パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

なぜ、中島聡氏は日本・アメリカ、そして世界の政治の在り方に意見するのか?

学生時代に日本におけるCADソフトの草分け「CANDY」を開発し、マイクロソフトではWindows95などのチーフアーキテクトを経験。その後、日米でベンチャーを起業するなど、筋金入りのソフトウェア技術者・経営者である中島聡氏。単にITの領域に止まらず、テクノロジーと社会の関係について、ブログ、メルマガなどで積極的に発言し続けるオピニオン・リーダーでもある。2018年夏に始めたシンギュラリティ・ソサエティが掲げるテーマに沿いながら、“テクノロジーと私”について語っていただいた。

中島聡さん

Profile

ソフトウェアエンジニア・起業家 中島 聡氏

1960年東京生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科卒業。NTT電気通信研究所を経て、1986年マイクロソフト日本法人に転職。米Microsoft本社に日本人として初めて移籍し、Windows95、Windows98、Internet Explorer 3.0/4.0のチーフアーキテクトを務めた。その後、ソフトウエア開発のUIEvolution(現・Xevo)をアメリカで創業。現在は一般社団法人シンギュラリティ・ソサエティで、AI時代のテクノロジーと社会のあり方を考えるオンラインサロンを主宰。2011年に始めた有料メルマガ「週刊 Life is beautiful」は現在も継続中。著書に『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』(文響社)『結局、人生はアウトプットで決まる』(実務教育出版)などがある。

テクノロジーで国民の声をダイレクトに政治に反映させたい

シンギュラリティ・ソサエティが掲げるテーマに沿って、テクノロジーと社会の関係について話を進めましょう。「貧富の差と民主主義」「仮想現実と少子高齢化」「サステイナブルな発展」もまた僕の重要な関心事であり、エンジニアのみなさんに広く議論してほしいテーマです。

まずは「貧富の差と民主主義」について。IT革命が進むと、Amazonを見ていても分かるとおり、少数の企業による寡占化が進むということでもあります。Amazonで働く人は裕福だけど、街の小さな書店で働いていた人は職がなくなるので、それが貧富の差として表れてくる。それが今のアメリカの状況ですね。

「1%の人たちがアメリカの半分以上の富を持ち、残りの99%は虐げられている」という事態がまさに起こりつつある。

ところが、民主主義の政治の仕組みは1人1票が基本です。現状に不満を持っている人たちの票の力は強いので、今の社会のあり方を否定するポピュリズムの政治家には、人気が集まります。

中島聡さん


今はまだ貿易戦争を仕掛けるくらいですが、そのうち政治家は極端な政策、例えば戦争を始めるようになるかもしれない。そうなったらたまらないので、それを防止するためにどんな政治システムがいいのか、考えていかなければならないと思います。

僕は今の選挙や議会制民主主義は、現代社会における政治的な意思をまとめるシステムとしては、すでに古くなっていると考えています。年に1回、4年に1回の選挙で投票で選ばれた人が僕らの代弁するのもおかしな話です。

今は一瞬にして全員で国民投票できる時代じゃないですか。例えば、「日本は海外に武器を売る国になっていいのかどうか」という大事なテーマは、選挙で選ばれた人たちだけで決めるのではなく、やっぱり国民全員が直接投票するべきなんです。

テクノロジーを使って、国民の声をダイレクトに政治に反映させる仕組み作り。エストニアなどは電子政府ということで、その実験を進めていますが、それができる国とできない国とでは、これからは差が開いていくような気がします。

若者がネットでしか人と付き合えないと、少子化問題は解決しない

「仮想現実と少子高齢化」は意外な組み合わせに見えるかもしれませんが、人間がネットで過ごす時間が増えることと、少子高齢化がますます進むことは偶然ではないと思います。

今はSNSなどのネット上の付き合いだけで、本名も知らない友達関係って多いじゃないですか。二次元の異性には憧れるけど、リアルな異性には関心を持てないという人も少なくありません。

人間は社交性のある動物なので、誰かと繫がってはいたい。ただ、その欲求を今はSNSやオンラインゲームなどが満たしてくれるから、リアルに人付き合いをする必要が少なくなっているということなのかもしれません。

様々な要素があり、少子化は進んでいるわけですが、この問題はもはや無視できるレベルではない。正解はまだありませんが、例えば人間はなぜオンラインゲームにハマるのかといったことは、もっときちんと大学などで研究すべきテーマですよね。

僕はエンジニアだから、遊んでいると自然にリアルの友達ができて、リアルの友達と会わないといけないようなゲームを作りたいと真剣に考えています。

つまり遊んでいると恋人ができてしまう、そんなゲームですね。「なぜかこのゲームを遊んでいる人の結婚率は高い」とか「このゲームが出てから日本の少子高齢化がストップした」みたいなゲームを作ったら面白いと思っているんです。

中島聡さん


「サステイナブルな発展」のために考えることは、まず発電ですね。再生可能なエネルギーを作る仕組みは、開発する能力を持っている先進国が世界に広げていかなければいけない。

そもそも今の先進国も、かつては森を焼き払って耕作地にしたり、石油を掘り、それで化学製品を作って、地球を汚染してきたわけです。だから、アマゾンの熱帯雨林で焼き畑をする人々を責める資格はない。だからこそ、森を燃やさずに農業をするにはどうしたらいいか。技術的な問題解決のための手伝いをすべきなのです。それをしない限りは、地球温暖化はますます進む一方です。

地球温暖化や温室効果ガスというと、二酸化炭素のことばかり言われますが、実はメタンガスの問題も大きい。メタンを一番排出しているのはやっぱり牛ですね。牛がげっぷやおならとして放出するメタンは、1日160~320リットルにもなるという試算を科学者がしています。

僕は最近ウナギを食べなくなりました。さすがに牛はつらいですけど、でもやっぱり牛もそろそろ食べる量を減らした方がいいかなと。それを一人でやっても仕方ないので、広く啓蒙活動をしていきたいと考えています。

オープンに議論する。プロセスが不透明なのは許せない

テクノロジーをどのように捉えるかについては、いくつかの立場があると思います。テクノロジーは困難を必ず解決するものとオプティミスティックに考えるか、本質的に悲惨な結果をもたらすとペシミスティックに考えるか。あるいはテクノロジー自体は価値中立であり、問題はその使い方や使う側の人間だと捉えるのか。

僕は、テクノロジーはニュートラルなものだと考えています。例えば火を熾すという技術。それがあったからこそ人類は暖を取ることができたし、バイ菌を殺して安全に食べ物を食べることができるようになった。

その一方で、火で家を燃やすこともできるようになった。つまりは、使う人次第で善用も悪用もされる。どんなテクノロジーにも必ず「負の側面がある」ことは理解しておくべきです。そのマイナスをどう可視化して、どう解決するか。そこにこそ科学者やエンジニアの役割があると思うんです。

例えば、スマホのソーシャルゲームを開発する会社。草創期には“ガチャ”に走ったでしょう。ガチャで儲けるのは、ギャンブル的な仕掛けで子供たちから搾取しているということ。あれを自主規制ではなく、なぜ法律で禁止しないのか、僕には全く理解できないんです。

技術革新でスマホでもゲームが遊べるようになった。それはいいんですが、同時に悪い側面が出てきたら、素早くキャッチして、法律などでそれを未然に防ぐようなことをしなければならないと思います。

中島聡さん


僕の話は、時に特定の政府や業界や企業に対して、歯に衣着せずに批判したりもするので、あれこれ言われることもあります。でも、テクノロジーは決して社会や政治と無縁ではありません。

テクノロジーを担う一人のエンジニアとして、自分の意見はきっちり持つべきだし、それを表明することをためらってはいけないという思いが常にあります。アメリカでの暮らしが長かったことも多少は影響しているのかもしれません。

アメリカでは誰かと話をするとき、自分が支持する政党とか、政治的な意見は基本的にオープンですからね。お祝いの席でそれをやるのはタブーですけど、それ以外のところではみな隠さずに意見を開陳して、できるだけ議論するようにしています。

日本では、そういうシーンがあまり見えてこない。国会もそうじゃないですか。政策が決まる過程が見えにくい。オープンに議論して決める前に、もう密室で決まっていて、それが国民の目に止まらない。そういうプロセスが不透明なところが、エンジニアとして許せないんです。