パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

世界最高齢プログラマ若宮正子さん──82歳でアプリを開発したら、強烈な追い風で場外ホームランに

58歳でパソコンに触れ、82歳でiPhoneアプリを開発。Appleのティム・クックCEOから「世界最高齢プログラマ」として賞賛された若宮正子さん。今も国内外を飛び回り、高齢者のデジタル社会参加をテーマに精力的に活動を続けている。インタビューは、2019年の夏にエストニア共和国で触れた電子政府の話からスタート。若宮さんの飽くことなき好奇心と行動力の泉、そこからあふれ出るさまざまな気づきに引き込まれた。

若宮正子さん

Profile

若宮 正子さん

1935年生まれ。東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)卒業後、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)で定年まで勤める。退職後にパソコン通信を始め、知己を増やす。Microsoft Excelの罫線機能とセルの塗りつぶし機能を用いて作成する「エクセルアート」を考案し、マイクロソフトから「エクセルの新しい使い方」という評価を受けた。2014年に「TEDxTokyo」に登壇。高齢者向けアプリ「hinadan」開発をきっかけに、2017年のApple WWDCに招かれ、ティム・クックCEOから「世界最高齢のアプリ開発者」と紹介された。2018年の国連総会で高齢化社会とデジタル技術の活用をテーマに基調講演。内閣府主催の「人生100年時代構想会議」に最年長メンバーとして参加。電子掲示板「メロウ倶楽部」副会長、NPOブロードバンドスクール協会理事などを務める。(2020年1月22日現在)

自分流「ゴーイング・マイウェイ」で学んだITスキル

エストニアでの齋藤・Alex・鋼太さんと共同で行ったエストニアのシニア向けのアンケートで、「どうやってITリテラシーを獲得したのですか?」という質問をしました。

家族から教わったという人も多いんですが、一番多かったのはバイマイセルフ、独学なんですよ。しかも、自分流にゴーイング・マイウェイで学んでいる。これは私と同じだなあと思って嬉しくなりました。

私は1935年(昭和10年)の生まれ。敗戦後に新制中学校に入学、高校は東京教育大付属(現・筑波大付属高校)で、そこでは自由な考え方を尊重してくれる校風に馴染みました。高校を卒業すると、すぐに三菱銀行に就職します。

押し寄せるオフィス・オートメーション化の波をかいくぐりながら、外回りの営業や企画部門、マーケティング調査の部門などで仕事をしました。1986年に男女雇用機会均等法が施行されるんですが、私は銀行の後押しもあって、社内試験を受けて初めての女性管理職になり、最終的には関連会社で副部長を務めます。

もともと意味がないと思うことまできっちり守って行動するのが苦手なタイプ。お堅いイメージのある銀行もよく定年まで勤め上げたなと自分でも思います。だからこそ、定年後は好きなことを思い切りやろうと心に決めていました。その一つがパソコンでした。

若宮正子さん


老いた母親の介護もしなければなりませんでしたから、しょっちゅう外に遊びに行くわけにもいかない。でも、介護だけだと自分の世界が狭くなってしまう。そんな時に、パソコン通信というものがあって、ネット上でいろいろな人と会話を楽しめると聞いて、そのツールとしてパソコンを購入したんです。

あのピーピーガアガアいうモデムにパソコンを繫いで、ニフティサーブに入会しました。まずは「メロウ・フォーラム」。パソコン通信上のバーチャルな老人クラブですね。ともかく、個性的な面々が集まっていて、私は時間を忘れるほどそこにのめり込みます。

他にもニフティでは、たくさんの会議室に顔を出していました。「自分のプリンターを買ったけど、思うように動かない」とプリンターの部屋で聞いたら、「君ね、僕の言うことを聞いて、言う通りにすればサクサク動くよ」と教えてくれたのは中学生の男の子。

その通りにやったら動いたんですよ。その子は私を自分より年下だと思っていたみたい。ハンドルネームだけではわかりませんからね。だから夢を壊しちゃいけないと思って「ありがとう!お兄ちゃん」って返してあげたりしました(笑)。

メロウ・フォーラムは、今はパソコン通信からWebに場所を移して、「メロウ倶楽部」となり、私はその副会長をしています。そのバリバリの理系の会長と、私のようなアバウト人間が二人三脚のちょうどいい感じでクラブの運営をしています。

きちんとネット上で理事会を開いて、総会も開催するんですよ。車いす生活の人も、車いすから一歩降りずに、コミュニティのサービスが受けられて、会議や投票にも参加できる。これを20年前からできるようにしている。エストニアの電子政府はやっとそれに追いついたわけです(笑)。

遠隔指導、Swift活用で高齢者が楽しめるスマホゲームを開発

私は「ブロードバンドスクール協会」という、ICTを使った学習活動や地域活性化を促進するNPOのボランティア団体でも、長く理事をやらせていただいています。

そそこでは、高齢者のスマートフォン活用のサポートもやっているんですが、その一環として81歳の時に開発したのが、iPhoneアプリの「hinadan(ひな壇)」でした。

高齢者って指が乾いているから、スマートフォンの画面をスワイプやスライドをしても、なかなか機械が反応しないんですね。だから電話に出ようと思っても出られないという問題があったりする。なにより、高齢者が積極的に使いたくなるアプリが少ない。特にゲームアプリなんて皆無という話を聞いて、じゃ、私が作っちゃおうかなと。

若宮正子さん


仙台市でIT企業「テセラクト」を起ち上げてる小泉勝志郎さんという方が、「分からないことあったら、僕がいつでも教えますよ」と言ってくださって。ただ、その方が遠隔地にお住まいだったのでそれでSkypeやMessenger、のファイル共有などを使って、遠隔で教えていただきながら作りました。

小泉さんは自分自身がプログラムの先生でもあると同時に、実際にiPhoneアプリ作っている方でしたから、教え方も的確でしたね。

「hinadan」は、ひな祭りの人形をひな壇の正しい場所に置くというシンプルなゲーム。内裏様の体にポンとタッチしてから、座るべき正しい位置に触れると、正解だったら「正解です」、間違ったら「間違いです」ってブーって音がするだけのゲームです。

でも、ひな壇の飾り方って、若い人よりお年寄りの方が知っていたりするでしょう。お年寄りがスマホを使いながら、若い人に老人の知識を自慢できるんですよ。

「hinadan」はSwiftで書いていますが、書き方もろくにわからないので、いわゆる配列みたいものは使っていません。でも、サンプルプログラムのある部分をそのまま使えば同じ機能を組み込めるし、この部分を変えれば表示される文字が変わる、そんなブロックを組み合わせるような感覚で使えます。

これをiPhoneアプリとして誰もが使えるようにするためには、Appleに登録申請しなくちゃいけませんよね。「これはプログラムの体をなしていない。Appleでハネられるんじゃないか」っていう話もあったんです。

でも小泉さんが「要するに、このゲームでは人形が動けばいいんでしょ」とおっしゃるから、「そうです」「それだったらとりあえずやってみましょう」となって、おかげさまで審査にパスしました。ただ本職のプログラマが見たら、もう笑いが止まらないぐらいの出来ではあります(笑)。

アプリ「hinadan」が私の人生をドラマティックにしてくれた

ブロードバンドスクール協会では、電脳ひな祭りというイベントを毎年やっています。ささやかなお祭りなんですが、最初は「そこで公開できればいいな」くらいに思っていました。

ところが、その小泉さんのお友達の及川卓也さんが、朝日新聞に「自分の友達で81歳の高齢者に、遠隔授業でプログラミングを教えている人がいる」という話をしてくださったんです。そしたら新聞社の人が「アプリを公開したら教えてください」言われるので、それを伝えたら記事にしてくれたんです。

若宮正子さん


それからはもう大変なことになってしまって……。朝日新聞に載ったすぐ後に、CNNから英語のメールが来たんですけど、最初はガセメールかと思いました。ウイルスの検査ちゃんとしてから返事を出したのですが、私英語苦手だからGoogle翻訳で読んで返信書いたらまた追加の質問がいくつか来ました。

で、「この質問に20分以内に折り返してくれたら、今日中に記事をリリースする」って。外国の会社って早いんですね、特にネットニュースは早いですよね。

CNNの記事はとてもいい記事でした。それを世界中の通信社が拡散してくれました。私の5つ年上の兄が後にネットで調べたら、40ヶ国語版もあったとか。例えば、セルビア・クロアチア語とか、アルジャジーラだからアラビア語ですかね、そんなふうに多言語で配信されて、私は一気に世界でというか、むしろ海外で先に有名になってしまいました。

その記事は、Appleのティム・クックCEOの目にも触れたのです。Appleの日本法人からメールが来て、お邪魔したらいろいろ話を聞いてくださって、その1カ月後には「若宮さん、ご一緒にアメリカに行きましょう」と誘われました。

でも私ね、アメリカに行くことの意味がよく分からなくて、その時は他に約束をしていたこともあって、あっさり断ってしまったんです。

そうしたら、CEOがあなたにぜひ会いたがっているので、ぜひご一緒に行きましょうと言われまして、そこまで言われたら断るのも失礼だと思って、2017年のAppleの世界開発者会議(WWDC)に参加することになったんです。

WWDCの前日、クックさんにお会いしてハグされちゃいました。普通はAppleのCEOとハグしたって話をしたら、事情を知らない人は「やっぱ頭おかしいね。ぼちぼち認知症のテストそろそろ受けた方がいい」って言うんじゃないでしょうか。だけど、証拠の写真がちゃんとあるんです(笑)。

あの頃は、ほんとに天地がひっくり返るような大事件が毎日起こっていました。「TEDxTokyo」でのスピーチはWWDCよりも早い、2014年ですね。あの時も反響がすごかった。

若宮正子さん


TEDという若者の世界で、アメリカ式文化の世界でしょう。それに日本人のおばあさんが出てきてどうなるかって主催者側も不安だったらしくて。だけどもう私が舞台に出たら、何か言うたびにウオーって歓声が起きて、最後はスタンディングオベーションでした。

「TEDxTokyo」では、私の次のスピーカーが高橋政代さん(理化学研究所・網膜再生医療研究開発プロジェクトリーダー)だったんですが、この前、仕事で神戸に行った時にお会いしたら、「あんたのおかげでうち、えらいめにおうたわー!『次あなたの番です』って言われて出ていったらアンコール始まって調子狂うわ~。せやけどうちはな、あんたのファンやさかい、心配せんでええで」って、言われました(笑)。

60歳前後に好きでパソコン始めて、自分なりにITスキルを磨いて、それを今では人にも教えるようになりました。老人クラブで野球大会があってバットを持ってよたよたとバッターボックスに立ったら、自分が球に当てたというよりも、球がバットに当たったかんじ。

しかもただのフライが、たまたま強烈な追い風が吹いてきて、あれよあれよという間に場外ホームラン。アメリカまでぶっ飛んでいって、地球を一回りして帰ってきたみたいな(笑)。

で、アメリカから帰って来たら、今度は内閣官房から「安倍首相のところに行ってほしい」とか。何が始まったのっていう感じ。ほんと、ドラマティックな展開ですよね。