パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

増井雄一郎・学生時代の起業とアメリカ体験──英語さえ話せれば、技術力は負けない自信があった

飲食店向け予約サービス「トレタ」創業者の一人であり、CTOを務めてきた増井雄一郎氏は、2018年にトレタを卒業。フリーランスの技術アドバイザーとして、IT業界にさらに深く関わろうとしている。自分の技術で人が喜ぶ。ネットワークを介して人が繫がる。コミュニティの中で人々の才能が花開く──。
そのプロセスを縁の下、いや最前線に立って目立ちながら楽しむことが、増井氏の基本姿勢だ。興味のある人ならどこへでも会いに行き、繋がっていく。そのアグレッシブな姿勢の原点は、どこにあるのだろうか。

増井雄一郎@masuidrive氏

Profile

増井 雄一郎(ますい・ゆういちろう)氏

1976年、北海道生まれ。大学時代に起業。2003年にフリーランスとなり、Ajax、Ruby on Railsなどを使ったWEBアプリ開発や執筆を行なう。2008年に渡米し、中島聡氏らとともにアプリ開発会社を立ち上げ。帰国後は、Appcelerator「Titanium Mobile」のテクニカルエバンジェリストとして活動。2013年から飲食店向け予約台帳アプリを開発する「トレタ」のCTOを務めるも、2018年9月に退職。Bloom & Co.のCTOと同時にProduct Founderとして、企業のプログラム開発・エンジニア組織開発などをサポートしている。Twitter: @masuidrive

大学4年で起業。技術の先端を追いかけたい思いも強かった

これまで私が起業に関わった会社は、大学4年生の時の札幌のWeb制作会社、それと食の写真共有アプリの「ミイル」と、飲食店向け予約台帳アプリの「トレタ」、それからアメリカで起業した「Big Canvas」も含めると、計4つということになります。

最初の会社は、もともと会社を作りたかったわけではなくて、法人化しないと取引ができないとか、人に給料を支払うためにはやはり法人化したほうがいいとか、そういう理由からでした。

自分でも普通にコードを書きながら、営業とか経営もやっていたんですが、そのうちメンバーから「もうコードを書くのを止めて、経営に専念してほしい」と言われるようになるんです。当時の私は他の仕事も忙しくて、開発の納期を一番守れず、会社のボトルネックになっていたから。

よくよく考えたら、別に私は社長になりたかったわけじゃない。まだまだ技術的に覚えなくちゃいけないことがあるし、技術の先端を追いかけたいという思いのほうが強い。そこで、25歳ぐらいの時にその会社を畳むことにしました。

増井雄一郎@masuidrive氏


その後はフリーランスでWebもサーバーも組込み系も、自分の興味の趣くままに、いろいろやってました。職業能力開発促進センターで講師をやっていた時期もあります。

Rubyは90年代から好きで使っていました。Ruby on Railsが登場したのは2004年ですが、すぐに気に入って、それでアプリを書いたり、東京での勉強会にもよく参加していました。2006年にシカゴで Railsのカンファレンスがあると聞いて、初めてパスポートを取って参加してみたんです。

すごい会合なんだろうなと思っていたら、意外にもそこで交わされている話は、日本の勉強会のレベルとそんなに変わらないんですよね。少なくともスライドを見る限りはそう思えました。だったら、英語さえちゃんとしゃべれれば、向こうで同じように壇上に立つことができるじゃないか、なんて思っちゃいましてね(笑)。

中島聡氏と一緒に起業——自分の考えを言語化することの大切さを学ぶ

それでなんとかアメリカに渡ろうと思いました。そんな時にちょうど、中島聡さん(元Microsoftチーフアーキテクト)が日本で講演されると聞いて、「相談に乗ってくれませんか」とお願いしたら、一緒に食事する機会をいただいたんです。

私は以前から、中島さんのブログの熱心な読者でした。単にテクニカルな話だけじゃなくて、プログラミングの思想にまで踏み込んだ彼の話が好きでした。

それでお会いしたら、たまたま中島さんもアメリカで新しいことを始めようとしていた時で、ちょうどいいタイミングだから一緒に会社をやろうということになったんです。それが2008年に作った「Big Canvas」。実は渡米直前までは、まだ何をする会社か決めていなかったんですけど。

しばらく私は英語の学校に通って、1年ぐらい日本での仕事も受けながら、何を作ろうか考えようというつもりでした。ところが、渡米の直前に、AppleからiPhoneのSDKが発表されるんですよ。今はこれしかないと思って、渡米後はiPhoneアプリの開発に専念することになりました。

中島さんはエンジニアとしてというか、人としてのあり方で私に多くの影響を与えた人です。例えば夏休みの宿題は初日にやっちゃったほうがいいって、みんなわかっていても、ほとんどの人はそれができないわけですよ。私も絶対できない。

でも、中島さんはそれができる。つまり、正しいことを正しく実行できる希有な人なんです。シアトルのオフィスでお互いPCに向かいながら、一言も話さずにひたすらコードを書いていたのを思い出します。

増井雄一郎@masuidrive氏


海外で生活しながら仕事をするのは、私にとって初めての経験でしたが、やはり環境を変えることの意味は大きかったですね。痛切に感じたのは、自分がこれまで持っていた世界の狭さ。世界にはもっといろんな人がいるという当たり前の事実。それに気づけた。

特に日本は同一性の高い社会なので、何となく同じ空気感の人間ばかりが集まっちゃう。明確に言葉にしなくても、なんとなくわかり合えるところがあるじゃないですか。

ところが、海外ではそうはいかない。「空気を読め」とか、「ソノ、アノ、コレ」では通じない世界。ソフトウェア開発で問題があれば、きちんと説明しないと誰もわかってくれない。そういう環境に置かれて、私はこれまでの自分がいかにふわっと考え、きちんと考えていなかったのかということに気づかされました。

アメリカのエンジニアコミュニティで武者修行

Big Canvasにいたのは2年半くらいでした。シアトルには、世界で一番有名なRubyのコミュニティがあるんですよ。そのコミュニティメンバーとよく遊んでいたので、英語はほとんどそこで覚えました。だから今でも「君の英語は、アメリカの西海岸の20代の若者みたいな英語だ」と、よく言われます(笑)。

Big Canvasでは、写真をSNSで共有するアプリ、今のInstagramの走りみたいなアプリを作りました。コンセプトは良かったと思うんですが、ビジネスとしてはうまくいかなかった。私の英語力不足もあって、ベンチャーキャピタルから資金調達しても、会社を大きくできなかった。技術系の組織をこれ以上広げられない私のキャパシティの問題もありましたし。逆に自分にとっての課題も見えたので、よい経験にはなりましたけれどね。

シカゴのRubyコミュニティは、私にはとても優しかった。まつもとゆきひろさんの存在が大きくて、日本人メンバーとすごく仲良くしてくれるんですよ。彼らのモットーに"Matz is nice and so we are nice."(まつもとさんはniceだから、私たちもniceになろう)という言葉があるぐらい(笑)。

増井雄一郎@masuidrive氏


でも、そうじゃないコミュニティの中では、自分はどう評価されるんだろうということが気になってしまって。Node.jsが出た時は、そこのコミュニティで議論を積極的にしたり、コントリビュートをして、AUTHORS(オーサーズ)に入れてもらいました。

他にもAndroidのコミュニティに参加したり、起業家たちが集まるコミュニティに顔を出したり、コミュニティを渡り歩く武者修行みたいなことをしていましたね。

基本的に人間のスキルを測る上で、絶対的な価値というのはない。すべては相対価値。自分と他の人のギャップが大きいものが価値になるんですよね。例えば、日本語がしゃべれることは日本にいると何も価値を生まないけど、アメリカにいると場合によっては価値を生む。

技術者コミュニティの中では誰もがコードが書けるから、その価値は低いけど、そうではないコミュニティに行けば、プログラムが書けるというだけでリスペクトされる。要するにそこにギャップがあるから。自分のキャリアとしても、そのギャップを探すことが大事だということに気づいたのは、シアトル時代でしたね。

それが分かったのも、私がさまざまなコミュニティに積極的に参加したから。異質な世界との境界のところで、自分の価値を作っていかないと闘えないということがそれで分かった。世界に出てそれに気づけたのは、本当に良かったと思っています。