パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

ファッションとブロックチェーン、5Gはどう繋がっていくか──Olgaさんが語るファッションテック進化論

イベント会場で観客がハイタッチすると光る服、アイロン接着できる電子回路を使った暖かくなるパーカー、導電性接着剤を布地に散りばめ、LED光が粉雪のように舞い落ちるキモノ、etc.。服はもちろん部屋中のファブリックに仕込まれた布スピーカーがサウンドを奏でる体験など、数々の作品・商品群でファッション表現とビジネスの可能性を切り拓いてきたデザイナーのOlga(オルガ)さん。ブロックチェーンや5Gなど、ファッションに新しい価値を吹き込む最先端のファッションテックについて語ってもらった。

Olga(オルガ)さん

Profile

ファッションテック デザイナー デジタルハリウッド大学大学院 助教 Olga(オルガ)さん

国内の大学でファッション・デザインを専攻した後、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションの大学院でファッションとテクノロジーの関係性を独自に学び、3Dモデリングから洋服をデザインするという発想と技術を深めた。帰国後、アパレルブランド「Etw.Vonneguet」を立ち上げ、デジタルツールを駆使した新しい服づくりへの挑戦を開始。渋谷パルコや伊勢丹をはじめとする国内百貨店への出店や東京コレクションへの参加経験もある。2017年3月デジタルハリウッド大学大学院デジタルコンテンツ研究科を修了。同年4月より、同助教に就任。2018年4月より、同大学院のFashion Tech Labを主宰。ファッションテックで「未来を、世界を、かっこよくしたい」というのが長年の理念。

サスティナブルなファッション流通は可能か

現在は、ファッションテックやデザインエンジニアリングに特化したデザイン会社「ish」を経営しています。ここでは、ファッションテックを活用してデザインするファッションブランド「Etw.Vonneguet(エトヴァス ボネゲ)」の企画制作をする傍ら、面白い技術や素材を使ってウェアラブルデバイスのデザインを受託したり、技術開発の支援をしたりしています。

また、イベントコーディネートやキャスティング、デザインワークショップの開催もしています。ウェアラブルデバイスの開発では、ソニーやサイバーダインさんと協業しています。

ただ、「Etw.Vonneguet」ブランドの小売は、2020年初めに現在休止を決定しました。これまでのファッション流通のあり方に少し疑問を感じるようになったからです。ファッションの流通というのは、必ずしもサスティナブルとは言えない、ということにみんな少しずつ気づいています。

例えば、在庫が余れば、廃棄されるか、安売りセールに出すしかない。安売りすれば原価割れを起こし、その負担はブランドか下請けの工場が受忍せざるをえない。けっして健康な世界じゃないけれど、それが当たり前のようにずっと続いてきました。

Olga(オルガ)さん

でも今は、できる限り、在庫過多にならないように、在庫廃棄をしないようにと、ファッション流通の世界も少しずつ変わってきています。そうしたサスティナビリティへの意識が高まることで、VR空間上でのファッション販売などは今後活性化するだろうと思います。

あるいは小売のシーンでも、展示はするけれど販売はせず、実際の商品化はクラウドファンディングで行うとか、そういう形態の面白い取り組みも始まっています。

私が2019年秋にキュレーションした「Fashion tech week」のイベント会場になった二子玉川の「蔦屋家電+」では、日本初のショールーム型店舗を実現しました。これは、これからのファッション流通にも一石を投じるものだと思います。

デジタルハリウッドで教えていること、学ぶこと

そんな活動の中、ありがたいことに2017年からは、デジタルハリウッド大学院の助教として、教壇に立たせてもらっています。

こうなったのも、デジタルハリウッド大学の杉山知之学長との出会いがきっかけでした。ある人の紹介で杉山研究会の講義を聴いて、面白い人だなと思って、デジハリの大学院に通うことにしました。

杉山先生は、渋谷パルコにお店を出したり、東京コレクションに出品したりしても、テクノロジーを活用している側面はあまり評価されないで、悶々としている頃に、実は作品を見て下さっていたんですね。

デジハリの大学院を修了する前に、杉山先生が「助教にならないか」と言って下さいました。それで助教として、学部のほうでは「超ファッション進化論」という講義を、院のほうでは「Fashion Tech Lab」というラボを主宰することになりました。

デジタル界の人材発掘では定評のある杉山先生、私も引き上げていただいた。その目利き力がいまなお健在であることを証明するためには、私はもっと活躍しなくてはなりません(笑)。

Olga(オルガ)さん

今の10代の学生は、私よりも感覚が鋭くて、私よりも正しいセンスをもっているはず。だからこそ、その何倍も超えたことを話さないと、教えることにはならない。だから「超ファッション進化論」では、ファッションの歴史など過去の話を授業の中心には置いてません。彼らがまだ気づいていないこと、例えばファッションとブロックチェーンとか、ファッションと5Gとかの関係性などについて話をします。

しばらくすると「個人情報銀行」というのができると思うんです。ファッションについても、これまで購入した服とか自分の嗜好性とかネットに上げて、AIをからめて、自分はなぜこの服が好きなのか、自分なりのカッコよさとか、可愛さという感覚を可視化することができるようになります。

人はデータの改ざんなどしないものだと性善説を前提にすれば、ブロックチェーンなんて必要ないけれど、そういうわけにはいかない。だから個人情報をブロックチェーン上において、それを守りながら、自分では明確に自覚していなかった自分のファッション感覚を磨くような時代になる——そんな話を学生たちにはします。ほとんどの学生は「まじですか」という顔をしながら聞いていますけれどね(笑)。

私が話すのはやんわりとしたフレームワークの話なんですが、それをベースに学生たちに様々なユースケースを考えてもらう。きっと彼らが社会に出て会社に入る頃には、会社でもブロックチェーンを担う事業部がたくさんできているはず。その就職面接で、学生時代に考えてきたブロックチェーンの活用法などを話せたらすごいじゃないですか。そんな思いも授業には込めています。

ファッションとブロックチェーンを結び付ける技術の開発はどんどん進んでいます。デジハリにいると、それを開発している面白いエンジニアともつながりが生まれます。例えば2019年の夏には落合陽一先生が開いた「せとうちサマースクール」に参加して、教育のブロックチェーンを開発しているエンジニアといろんな話をさせてもらいました。

教育系YouTuberとして、ファッションテックの世界を広めたい

大学院でやっている「ファッションテックラボ(FTL)」は一種の産学協同の場でもあるので、様々な分野のテクロノジストやエンジニアを招いてディスカッションしています。

Olga(オルガ)さん

例えば、耳を塞がず音を楽しむイヤホンambieを開発したソニーのエンジニアであり、ファウンダーの三原くんとかですね。こういう外部の方との議論は、授業の中だけでなく、YouTubeチャンネルでも公開しています。

私はアカデミズムばりばりの人間というよりは、本来は起業家なので、ビジネスの世界で知り合った人や技術をどう学生たちに伝えるかということへの関心が強いんです。いずれ学校教育も、YouTubeなどで発信されるオンラインの教育コンテンツを見たこともブロックチェーン上に履歴として残せ、それが単位になったりする時代になるはずです。

ただ、現状はそれを担う教育系のYouTuberが圧倒的に少ない。だから私がその先駆けとしてYouTubeで発信しようという目論見もあるんです。


ー A ー C ー T ー  ぼくらの、いいね!が見える服

YouTubeチャンネルで発信していると、私にとってはいいことしか起こらない。例えば私の自己紹介をしようと思ったら、YouTubeのリンクを送るんです。職務経歴書を送るより、はるかに深く私のことを知ってもらえる。私のコンテンツだけでなく、関連の動画も閲覧してもらえば、私のバックグラウンドをより深く理解してもらえる可能性もあります。