パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

エンジニアは、いつもの同じメンツと飲みに行くのをやめなさい──澤円が情報発信にこだわる理由

年間200回以上のプレゼンテーションを行い、プレゼンのスペシャリストとして知られる澤円氏。プレゼンテーション・アドバイザーとして活躍し、琉球大学客員教授やベンチャー企業の顧問も務めている。澤氏が若い頃に体験した“テクノロジーの渦”とは何か。その出会いから、プレゼンの神と呼ばれるまでのキャリアの軌跡を辿りながら、エンジニアが輝く世界に向けて澤氏渾身のメッセージとは——。

澤円氏

Profile

プレゼンテーション・アドバイザー、圓窓代表 澤 円(さわ・まどか)氏

大手外資系IT企業 テクノロジーセンター センター長。立教大学経済学部卒。生命保険のIT子会社勤務を経て、1997年より、現職。情報共有系コンサルタントを経てプリセールスSEへ。競合対策専門営業チームマネージャ、ポータル&コラボレーショングループマネージャ、クラウドプラットフォーム営業本部本部長などを歴任。著書に「外資系エリートのシンプルな伝え方」「マイクロソフト伝説マネジャーの世界No.1プレゼン術」。

バズワードに流されないために、自分の頭で考える

僕はテクノロジーを売る仕事をしているわけですが、そこで最も大切にしているのは、「この技術すごいでしょ、いま使わないと損ですよ」ということは絶対に言わないこと。

つまり、テクノロジーの押しつけではなく、あくまでもユーザーのニーズありき。ユーザーの課題解決のためにこそ、テクノロジーはあるのです。

とはいえ、ユーザーのデマンドは、最初は抽象的で、なかなか言語化されていないことが多い。そこをお手伝いするのが僕の仕事です。ニーズの本質をつかみ取り、それを言語化するお手伝いのところから入っていくと、結果的に質の高いシステムができ上がります。

ユーザー側の問題は実はもう一つあります。それはバズワード、流行り言葉に流されてしまうということ。僕自身がこれまで「インターネットだ」「分散コンピューティングだ」「ダウンサイジングだ」「グループウェアだ」などと、バズワードを振りまきながらキャリアを築いてきました。

澤円氏


だからこそ忸怩たるものがちょっとあるんですが、バズワードに振り回されるお客さんの姿をたくさん見てきたのは事実です。

例えば、グループウェア。その本質は、形式化・定型化こそされていないけど、ヒントやアイデアの宝庫でもある社内情報を、定型化することで共有し、それを組織知に育てていくというものです。

ところが日本ではそもそも情報を定型化する前に、自由闊達に社内で意見を言い合う文化がない。でも、グループウェアが流行っているから、うちでも導入したいという企業が多い。

結局、日本でグループウェアというと、ワークフローを単に電子化したものにすぎない、ということになってしまいました。つまり紙の稟議書の代わりですね。グループウェアの本質がすっぽり抜けてしまっているんです。

もちろん、グループウェアを提案・導入する側、例えばベンダーやSIerにも問題は多いですよ。お客さんに言われたから導入しますというだけで、自分の頭でものを考えようとしない。ゼネコンのような多重構造の中で、言われたままに仕事をしている。面倒なことは下に丸投げ。だから、コードが書けないエンジニアも生まれてしまうわけです。

これでは、構造的にSIerはいつまでも儲からないことになります。そのことは、僕は何度もSIerの人たちに言ってきました。「もっと儲かる仕事をしましょうよ。自分たちで技術を開発し、事業を起こし、きちっとマネタイズできるビジネスに転換しましょうよ」と。

日本ではITエンジニアの8割が、SIer業界で仕事をしているんですから、その構造を変えていかない限り、エンジニアは救われないんです。

エンジニアに必要な情報発信。イベントは開催側に回ると面白い

まずは日本のエンジニア一人ひとりが仕事の仕方を変えていく必要があります。仕事は与えられるものである、という発想からの脱却です。自分の仕事は自分で探さなくちゃだめです。

そのためには、もっと他流試合をこなし、自分をアウトプットする機会を増やさなければいけない。今日明日からできることでいえば、仕事が終わった後に、いつもの同じメンツと飲みに行くのをやめなさい。昨日のテレビの話ばかりで盛り上がって、ストレス解消だというのをやめなさい。

その代わり夜は勉強会に行きなさい。テクノロジーイベントに顔を出しなさい——僕はそう言いたい。

イベントも、それを黙って聞いているだけというのは第一段階。次は、大勢の聴衆がいる前で登壇者に質問してみてください。それができたら、今度はイベントの開催側に回ってほしい。一番いいのはそのイベントで自らが登壇することです。

澤円氏


なぜ開催側に回って“中の人”になるのがいいのかというと、登壇者も含めたイベント関係者の本音や裏側の事情、つまり“楽屋トーク”が聞けるからです。ステージで話されるのは、参加者の多くが理解できるように、わかりやすい上澄みの話が中心になりがちです。

そこでは聞けない楽屋話には含蓄があり、エンジニアを刺激してくれるはずです。キーノートスピーチをするような業界の偉い人も、実は普通の人だったということがわかるのも、楽屋ならではです(笑)。

つまりは、エンジニアは情報を発信する側に回らなければいけないということ。アウトプットしなければ誰もあなたのことに気づいてはくれない。情報発信するのには、何の資格も必要ありません。

経験の少ない若手だって、「この技術なら詳しい!」という自信を持っている人が必ずいるはず。それをアウトプットすることで、自分はもっと勉強しなくちゃいけないということに気づけるし、よい刺激を与えてくれる仲間と巡り会うこともできます。

テクノロジーは、それを使った人がハッピーになることが絶対条件

僕は最新のテクノロジーと、それがどう使われ、どのように人と社会が変わっていくのかに相変わらず興味があります。ひとつはAIの進化ですね。AIによって人間が手作業でやっていたことが、相当楽になることはたしか。人間は単純作業から解放され、違うことを生み出す時間を得ることができるようになります。

むろん単純作業が好きだという人がいてもいいんです。ただ、確実にこうした作業は機械に取って替わられ、その仕事は淘汰されていきます。自分の仕事はAIなんかに取って替わられないぞ、と安心している人も要注意。より高度な作業、例えば、画像認識技術はいまや人間よりAIのほうが優れています。

問題は人間の仕事のどの部分をAIに移譲するのかということ。あるいは、AIで奪われる仕事にいま就いている人の次のキャリアステップをどう考えていくかも、これからは重要になりますね。そもそも、テクノロジーは、それを使った人がハッピーになることが絶対条件。そうした条件をデザインするのは僕たち人間の仕事です。

人間はどうしたら幸せになるのか。僕は、「ありたい自分でいる時間」をたくさん持っている人の方が、そうでない人よりは確実に幸せだと、シンプルに考えています。仕事をしていても、辛いだけだったり、何も感じないような状態が長く続くと確実に人は不幸になります。

澤円氏


逆に、人と人の触れ合い、そこで発生する感情、その場に行かないと味わえない空気感とかは、AIがいくら進化したとしても、人間には残されているし、残さなければならない大切なものです。

だったら、その不幸な時間を減らし、ハッピーな時間を増やすために、人間が人間的な時間をより多く持てるようにするためにこそ、テクノロジーを使えばいいじゃないですか。

満員電車に乗るのが好きだという人は、日本のサラリーマンの中にはほぼいないと思います。それなのにあの苦行を毎朝繰り返す。なぜなんでしょうね。誰だって満員電車に乗らずに仕事をしたい。

だったら在宅勤務をすればいい。コミュニケーションの手段には、Microsoft TeamsやZOOM、Slackなど、いいツールがたくさんあるんですから。

こういうツールを使わない理由を挙げる人は多いけれど、それって単に自分が面倒くさいだけですよね。そうして結果的に毎日苦行を続ける。苦行を重ねることが人の成長を促す、なんてバカな考え方が日本にはまだあるようですが、満員電車で成長する人間なんているものですか。

テクノロジーは常に人間の苦行を楽にするために発明され、使われてきました。それを作るのがエンジニアの仕事です。エンジニアがまず苦行から解放されること、そして楽しい時間を持つことの素晴らしさを人に伝えていく、それが大切だと思います。