パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

誰も認めてくれないから諦めるのは、チャレンジャーではない──Olgaさんが実現したいファッションテックの未来

最新のテクノロジーをファッションの文脈で再考し、ファッションに新しい価値を吹き込むファッションテック。その領域で最前線を走り続けるデザイナーのOlga(オルガ)さん。
ハイタッチすると光る服、LED光が粉雪のように舞い落ちるキモノ、布スピーカーがサウンドを奏でる体験など、数々の作品・商品群でファッション表現とビジネスの可能性を切り拓いてきた。ファッションテックの未来について、語ってもらった。

Olga(オルガ)さん

Profile

ファッションテック デザイナー デジタルハリウッド大学大学院 助教 Olga(オルガ)さん

国内の大学でファッション・デザインを専攻した後、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションの大学院でファッションとテクノロジーの関係性を独自に学び、3Dモデリングから洋服をデザインするという発想と技術を深めた。帰国後、アパレルブランド「Etw.Vonneguet」を立ち上げ、デジタルツールを駆使した新しい服づくりへの挑戦を開始。渋谷パルコや伊勢丹をはじめとする国内百貨店への出店や東京コレクションへの参加経験もある。2017年3月デジタルハリウッド大学大学院デジタルコンテンツ研究科を修了。同年4月より、同助教に就任。2018年4月より、同大学院のFashion Tech Labを主宰。ファッションテックで「未来を、世界を、かっこよくしたい」というのが長年の理念。

ファッションテックはまだ「魔法」の世界を抜け出ていない

いまあらためてファッションテックが世の中にとってどんな価値をもたらしてきたかと考えると、まだまだ「魔法」の域を超えていないという感じがします。小説の中の面白い一節に過ぎない。面白いから読んでいるけれど、それが人々には社会的現実としては意識されていない。言葉を変えれば、ファッションテックまだ「民主化」されてはいない、という感じがします。

例えば、2001年以前に、電車に乗るときにいちいち切符を買わずに、デバイスをワンタッチするだけで改札口を通れるような社会を描写するSF小説があったら、みんな「へえ、こんな未来が来るんだ」と思って、面白く読んだと思うんです。

でも、Suicaが当たり前になった今は、Suicaの話を書いても誰も読まないでしょう。つまりSuicaはすっかり民主化してしまっているから、誰もが当たり前だと思って、ワクワクはしない。でも、ファッションテックはまだその前段階。現実のものとして思えないから「魔法」なんです。

Olga(オルガ)さん
もちろん、テクノロジーと社会の変化は速いから、ファッションテックの魔法もあっという間に解けて、現実のもの、民主化されたものとして普及するのかもしれません。すでにGoogleは洋服をウェアラブルディバスにするプロジェクト「ジャカード」を始めています。

導電性の糸と、衣類にも縫い込める超小型電子部品を使って、洋服をウェアラブルデバイス化しようという構想ですね。いずれ、もっと安価で、一般の人でも気軽に買えるアイテムとして、着ているだけで身体データが全て記録できるスポーツウェアなどが登場してくるだろうと思います。

ちなみにグーグルジャカードは、繊細な導電子を繊維の中に織り込むには、日本の繊維産業がもつノウハウが不可欠ということで、岡山のデニム工場がプロジェクトに協力していると聞いています。

私は、ファッションの領域で起こる新しいことは何でも好きなんです。だからファッション・マテリアルの進化も常にウォッチしていますね。例えば、合成クモ糸繊維「QMONOS」の量産化に成功した山形県鶴岡市にある「スパイバー」という会社。慶應大学でクモの糸を研究されていた関山和秀先生が、スピンアウトして設立した会社です。

The North Faceブランドをもつゴールドウィンが2015年に出資してから、ますます面白いことが起きています。「ブリュード・プロテイン」というスパイバー独自の発酵プロセスによって製造された構造タンパク質素材を使って、The North Faceは「ムーン・パーカ」というアウトドアジャケットを2019年12月に発表しました。15万円もするけれど、着てみたいですね。

こうしてファッションテックは常に進化しているんですけれど、そのリーダーシップを握るのが必ずしもファッション企業ではないことが、少し残念です。ただ、これからの電気自動車を作るのは、必ずしも旧来の自動車会社ではないということもたしか。いろんな領域から、いろんな企業やスタートアップが参加して、面白いことが起こっていくんだろうと思いますね。

Olga(オルガ)さん

思うに、ファッション産業が旧態依然のままだったら、けっしてZOZOスーツは生まれなかったんじゃないかと。ZOZOの前澤友作さんには、日本に帰国してすぐにお会いする機会がありました。どこからか、ファッションとテックをやろうとしている若いデザイナーがいると聞いたんでしょうね。それで会いたいと言われ、プレゼンをさせてもらったりしました。

その頃から、前澤さんはテクノロジーに強い関心をもたれていて、私もファッションテックの領域をファッション界で盛り上げるのは、この人しかいないだろうと思いました。ZOZOスーツを配ったのも、新しいテクノロジーを一気に民主化するため。結果はともあれ正しい戦略だったと思います。日本のファッション業界が以前よりも面白くなったのは、前澤さんがいたからです。

「奇跡のリンゴ」を生み出した、けっして諦めない精神

ファッションテックが好きすぎて、テクノロジーの進化にワクワクしながら、ファッション業界の表も裏にも入り込みつつ、この10数年を過ごしてきました。幸いにも、ファッションとテクノロジーに強いヤツという立ち位置で、幅広く仕事をさせていただいています。

ただ、ファッションテックについては私よりも先に、その重要性や可能性を指摘した先人がいます。その方はもうお亡くなりになっていて、私は知人からその方のお話を聞いただけで、実際にお会いしたことはないんですが、いわばその人の遺志を継ぐような形でファッションテックという新しい領域を切り拓こうと今も努力しています。

これから就職しようという子や、若いエンジニアとか、「新しいことをやってみたいけれど、誰もやっていないから怖い」と思う若い子は多いと思うんですね。そういう子たちには、デジタルハリウッドの授業でもよく言うんですが、「自分がワクワクするのだったら、たとえ誰も認めてくれなくても、諦めずに食らいつけ」って。

Olga(オルガ)さん

無農薬リンゴの栽培は不可能と言われていた時代に、10年以上もそれに取り組んで成功した、青森の農家さんの話で『奇跡のリンゴ』というのがありますが、その本を読んで、ものすごくわかるんです。とても他人事とは思えない。

誰も認めてくれないから諦めるというのは、チャレンジャーじゃないし、チャレンジするためには、とんでもなく生命力が強くないとダメなんだって。

テクノロジーでファッション業界を掻き回す“アバンギャルド”でありたい

以前、デジハリの杉山学長と対談していた時、「反乱軍」という言葉が会話の中に出てきていて。自分たちは既存の権威とか常識とか規制とかと闘う反乱軍だなって。テクノロジーと初めて出会った時、私は「あらゆる固定概念がひっくり返る」と思ったものですが、反乱軍という言葉はあのワクワク感に通じるものがありますね。

そもそも私がファッションの世界が好きなのは、守旧派に対してアバンギャルド(前衛)たちが闘いを挑んできた歴史があるからかもしれないですね。

日本でも川久保玲さんの「コム・デ・ギャルソン」などはまさにアバンギャルドでしたからね。今のアバンギャルドはまさにテクノロジーなんです。だから私は、これからもテクノロジーという鎧を身につけて雄叫びを挙げる前衛であり続けたいですね。

もちろん、どんなゲームも、百戦錬磨のラスボスみたいな存在がいるんですよ。それと闘いつつ、いずれは一緒に手を組むことができれば成功です。そう考えると、下手なロールプレイングゲームよりよほど面白いなど思います、ファッションテックの世界は。

Olga(オルガ)さん

そうでなくても、いまファッションテックの世界はインフラ周りでは戦国時代を迎えようとしています。ECはひとり勝ちの傾向があるけれど、スタイリング提案やマーケティングにはまだまだスキマがあって、そこにAIなどのテクノロジーを活用する動きがものすごいスピードで進んでいる。だからますます面白くなりそうなんです。

私自身はデザイナーで、エンジニアではありません。エンジニアには私ができないことがたくさんできるから、とてもリスペクトしています。その一方で、私はウェディングドレスからタキシードまで洋服なら何でも作れます。

外からみたらすごいねと言われるけれど、私たちの業界では当たり前のことなんです。だから、何か新しいプロジェクトを始めるんだったら、職種や適性が異なる人たちがお互いできることを補えばいい。お互いがリスペクトできる関係が作れれば、いいコラボができるんです。

ただ、そういう異能の人材とどうやって知り合うかというのが課題ではありますね。エンジニアのみなさんには、そういう意味でどんどん情報を発信してほしい。プレゼンが下手でも、営業ができなくても構わない。でも、俺にはこれができるということをもっとアピールしてほしいですね。

ブログでも飲み会の場でもいいから、そんな話ができたら、「じゃ、今度一緒にやろうよ」ということになるじゃないですか。そういうコミュニケーションが私は大好きです。エンジニアの皆さんにはこれからもお世話になると思うので、この場を借りて「今後ともよろしく!」と挨拶をさせてください。