クリアボードを評価したというよりは、私のパッション(情熱)に賭けたのだと思います。どうチャレンジするにしても、おまえは新しい挑戦を受けて、次の山を作るだろう。その可能性を彼は私に見出していたということなんです。

ニコラスの言葉をきっかけに、私は自分の研究テーマと研究意欲をリブートしました。メディアラボに限らず、米国のトップの大学研究所におけるバトルがそれを促したとも言えます。研究者同士の競争は予想をはるかに上回るものでした。

なぜそれほど競争が激しいかといえば、日本の大学にはない「テニュア(終身在職権)」と呼ばれる、教授を選別するシステムがあるからです。在職してから数年内に世界的にみても最高レベルの研究業績を挙げられなければ、大学を去らなければならない。クビになってしまうんです。私はその競争になんとか勝ち抜き、着任5年目の2001年にテニュアを得ることができました。

しかし、テニュアを取れば、のんびりできるかというとそんなことはない。自分自身が常に研究成果を挙げ、優秀な学生を集めて育て、さらに企業との密な協力を通して、資金を集め、大学発のアイデアや技術を企業に移転し、社会に貢献しなければなりません。

残念ながら私の知る限り、日本のアカデミアでは、これほどの厳しい環境で研究者が闘って実績を挙げ、それでもって生き残るというシステムはないように思います。

「隠喩概念空間連続飛躍」の問いに答えられなければ、MITラボには残れない

こうした競争意識は、ラボに研究者を集める際の選抜でも重要になります。研究したいという情熱、パッションは必要だけれど、それだけではどうしようもない。独自のものを創るためには独創性という力が必要です。これはなかなか計測が難しい。でも考える力があるかどうかというのは、クリティカル(批評的に)にものを見る力があるか。クリティカルにシンキングできるかということです。

あるいはメタファー、隠喩を使った「隠喩概念空間連続飛躍」の術みたいなことができるか。「ここに赤い万年筆がある。ここにブラウンの珈琲がある。ここにグリーンがある。今、窓の外に光がある。それらを織り込んで140字のツイートにしてみろ。それを今夜つぶやけ。そのツイートに明日までに100RTなかったらもう来なくていい」的な(笑)。そういうツッコミを、採用インタビューでもどんどんやります。

MITメディアラボ教授 石井裕氏

これは一例ですけれども、AIでもいいし、シンギュラリティでもいいんですけど、「ああ、困った。AIで仕事がなくなる」と、こんなバカなことをいう人はすぐ辞めてもらいます。

そうではなくそこにある技術、例えばAIを素材に、どれだけの発想を作れるかですね。料理のスペシャリストのように、限られた材料から素晴らしい料理を生み出せるかどうかが鍵になります。

次回 #02 テクノロジーに熱狂している理由 Coming soon