パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

及川卓也氏が提唱する「Challenge the status quo.」 ─現状を打破するために、まずは常識を疑え

スタートアップから大企業まで、さまざまな企業の事業開発やエンジニア組織再構築などについて、課題解決のためのアドバイスを続ける及川卓也氏。人材の流動性が高く、エンジニアがきちんと評価される社会。エンジニアがその技術で社会的課題を解決し、その結果、たえずイノベーションが誘発されるような社会。日本も早くそうなってほしいという思いは根っからのものだ。及川氏が考える、日本のテクノロジーのこれからとエンジニアの生き方とは──

及川卓也さん

Profile

Tably(テーブリー)株式会社
代表取締役 Technology Enabler 及川 卓也(おいかわ・たくや)氏

早稲田大学理工学部卒業後、DEC、Microsoft、Googleにてソフトウェアを開発。Microsoftでは日本語版と韓国語版Windowsの開発統括を務める。Googleでは9年間にわたり、プロダクトマネージャとエンジニアリングマネージャーを経験。Chrome、Chrome OS、Google日本語入力などを担当。2012年日経ビジネス「次代を創る100人」に選出。その後「Qiita」を運営するIncrementsに入社、プロダクトマネージャーとして従事後、2017年独立。フリーランスの立場から複数の企業の技術・事業アドバイスを行う。2019年1月、Tably株式会社を設立

全ての企業がソフトウェアテクノロジーを軸に動き出している

2019年1月に「Tably」という会社を起業しました。Tablyを立ち上げた背景は、フリーランス時代に様々なサイズの多様な業種の方々とお付き合いすることによって、日本のIT産業やIT企業の課題が改めて見えるようになってきたことがあります。

私が「Microsoftではこうやっていた」「Googleではこうやっていた」と伝えても、日本企業ではそのまま使えないことも多い。だったらどうしようかと考えながら、クライアント企業の人たちと泥くさい作業を重ねていたら、ノウハウが結構たまってきたんですね。

そこで、「私はこういうことができます」「御社の課題に関しては、こういう形で解決されたらいかがでしょう」と、もう少しプロアクティブに動き出そうと思ったんです。

及川卓也さん

Tablyは様々な企業と組みながら、テクノロジーによる課題解決と価値創造を目指すということをミッションに掲げています。フリーランス時代から続いているものも含めて、いま技術顧問や技術アドバイザーとしてお手伝いしている企業は複数あります。その一つが、デンソーです。

デンソーは世界最大級のサプライヤーであり、日本の自動車産業においても大きな存在です。今自動車の世界ではソフトウェア開発が極めて重要になっていますが、EV化や自動運転が進み、これまでの組込み系だけでなく、コネクテッドと呼ばれる領域が重視されるようになってきました。その領域におけるプロダクト開発、人材育成、組織構築に関して意見を述べるようにしています。

これまで、IT企業とものづくり系企業は別業界だという認識があったと思いますが、これからは全ての業種・業態がソフトウェアというテクノロジーを軸に動くようになるだろうと私は考えています。当然、それぞれの事業の進め方は違いますし、勝手にラベリングして、「わが社はAmazonのようにはなれない」「あの会社はテック企業だから」と特別視した時点で、思考が止まってしまうと思うんですね。

仕様ではなく、ユーザーの課題を解決するためにコードを書く

こうしたテクノロジー、あるいはソフトウェアの重要性というものを肌身で感じるのは、MicrosoftとGoogleでの経験があるからです。Microsoftでは人々の暮らしにテクノロジーが溶け込んでいくことを実感しました。ソフトウェアが価値を生む時代になり、多くの優秀な人材がこの領域に集まるのをひしひしと感じました。

また、Googleはクラウドを通じて価値を提供する企業で、全ての産業がサービス産業化するさきがけとなった1社でしょう。技術開発を通してプラットフォームを構築し、それをユーザーに使い続けてもらい、その中から何らかの手段で収益を上げるという考え方。これが今のインターネットビジネスの本流ですが、そこに最初から取り組んできた企業でした。

実は、Web業界に入るまでは「マネタイズする」という言葉を聞いたことがありませんでした。「マネタイズする」というのはつまり「売って終わり」ではなく、使い始めてもらい、さらに継続してもらうことがビジネスの起点になっているということです。

そのためにはユーザーを徹底的に理解することが不可欠でした。こうしたこと普通はプロダクト・マネージャーが考えるものですが、Web業界では開発にかかわる人々全員がそれを意識しなくてはならなかったのです。

例えば「自分はプログラマです、ソフトエンジニアです。だから誰かが決めてくれた規格や仕様に従ってあとは設計実装するだけです」ではなく、たとえ設計実装と呼ばれるフェーズであったとしても、常にユーザーが誰であり、これはどういうような課題を解決するのか。今書いているこのコードの書き方は、それに適しているのかどうか。というようなことを絶えず考える必要があるのです。

及川卓也さん

シリコンバレーを代表するようなグローバルなWeb企業も、当初は明示的には言ってなかったと思うのですが、エンジニアが全世界に分散しながら、オープンソース的な開発手法を、自分たちのソフトウェアの開発にも当てはめているところがありました。これをやるためには、今でいうCI/CD(継続的インテグレーション/デリバリー)が必須になってくるわけですね。

また、テストの自動化についても早くから取り組んでいました。開発者全員が共有するレポジトリがあって、そこでビルドされた機能が自動化テストで常に確認され、絶えず動くものが手元にあるという環境が整っていました。

今でこそCI/CD、テスト自動化は当たり前になっていますが、まだそんなにはポピュラーじゃなかった頃でも、そういった会社は普通にそうした環境をCI/CDなんて呼ばずに、社内の中に実装していたのです。そうした機能のいくつかが、ここ数年オープンソースという形態などを取って、誰もが使えるサービスとして世の中に出てきているようになってきているわけです

エンジニアの「自信過剰」がテクノロジーを進化させる

クラウドを主体とするものづくりは、開発手法の革新ももたらしました。パッケージソフトウェアでは、一旦リリースすると簡単に修正できないので、ウォーターフォール的なモデルを高度に進化させた形で開発しなければなりません。

これはこれで現実的で素晴らしいものなんですが、容易に工程を後戻りさせることができず、どうしてもリリースとリリースの間に時間がかかるんですね。

社会が複雑化し、ニーズが多様化する中で、何が正解がわからない状態になっている時に、いくらきちっとしたリサーチを行ったとしても、出してみるまでは本当に使ってもらえるかどうかはわからない。Webアプリケーションというのは、いわば出してナンボの世界なんですね。

出した後にそれを検証しながら育てていくというやり方、今で言うグロースハック、DevOps、あるいはAgileと考え方は一緒。それを当初から取り入れているところがあったと思います。昔から、リリース(release)ではなく、“Launch and Iterate“(ローンチして反復せよ)が大切であるという言葉もありますが、私は今もその考え方は理にかなっていると思うし、とても好きな言葉です。

及川卓也さん

シリコンバレーの会社で成功しているところはみな同じように考えていたと思います。そもそもシリコンバレーのIT企業には、新しい技術を取り入れても「もしかしたらもっといいやり方があるのではないか」、「もっと改良できるのではないか」、つまり「常識を疑う」という風土があります。

「challenge the status quo(現状打破)」がむしろ当たり前なんです。データセンターを構築するにしても、外のコンピュータベンダーから買ってきてラックに入れたりせずに、一から自分たちでハードを組み上げるようなことをしていました。「自分たちだったらもっと良い設計ができるんじゃないか」ということを考えてのことです。ある意味、ものすごい自信過剰ではありますね(笑)。

もちろん、「もっと自分たちでいいものが作れるんじゃないか」というのは、あくまでも仮説に過ぎないので、仮説検証をした結果、当たり前の結果に落ち着くこともたくさんありました。しかし、いったんそのように自分の思考を経てみるということが、すごく大事だと思いますね。

これはシリコンバレー企業に限らず、すべてのエンジニアに求められる思考態度だと思います。日本でも、CTO自ら秋葉原で部品を集めて、機械学習用の基盤となるハードウェアを組み上げたという話もあります。

シリコンバレーでは、ついこの前までAppleにいたのに今はUberだ、いやFacebookに移った、みたいなことが当たり前に起こります。シリコンバレー自体が一つの大きな会社で、その中にそれぞれの企業が支社みたいに存在しているという感覚でしょうか。日本でもネット系スタートアップ界隈では一部そのような感じのところもあるように感じています。

結局、どこにいても評価されるのはエンジニアとしての自分自身。個人の名前が大切なんです。組織への帰属意識が希薄化して、それに代わって個人が尊重される。そういうのも技術者が活躍する社会のあり方の一つではないかなと思っているんです。

#02 エンジニアは技術とコミュニティで社会課題を解決できる──及川卓也氏が考える「テクノロジーのこれから」