パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

ロボットを着ると、人はどういう体験をするのか──ロボティクスファッションクリエイターきゅんくんの原点を聞いた

高校生の頃から「メカを着ること」を目標に、ロボティクスファッションの制作を続けるクリエイター兼メカエンジニアのきゅんくん。代表作の「METCALF(メカフ)シリーズ」では、無骨な2本のアームロボットが、人間の肩から生えているように見える。
人に役立つ機能はそこにはなく、バッテリーを内蔵したアームはアプリケーションで操作され、不思議な動きを繰り返す。ロボットを人間が着ることによって機械らしさと人間らしさの境界を探ろうとしているようにも見える。きゅんくんは、なぜロボティクスファッションという新しい世界を可視化させようとしたのか──。

きゅんくん

Profile

ロボティクスファッションクリエイター / メカエンジニア きゅんくん

1994年東京都出身。機械工学を学びながらファッションとして着用するロボットを制作している。 2014年よりウェアラブルロボットの開発を進め、2015年オーストリア「Ars Electronica Gala」に招待出演し注目を集める。2016年にはウェアラブルロボット「METCALF clione」を発表。同年 AKB単独公演にて「METCALF stage」を3台稼働。渋谷にある「tsumug.inc」にて業務委託で働きながら、社会人大学院生として過ごしている。

自分のオリジナリティを探したとき、ファッションがクロスした

演劇部、被服部、自動制御研究会、電子技術研究会など、中学から大学にかけての部活動は、私にいろいろな刺激を与えてくれました。ロボティクスファッションクリエイターとしての私を形作った要素のいくつかだと思います。そこでウェアラブルロボットへの関心も深まりました。

きゅんくん

被服部で服を作る際に、自分の軸はなんだろうと考え、テクノロジーをテーマにした服を作ろうと動きだしました。エンジニアとして働いているので、人に直接的に役に立つものを作ることにも強く興味がありますが、ロボットを作ってファッションにしようという人はなかなか他に見つからなくて。ロボティクスファッションに興味を持った自分がやらなければ、という気持ちがあります。

人間の肉体とアルミニウムのギャップ

ただ、ファッションと一口に言っても、とても幅が広い。ファッション雑誌の主催する有名なファッションコンテストの選評を読んでいると、審査員はすごく軽さにこだわる方が多かったんです。軽い服とか軽いイメージの服とかが重視されている。でも、私にはそれが不思議で仕方がなかった。

私はファッションのマテリアルとしては結構重い素材が好きなので、その重い素材をいかに着用するかを意識しながら、高校生の時から制作をしています。なので、そこはちょっとカウンターじゃないですけど、重い素材を身に着けるということを、自分のテーマの一つにしようと思いました。

きゅんくん

私が、ロボティクスファッションでよく使う素材はアルミニウムなんですが、人間の肉体と、アルミのギャップがすごく面白いんですね。実際に肌にアルミを着けた時にすごく面白い見え方をするので、それをもっと楽しみたいという気持ちがあります。

固い素材を身にまとうという意味では、鎧なんかも面白いなと思っています。鎧を身にまとうと、人間の感覚がやはり少し変わるんじゃないかと。ただ私は人間の形というものから逃れたいという意識があるんです。鎧ってすごく人間の形にフィットしたものなので、そうじゃないところで、人間のシルエットを変えるようなものを作れないかと思っています。

秋葉原を起点に世界に広がるコミュニティネットワーク

作品を制作するにあたっては、ラフデザインから自分でやっています。私はメカエンジニアなので、作品でも機構設計は自分でやろうと考えています。アルミの切り出しなども、以前はバンドソーを使って自分で切っていたんですが、今はレーザー加工をする工場に依頼しています。

最近はロボット用のミドルウェア「ROS」にも興味があって、それを使ったプログラミングも手がけるようになりました。ROSはシミュレーターとしても機能しますし、ロボットを制作するのに役立つものです。

「Arduino」というマイコンボードを使っていたり、「V-Sido」というロボット用のOSを使っていた時期もありました。ただ、ソフトウェアは自分の専門ではないので、スケジュールを考えてもっと最適な人がいればその人にお願いするし、その時最適なソフトウェアがあれば、それを選択しています。

ファッションデザイン、機構設計、それから板金加工まで、自分で関わりながら、ロボットを人が身に着けたらどうなるんだろう。そんなテーマで「ロボティクスファッション」として発表しています。

きゅんくん

SXSW(以下、サウスバイ)に出展したのは、2015年です。同年に、オーストリアで開かれる「Ars Electronica Gala」(以下、アルス)にも招待出演をさせてもらいました。サウスバイは音楽のイベントの趣が強いですが、アルスは行って良かったですね。メディアアートの最前線で、良いものやそうでないものいろいろ見られました。

その後の自分の作品づくりの上で、大きな糧になりました。おまけですが、アルスでのもう一つの収穫は落合陽一さんと仲良くなれたこと。その後筑波大学の講義で対談させていただいたりもしました。

ロボティクスファッションで活動を始める前から秋葉原のコワーキングスペース「DMM.make AKIBA」には通っていて、今一緒にお仕事しているtsumugという会社の社長ともそこで知り合いました。そして、DMM.make AKIBAの仲間たちでサウスバイに出展したんです。

だから、そもそもアキバに通っていなかったらサウスバイに行ってないですし、サウスバイに行ってなかったらアルスも行ってない。サウスバイで出会った人とアルスに行きました。アキバを起点にいろいろなテックコミュニティが広がって、楽しい時間を過ごしていましたね。