パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

アート・サイエンス・テクノロジー・デザイン──MIT石井裕教授が影響された巨人たちとは?

デジタルの世界をピクセルのようなバーチャルなものではなく、実体がある、触れることができるインターフェイスによって変革した「タンジブルビッツ」などの研究で、世界的に知られる石井裕氏。エンジニア魂を根底から揺さぶる、速射砲を繰り出すようなエネルギッシュな講演でも、数多くのファンを魅了している。2019年もまた、私たちを前にテクノロジーの未来を語りながら、それ以前に私たちが持つべき美学や哲学についての本質的な問いをぶつけてきた。

MITメディアラボ教授 石井裕氏

Profile

マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ教授 石井 裕氏

1956年生まれ。北海道大学大学院修士課程修了。マサチューセッツ工科大学教授、メディアラボ副所長。88年よりNTTヒューマンインターフェース研究所で、CSCWグループウェアなどの研究に従事。93年から1年間、トロント大学客員教授。95年マサチューセッツ工科大学準教授。メディアラボ日本人初のファカルティ・メンバーとなる。2006年、国際学会のCHI(コンピュータ・ヒューマン・インターフェース)より、「タンジブルビッツ」の研究でCHIアカデミーを受賞。2019年には「タンジブルビッツ」「ラディカルアトムズ」を含む長年の研究と世界的な影響力を評価され、CHIから生涯研究賞 (SIGCHI Lifetime Research Award) を授与される。

ブリューゲルの『バベルの塔』に触発されて

最近、私は16世紀の画家ブリューゲルが描いた『タワー・オブ・バベル(バベルの塔)』の絵を皆さんにイメージしてもらいながら、人類の発展史の中で、アートとサイエンスとテクノロジーとデザインという4つの分野が、相互に連環し合いながら、スパイラル(螺旋)状に発展していく様子を語ることが多いです。

「バベルの塔」は私の研究の発展の歴史でもあり、同時にMITメディアラボの学際的な研究の様子を示したものでもある。同時に、ビジョンはあれど、頂上にはなかなか到達できない、私たちの研究の苦闘を物語る絵でもあるのです。

私自身がこの4つの分野で、それぞれどんな天才たち、偉人たちに影響を受けてきたのか。それをちょっと披露しましょう。

まず、アート分野でご紹介したいのは、杉本博司さん。東京で生まれ、大学を卒業後、アメリカに渡り、現在は日米で活躍している写真家・現代アーティストです。私は、橋本麻里さんという優れたキュレーターから彼の業績を紹介していただき、2017年に小田原市にできた「江之浦測候所」には橋本さんたちと一緒に行き、そこで杉本さんにお会いました。

MITメディアラボ教授 石井裕氏


江之浦測候所はギャラリー、舞台、茶室、庭園などから構成される複合文化施設ですが、随所に古代から近代までの建築様式を取り入れて、自然と季節の移ろいを節目として生きてきた私たち人類の美意識を再現する工夫が凝らされています。

例えば、海に向かって一直線に作られたトンネルがあり、冬至の朝には水平線から昇る太陽の光がトンネルの奥まで差し込むようになっています。

ガラス貼りのギャラリーがあったり、古代ローマ円形劇場遺跡を実測して再現したというガラスの能舞台があったりします。なぜこんな舞台を作ったのか、杉本さんに伺うと、いつか江之浦測候所が廃墟になった時に、その上の空に昇る月を見て酒を飲むんだ、とおっしゃられた。荒城の月ですね。

壮大なロマンですね。私にはその言葉と、そのイメージを現出させた江之浦測候所というアートにものすごい衝撃を受けました。

デザイン領域では、MITメディアラボでも一緒に研究したことのある、ジョン・マエダを忘れるわけにはいかない。日系アメリカ人のグラフィックデザイナー、コンピューターインタラクティブデザイナーです。彼から私は多くのことを学びましたが、中でも“aesthetic”(美)とは何かについて真剣に考える機会を得ました。

1996年からの約10年、彼のグループはAesthetics + Computation グループ、私はタンジブルグループ、それぞれが同じ部屋で背中合わせに仕事をしていました。それはそれは刺激的な時代でした。

孤独な天才、ダグラス・エンゲルバートが切り拓いたもの

テクノロジーやサイエンス領域では、これはもとんでもない人たちがごまんといて、一人だけを挙げるのは難しい。それでも現在のテクノロジー、ICTの原点ということでいえば、やはりダグラス・エンゲルバートでしょうか。

1950年代にまだメインフレームのコンピュータしかなくて、それが戦争のための弾道計算に費やされていた頃に、コンピュータをネットワークでつなぎ、人類が知恵を集めることでしか、世界にとっての緊急かつ複雑な問題は解決できないということを提唱した人です。

コンピュータが単なる数値を処理する機械と見なされていた頃に、彼は「コンピュータを活用して、集団的知性の利用を実現することが必要だ」と言ったのです。まさに今でいうクラウド・コンピューティングですよ。

彼は60年代になると、スタンフォード研究所内にARC(Augmentation Research Center)というラボを設立し、そこでビットマップ・スクリーンやマウス、グループウェア、GUIなどのインターフェイスのアイデアを生み出します。

革新的なマルチユーザー連携システムNLS(oN-Line System)を1968年にサンフランシスコでデモした時に、そこにいたエンジニアの一人がアラン・ケイでした。エンゲルバートの研究に触発された当時の若手が、その後の時代を切り拓くわけです。

MITメディアラボ教授 石井裕氏


エンゲルバートはしかし、早出の天才というか、要するに孤独でした。本当にすごいことをやる人っていうのは、もうレベルが違うので誰も理解できない。誰もいいねと言ってくれない。彼の下にいた研究者たちも、その後はパロアルト研究所へ移ってしまう。

彼自身は死ぬまで一人で、集合知(Collective Intelligence)の概念を洗練させ、いくつかのプロジェクトに関わりますが、徐々にその活動は小さくなり、2013年に亡くなります。私は生前の彼に3度ほど会って話をする機会がありました。

ダグラス・エンゲルバートに加え、パロアルトでユビキタスコンピューティングという概念を提唱したマーク・ワイザー、さらにアラン・ケイやニコラス・ネグロポンテなど、そういう先人のおかげで今日の自分があるのだと思います。マークもアランもニコラスも、私がMITで研究するきっかけを作ってくれた人たちでもあります。

ちなみに私は今年(2019年)「ACM SIGCHI 2019」という国際的なコンピュータ学会で生涯研究賞 (SIGCHI Lifetime Research Award) を受賞しましたが、それに関連して、アラン・ケイがFacebookにメッセージを寄せてくれた。

私がNTTの研究所にいたときに開発した「クリアボード」に触れて、「石井のクリアボードは、ダグラス・エンゲルバート以降、過去30年間で見た最高の仕事だった」と言ってくれました。たぶん冗談だろうと思って「本当か」って聞いたら「そうだ」って(笑)。

私のような天才でもなんでもない人間のことを、アラン・ケイのような天才が、ダグラス・エンゲルバートのような天才の系譜に重ねて評価してくれた。これほど嬉しいことはなかったですね。

山を創り続けたことで、今そこに触れることができるようになった

私が MIT Media Lab でのこの25年、NTT時代を含めれば30年にわたって研究を続けてきて、最も大切にしていたことは、ちょっとベタな言い方になってしまうけれど、やはり「オリジナリティ」です。

まるごとコピーするなんて絶対に許されませんが、テクノロジーやサイエンスは先人たちからの影響を無視することはできない。だからこそ、どういう影響を受けたかを、ちゃんと参照先を明示しながら、そこにどんな新しい価値を付け加えたかが重要なんです。

その意味でのオリジナリティは研究の命。ただ、これは他人が作ったアイデアを下に、それに少しずつ改良を加えて、「実装していく」ということとは違います。もちろん、改良は産業技術の発達の上では大切なことではありますが、それにかけては私などよりもずっと上手なエンジニアがたくさんいて、私の出る幕はありません。

そうではなく、私が言うオリジナリティには、根本的なジャンプがあるということが絶対の条件なのです。自分にしかできない、独自の課題を解くことが、研究者の生存理由なのです。

「このペンの性能は、あなたのペンより23%いい」と言っても、そもそも「ペン」という概念がない時には誰も理解できないし、比べようがない。でも、そんな時にも「ペン」を創造することができる人がいます。それこそが、本当の達人というか、まあ天才ですね。生涯のうちにそういう人たちに何人も会えたことは、本当に素晴らしいことでした。

MITメディアラボ教授 石井裕氏


私は実際の山には登らないけれど、山を創ろうとした。私の山は、あくまでもイリュージョン。頭の中にある幻想、コンセプトなわけです。触れないし地図にもない。しかし、その山があると思って、30年間仕事を続けてきて、今みんなは「そこに山があるね」と言ってくれた。最初はインタンジブルな(触ることができない)山を思い描いたんだけど、30年後、ついにみんながそれをタンジブル(存在を確信できる)ってみんなが認めてくれた。

私の場合本当にラッキーだったのは、同じ分野で研究するコミュニティがあって、みんな私の研究をずっと見つづけてくれていたことです。よくまあこれだけしつこく頑張って続けたね、と賞もくれました。

他の分野の人でも分かってもらえる人はいる。その一人が登山家の栗城史多さんでした。Twitterで僕が「造山力」の話をつぶやいたら、すぐに反応してくれた。栗城さんは、エベレストには先人たちが何人も登っているので、単独無酸素登頂と頂上からのインターネット生中継というハードルを設けてチャレンジした。

何度挑戦してもそのたびに失敗し、指9本を第二関節まで凍傷で切断、最後にはキャンプから下山中に滑落して亡くなりました。彼の冒険を無謀という人はいる。しかし、そこまでしてなぜやるかといったら、自分の存在をやっぱり記録に残したかったからでしょう。

山登りの命かけた戦いと私の研究を比べるのは不遜かもしれません。しかし、同じ山でも定量的に数値を測れる世界で、自分の力を証明し、それを記録として残したいと考える人もいる。ただ、そう簡単には測れない世界で、誰にも見えなかった山を現実の形にして見せるというチャレンジもある。

長い道で認めてもらえるかどうか全く分からないけれども、それを信じて、あるいは認められなくてもいいから、とにかくやってみようという人がいるわけです。オリジナリティの追求という意味ではその両方が貴い、と私は思います。

次回 #03 テクノロジーで実現する未来 Coming soon