パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

ロボットを着ると、人はどういう体験をするのか──ロボティクスファッションクリエイターきゅんくんの原点を聞いた

高校生の頃から「メカを着ること」を目標に、ロボティクスファッションの制作を続けるクリエイター兼メカエンジニアのきゅんくん。代表作の「METCALF(メカフ)シリーズ」では、無骨な2本のアームロボットが、人間の肩から生えているように見える。
人に役立つ機能はそこにはなく、バッテリーを内蔵したアームはアプリケーションで操作され、不思議な動きを繰り返す。ロボットを人間が着ることによって機械らしさと人間らしさの境界を探ろうとしているようにも見える。きゅんくんは、なぜロボティクスファッションという新しい世界を可視化させようとしたのか──。

きゅんくん

Profile

ロボティクスファッションクリエイター / メカエンジニア きゅんくん

1994年東京都出身。機械工学を学びながらファッションとして着用するロボットを制作している。 2014年よりウェアラブルロボットの開発を進め、2015年オーストリア「Ars Electronica Gala」に招待出演し注目を集める。2016年にはウェアラブルロボット「METCALF clione」を発表。同年 AKB単独公演にて「METCALF stage」を3台稼働。渋谷にある「tsumug.inc」にて業務委託で働きながら、社会人大学院生として過ごしている。

ロボティクスファッションを身につける意味を体系化したい

「ロボティクスファッションクリエイター」と「メカエンジニア」という2つの肩書きで活動していますが、大学院生でもあります。いま2年目で修論の準備中。大学院の研究室は、いわゆるクロステック、テクノロジーがいろいろな分野と関わっていくジャンルで、基本的には何でもやっていい。

私の場合は、具体的にはロボットと人間のコミュニケーションに関心があって、ウェアラブルロボットを装着した時にどのように人が思うのか。これは以前からテーマですが、大学院でもそれを引き続きやっています。

大学院に行こうと思ったのは、そこの教授が私の関わっている会社、tsumugの取締役なんですね。それでそこのご縁で再びアカデミックで勉強してみたいと思ったんです。社会人学生が基本的に多い研究室なので、遠隔授業をやりつつ、スクーリングが時どきあるみたいな感じですね。

大学院での研究の背景には、私がこれまでウェアラブルロボットアームの「METCALF(メカフ」のような、作品として発表していたものを、今度はアカデミックな視点で見てみたいと思ったことがあります。

きゅんくん

2014年のTOKYO DESIGNERS WEEKや2015年のSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)など、いろいろな展示会で発表する機会があって、そこでは私の作品を来場者に着用してもらっていました。実際に「METCALF」を身に着けると、いろいろな感想をいただくんですが、それって私しか聞いていないから、私だけのものになってしまう。

例えば「METCALF」を着た感想としてよくいただくのは、サーボモーターが振動する音を聞いたり、振動を感じると「生き物が近くにいるような感じがしてすごく安心する」という声。この「生き物の感じで安心する」という感覚は一体どういうことだろう。そういうところをもっと追求してみたいなと考えるようになりました。

人間が、ウェアラブルロボットを身に着けた時の感覚というものを、きちんと整理して、こういう結果が生まれましたというレポートを世に出さないといけないのではないか、と今は考えています。

CDコンポを分解して、怒られた小学生時代

今回のテーマは、テクノロジーとの出会いということなので、私の原点みたいなものを少しお話しします。小さい時から、『鉄腕アトム』など手塚治虫のマンガ作品には触れていました。小学校3年生か2年生くらいじゃないかな。

私の家では漫画はあまり良しとされていなかったんですけど、手塚作品は父親がファンだったこともあって、鉄腕アトムだったら読んでもいいのではと自分で考えました。それから両親にはよく博物館や科学館に連れて行ってもらっていたので、それが原点の一つにはなっていると思います。

家にあるものを分解しては、親に怒られたりしていました。1番怒られた分解物はCDコンポ。当時としてはちょっとお高めで、CDを自動的に交換するチェンジャーがついているやつ。CDチェンジャーの仕組みってどうなってるんだろうと、すごく気になって。

ちょうど機械の調子が悪かったから「じゃあ直してあげる」って開けたら、元に戻らなくなっちゃった。小学3年生とか、たぶんそれぐらいの時の話です。

きゅんくん

ただ、物心ついた頃には、当たり前のようにテクノロジーがあったから、「テクノロジーすごい」という感じではなく、日常に当たり前のように存在しているものという感じでした。小学校の卒業文集には「私は機械工学科に行く」って書きました。その時点からあまりブレていないですね。

中学生になると、電子工作を始めます。回路図をそのままコピーして、部品を買ってきてハンダ付けして作っていたのですが、「この回路図の意味を分からないままに、自分で組み立ててるのはすごく嫌だな」と思うようになって、「なぜこのコンデンサはこの値でここに付いているのかを理解できるようになりたい」と思い、それを大叔父に相談しました。

大叔父は電気系だったので、「それを理解するにはすごく勉強をしなくちゃならないよ」と言われたことをよく覚えています。

でもやっぱり回路の設計まではいかなくて、データシートを見て回路設計をできるようになってきたのはここ2、3年の話です。やはり、大叔父が言ったように「ものすごい勉強」が必要だったんですね(笑)。まだまだ入り口に立っただけなので、これから勉強したいと考えています。

中高大学の部活動で育んだ創造力とものづくりのスキル

中高一貫の女子校で、中学校では演劇部、高校では被服部に所属していました。ジャンク品を解体して洋服に取りつけたり、透明のコルセットにファンを装着したり、いわばファッションとテクノロジーの融合なのですが、そんなことをやっていましたね。そういう意味では、高1の時からやりたいことはずっと変わっていないんです。

中高時代は、機械工作やロボットに関心ある友だちが周りにたくさんいました。うちの学校にロボットの部活がなかったから、天文部を乗っ取ってロボット部にしちゃった人とかいます。理系クラスだったのもあって、わりと関心の高い子は多かったんです。

大学は機械工学科ですが、授業だけじゃなくて、部活動にはずいぶん助けられました。最初の頃は自動制御研究会と、電子技術研究会をかけ持ちしていました。自動制御研究会はロボコンに参加していたので、板金の設計や加工もやる必要があります。

そこで板金加工の基本を学べたことが、今とても役立っていると思います。ただ、私の関心が次第に電子技術研究会に移ってしまい、学部時代はもっぱら電子技術研究会の方にいました。

きゅんくん

ロボットへの関心はそれこそ小学校の頃からありますが、鉄腕アトムやガンダムのようなキャラクターへの関心というのではなく、ロボットクリエイターの高橋智隆さん(株式会社ロボ・ガレージ代表取締役社長、東京大学先端科学技術研究センター特任准教授)が作る「クロイノ」のような、現実に存在するロボットへの関心が勝っていきました。

大学の部活動の懇親会で「好きなロボットを書いてください」というアンケートのようなものがあって、他の学生はアニメに出てくるロボットのキャラクター名を書いていた人が多くて。私は実物に存在するロボットを書いていたので、ちょっと見てきたものが違うんだなと思いました。鉄腕アトムの漫画は最初の刺激ではあったけど、必ずしもその世界を実現したいというわけではなかったんです。