パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

東京オリンピック会場で、中島聡氏が仕掛けるARゲリライベントで沸き上がる!?

学生時代に日本におけるCADソフトの草分け「CANDY」を開発し、マイクロソフトではWindows95などのチーフアーキテクトを経験。その後、日米でベンチャーを起業するなど、筋金入りのソフトウェア技術者・経営者である中島聡氏。単にITの領域に止まらず、テクノロジーと社会の関係について、ブログ、メルマガなどで積極的に発言し続けるオピニオン・リーダーでもある。2018年夏に始めたシンギュラリティ・ソサエティが掲げるテーマに沿いながら、“テクノロジーと私”について語っていただいた。

中島聡さん

Profile

ソフトウェアエンジニア・起業家 中島 聡氏

1960年東京生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科卒業。NTT電気通信研究所を経て、1986年マイクロソフト日本法人に転職。米Microsoft本社に日本人として初めて移籍し、Windows95、Windows98、Internet Explorer 3.0/4.0のチーフアーキテクトを務めた。その後、ソフトウエア開発のUIEvolution(現・Xevo)をアメリカで創業。現在は一般社団法人シンギュラリティ・ソサエティで、AI時代のテクノロジーと社会のあり方を考えるオンラインサロンを主宰。2011年に始めた有料メルマガ「週刊 Life is beautiful」は現在も継続中。著書に『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』(文響社)『結局、人生はアウトプットで決まる』(実務教育出版)などがある。

ガチャは不要。本当に面白いゲームを作りたい

今回は僕がエンジニアとして最近関心を持っていること、いま仕事として夢中になっていることの話をしましょう。前回、僕ならこんなゲームを作りたいという話をしましたが、2019年6月に「コマチゲームズ」という会社を東京に立ち上げ、Googleのクラウドゲームサービス「Stadia」向けのゲームを開発しています。一言でいえば、ガチャに走らないゲームですね(笑)。

ゲームは、日本が世界をリードした文化であると思います。ゲームの面白さや、ゲームでやみつきになる部分の技術開発、日本にはすごくいい知見があるのに、ギャンブルで人から金を奪うような仕掛けに浪費している。そこに忸怩たる思いを感じているエンジニアは少なくないと思います。

だからコマチゲームズでは、ガチャじゃない、「やって楽しい、見て楽しい」ゲームの良さの原点に立ち返るようなゲームを作ります。これからは端末に依存しない形のクラウドゲーミングが増えてきますから、それをYouTubeなどで配信します。

追い風になっているのは、ゲームのeスポーツとしての進化です。eスポーツ向けのゲームトーナメントで子供たちが競い合うというシーンがすでに生まれている。今、子供が将来「サッカー選手になる」と言えば親は喜びますが、「ゲーマーになる」と言ったら渋い顔をされます。そこを変えたいんですよね。

ゲーマーとしてトーナメントでお金を稼いで、親御さんたちに新しい家を買ってあげるみたいな、そんな世の中になってほしいし、僕もそこでビジネスをしたいと思います。

中島聡さん


もう一つ技術的に夢中になっているのは、Googleのモバイルプラットフォームで、mBaaS(mobile backend as a Service)として提供されている「Firebase」ですね。Firebaseを使うとサーバーのインフラとかコストが安くなるし、開発効率がものすごくいいんです。

今までGoogleやAmazonのような企業でしかできなかったことが、実はエンジニア1~2人でもUberのような新しいサービスを立ち上げられる時代になってきた。これを使って、オープンソーススタイルで配車サービスを開発し、日本の地方自治体の老人向けのシャトルサービスに使っていただくみたいなこと。これビジネス抜きでやりたいと考えています。

9月にFirebase Japan User Groupと、僕たちのシンギュラリティ・ソサエティの共催で開催したハッカソン。これが面白かった。例えば印鑑のデジタル化に関するプロダクトを開発した人がいて、これは新たに就任した78歳のIT担当大臣が「印鑑とデジタル化は共存できる」と発言したことに、痛烈な皮肉になっているんです。なかなかユーモアのセンスもある(笑)。日本にも優秀な人がたくさんいるんだなと、嬉しかったですよ。

僕が昔から批判していた日本の大手SIerの中にも、Firebaseの勉強をしている人が増えてきているみたいで、それも嬉しかった。やはり彼らも気が付いているんですね。「このままでいては危ない」と。ぼんやりと大手企業で過ごしていたら、突然外に出ても、もう世の中で通用しなくなっている。絶えずアンテナを張って、新しい技術にチャレンジしなくてはだめなんです。

東京オリンピックは「デジタルおもてなし」の最高のチャンスだった

少し前の技術ですが、アメリカのディズニー・ワールドで使われている「マジックバンド」。手首につけるウェアラブル端末です。これ一つで、パークチケット、ファストパス、ホテルのルームキー、クレジットカードなどの役割を果たす万能アイテムなんですが、この技術開発を僕たちが開発しました。

3種類の電波が使えて、近距離はNFCのように端末にかざしただけでペイメントができる。中距離だと、ユーザーが園内のどこにいるかを把握して、その人に向けたデジタルサイネージのようなことができる。例えばシンデレラのことが好きな女の子が、ある鏡の前にいるとシンデレラが現れて話しかけてくれるんです。

長距離の電波を使うと、待ち行列のラインに何人並んでいるかが分かったりします。それぞれはたいしたことのない技術ですが、それを組み合わせることで、ユーザーの体験を格段に向上させることができる。あれは面白いプロジェクトでした。実は、その技術を来年の東京オリンピックで使いたかったんです。

中島聡さん


例えばマジックバンドでボート競技のチケットを持っている人が、地下鉄駅の構内を歩いていると、そこの掲示板に「ボート会場に行くには、何番線ホームからこの電車に乗ってください」「早く行かないと間に合わいません」というように、多国語で表示する。要はITを使ったデジタルのおもてなしの最高のチャンスだったのに、それを逃しちゃった。もったいないですよね。

技術革新やイノベーションには必ずターニングポイントがある。1995年はインターネットだったし、2000年はモバイルだった。2007年にはiPhoneが登場したタイミング。そのターニングポイントが5年に一度とか、他の技術領域よりも短い頻度でしょっちゅう起こるのが、IT業界の面白いところだと思います。

ソフトウェアの技術者は「ああもうこんなものが出てきたんだな。これを使えば、こんなことができるんだな」と、登場してきた新しい技術を見て、新しいアイデアを思いつく。あるいは複数の技術を組み合わせて、新しいサービスを作ろうと考えられる。本当に幸せな業界だと思うんです。

新しい技術にのめり込み、そしてひたすら手を動かそう

今興味がある技術は、VRとARですね。いろいろ面白いことができそうなので、僕はVRよりARの方に期待しているんです。これも東京オリンピックの話になりますが、国立競技場でARを使ったイベントを仕掛けたら面白いだろうなって。

例えば、オリンピック会場に入って競技が始まるまで、観戦者は待たされるわけですよね。その待っている時間に、スマホのアプリを立ち上げると、バーチャル空間に巨大な何かが見える仕掛けをするんです。

「みんなスマホを掲げて何かやってるけど、なんだろう」と、その輪が広がってくる。もちろん、主催者とは全く関係のない、ゲリラ的なイベントです(笑)。ARだから法律的にも止めようがない。でも、来場者を楽しませるエンタティンメントとしては、最高だと思いませんか。

こうしたテクノロジーの進化の過程を見ていると、楽しくてしょうがないですね。ドローンでもいろいろなことができる。空中だけじゃなくて、陸上でも水中でもいいんですが、手足を持ったコンピューターで何ができるかというと、僕たちはまだその答えを知らない。だからこそワクワクできるんです。

中島聡さん

そのワクワク感は、日本にいてもアメリカにいても関係ない。だから僕はどこで働いているという意識はなく、地球の上で働いているつもり。どこかに面白い人がいれば、ネットワークを繫いで一緒に仕事をしましょうって。

ただ、毎年、日本に来ている理由はやっぱり日本人だから。日本の技術者は仕事環境のせいで、本来の能力を発揮できてないところがある。それを変えるために、時には彼らのそばにいたいと思うからです。

ポテンシャルが発揮できていない人は、たくさんいると思うんですね。そういう方々が何から始めたらいいのか、何をきっかけにしたら日本でも活躍できるのか、世界でも活躍できるような技術者になれるのか。やはり僕が思うのは、新しい面白い技術に熱くなって、何かを実際に作ってみてほしいですね。

アイデアだけとか勉強だけなくて、僕は「こういうものを作りたいからこの技術を使うんだ」と、そのゴールに向かって、まずはプロトタイプからでも作ってみることが、一番大切だと思います。

だからそういう場を、シンギュラリティ・ソサイエティとしても作りたいし、当然メルマガで啓蒙をしたい。エンジニアにはやっぱり手を動かす人になってほしい。評論家ではなくてね。そう願っています。