パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

なぜ今、エンジニアにマーケティングセンスが必要なのか──増井雄一郎がテクノロジーで実現したい未来

飲食店向け予約サービス「トレタ」創業者の一人であり、CTOを務めてきた増井雄一郎氏は、2018年にトレタを卒業。フリーランスの技術アドバイザーとして、IT業界にさらに深く関わろうとしている。自分の技術で人が喜ぶ。ネットワークを介して人が繫がる。コミュニティの中で人々の才能が花開く──。
そのプロセスを縁の下、いや最前線に立って目立ちながら楽しむことが、増井氏の基本姿勢だ。興味のある人ならどこへでも会いに行き、繋がっていく。そのアグレッシブな姿勢の原点は、どこにあるのだろうか。

増井雄一郎@masuidrive氏

Profile

増井 雄一郎(ますい・ゆういちろう)氏

1976年、北海道生まれ。大学時代に起業。2003年にフリーランスとなり、Ajax、Ruby on Railsなどを使ったWEBアプリ開発や執筆を行なう。2008年に渡米し、中島聡氏らとともにアプリ開発会社を立ち上げ。帰国後は、Appcelerator「Titanium Mobile」のテクニカルエバンジェリストとして活動。2013年から飲食店向け予約台帳アプリを開発する「トレタ」のCTOを務めるも、2018年9月に退職。Bloom & Co.のCTOと同時にProduct Founderとして、企業のプログラム開発・エンジニア組織開発などをサポートしている。Twitter: @masuidrive

CTOはもっと経営に寄りながら、高いレベルで技術判断をすべき

2011年に日本に戻ってから「ミイル」を共同創業します。さらに2013年には、「トレタ」の創業にCTOとして参加することになります。それ以来、Web/IT業界におけるCTOの役割について、ずっと考えてきました。

技術的な判断が経営判断に及ぼす影響は、この4〜5年で特に大きくなったような気がします。テクノロジー的に間違った判断をすると、会社そのものの存続を危うくする。それは今までテクニカルの会社でしか起こらなかったんですが、最近では一般の事業会社でもどんどん起きています。

そういった意味では、経営判断の中に技術判断を入れることは必須の条件です。例えば、プログラミング言語の採用にしても、単純に自分が好きだからってこの言語を選ぶのではなく、導入のしやすさや将来性・教育コストなど、様々なものを含めて経営判断に近い判断をしなくてはいけません。

増井雄一郎@masuidrive氏


CTOは意思決定者ですが一人で全ての技術を把握できるわけではないので、テクニカルリードと呼ばれるような分野ごとのスペシャリストを置く必要もありますね。例えばCTOの私はiOSは詳しいけど、Androidや機械学習はそれほど詳しくなかった場合、それぞれの分野が得意な技術リードから情報を収集して、事業判断をしなければならない。

CTOはエンジニア組織を見る方に話が向きがちなんですけど、私はどちらかというともう少し経営側に寄ったほうがいいと考えています。しかも、技術領域だけじゃなくて、営業やマーケティングなどとも、きちんと話ができる立場に立つべきだろうと。

むしろエンジニアの組織をどう作るかとか、エンジニアをどう評価するのか、ということは、エンジニアリングマネージャーみたいな人たちに権限移譲をしてもいいと思うんです。

最近流行りのQRコード決済や、仮想通貨やブロックチェーンにしても、私は結構否定的に見ているんですね。モバイル決済は流行ると思いますが、現状のQRコード決済はインターフェイスが良くない。ブロックチェーンも技術自体は素晴らしいけど、ユースケースがすごく狭い。ほとんどのビジネスにおいてブロックチェーンが有効なケースは、まだ存在しないんじゃないでしょうか。

つまり、あえてブロックチェーンを使う理由がないのに、最先端だからというだけで使っている。時にはあえて「使わない」という判断も含めて、CTOクラスの人が社内で発言力を持たなければいけないんじゃないでしょうか。

マーケットを煮詰め、その結果を活かして適切なプロダクトを作る

プロダクト開発も組織作りも、私は基本的に0を1にするのが好きなんです。最近は、新しい会社やプロダクトを作る時に、どういう機能(ファンクション)が必要かを考え、それを元にして、機能組織図——適切な言葉がないんですが、そういうものを作ることに関心があります。

スタートアップの場合は、一人が複数のファンクションを持たなければならないこともあるし、足りないところは外部企業とコラボする必要もある。それを含めて、どういう機能をどういう指示系統の下で動かすか、そんなことを今いろいろな企業の技術顧問やアドバイザーをしながら考えているところです。

最近、私がCTOをやっているのは、マーケティング&コンサルティングの会社なんです。なぜマーケティングをやるかというと、私自身に課題があったから。これまでの会社では「これを作りたい」という強い信念を持った人がいて、私はそのアイデアを煮詰めて、どう作るかばかりを考えてきました。その時、私はマーケットはほとんど見なくても大丈夫な状況でした。

増井雄一郎@masuidrive氏


もう一つ、プロダクト開発では市場のニーズを煮詰めて、その結果に沿ってプロダクトやサービスを作るという方法もあります。消費財分野でマーケットインと言われるやり方ですね。しかしこれはこれでマーケットをどう見るかという点で難しいところがあります。誰もマーケットにいる全てのユーザーと対話できるわけがないですから。

だからこそ市場調査とかマーケティングの理論が必要になるわけですが、世の中でいうマーケティングはどちらかというと、広告の話になってしまっている。私は一度、マーケットをちゃんと見ながら、そのニーズをプロダクトに埋めこむような仕事をしてみたかった。そこで、マーケットリサーチに強い会社を探して、今の会社に出会ったんです。

たしかにゼロイチでプロダクトやサービスを作るためには、パッションやビジョンはとても大切です。しかし、それを長期的なビジネスに転化するためには、やはりビジネス計画が大事で、マーケットを見る必要があると思います。

全然ITではないマーケティングの仕事に参加させてもらう中で、そこにこそ私のITのバックグラウンドも活かせるんじゃないかと思うようになりました。前回話した、境界領域のところで自分を発揮するというスタンスですね。

マーケットをよく知ることで、プロダクト開発のスタイルも変わってきます。緻密にマーケットリサーチしていれば、マーケットサイズやユーザーの欲求が見えてくる。そうすればビジネス計画はすごく細かく立てられるし、その計画を技術に落として、プロダクトを開発することができます。

ところが、往々にしてマーケット分析スキルが弱いと、100万の顧客がいると思ったのに、実際は1000人しかなかったということが起こりうる。つまり、絵に描いた餅の精度が1000分の1に落ちるわけで、当然、おかしなプロダクトになっちゃうわけです。

そういう手痛い経験が過去にあったので、市場調査に基づいた計画の下で、適切なテクノロジーに落として適切なプロダクトを作る、という経験をしたかった。きっと、その経験は私にキャリアの広がりをもたらしてくれるはずだと期待しているんです。

自動運転はインターネットの次にやってくるインパクト

もちろん、IT業界やそれ以外も含めて、テクノロジーの動向は常にウォッチしています。IT分野では当面、クラウド化の流れは止めようもない。サーバ環境はもうかなりクラウド化していますが、これからはエンジニアの開発環境もクラウド化していくでしょう。

この分野ではAWSがCloud9を買収して先行していましたが、2019年秋にマイクロソフトがVSCodeのオンライン版を発表したことで一気に普及していくと思っています。もちろん普通のビジネスパーソンがオフィスで使うアプリケーションも、全部クラウド化していくでしょうね。

私は、AIやデータサイエンティストは一種のブームだと思っています。データ分析をすることだけが目的ではなくて、どう経営や実行に活かすかというパスが弱いので、一旦収束するだろうなと。「データは出ました。でも実行できません」というケースをよく聞くので。

IT以外の分野では、私はもともと車が好きなので、車関係は部品まで含めてずっと追っています。やはり一番の関心は自動運転ですね。完全にフル自動運転までいくのはちょっと先だとは思いますが、9割方フル自動運転みたいなところまではほんと10年20年で確実にいくと思います。

増井雄一郎@masuidrive氏


自動運転のインパクトは、単に人の移動手段が変わるだけに止まらない。まず、都市設計が変わる。道路の幅や駐車場の数はあんなに要らなくなるし、公共交通機関のあり方も変わるでしょう。自動運転で物流のコストも下がるから、スーパーのあり方も変わる。そうすると人が住む範囲みたいなのも変わってくる。

今は近所にスーパーがあるような街や、電車の駅に近いところが高かったけど、土地の価格も一極集中ではなくて、もう少し平滑化されるんじゃないかな。この変化はものすごく大きい。

車を手動で運転して楽しむというのは、もちろん残ると思いますよ。馬車から車に変わっても、競技や趣味としての馬術は残っているわけですから。今ある車がこの先もいい状態で動態保存されて、趣味のレーサーが限定されたサーキットを走ったりとか、それはそれで楽しいことですよね。

私は、自動運転はインターネットの次くらいに大きいイノベーションだと思っているんですけど、さてどうなりますかね。