パーソルグループとSky株式会社は、sightを通してエンジニアの自分らしいキャリアを応援しています

84歳のアプリ開発者・若宮正子さんに学ぶ──これからは高齢者が積極的にITを使いこなす時代に

58歳でパソコンに触れ、82歳でiPhoneアプリを開発。Appleのティム・クックCEOから「世界最高齢プログラマ」として賞賛された若宮正子さん。今も国内外を飛び回り、高齢者のデジタル社会参加をテーマに精力的に活動を続けている。インタビューは、2019年の夏にエストニア共和国で触れた電子政府の話からスタート。若宮さんの飽くことなき好奇心と行動力の泉、そこからあふれ出るさまざまな気づきに引き込まれた。

若宮正子さん

Profile

若宮 正子さん

1935年生まれ。東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)卒業後、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)で定年まで勤める。退職後にパソコン通信を始め、知己を増やす。Microsoft Excelの罫線機能とセルの塗りつぶし機能を用いて作成する「エクセルアート」を考案し、マイクロソフトから「エクセルの新しい使い方」という評価を受けた。2014年に「TEDxTokyo」に登壇。高齢者向けアプリ「hinadan」開発をきっかけに、2017年のApple WWDCに招かれ、ティム・クックCEOから「世界最高齢のアプリ開発者」と紹介された。2018年の国連総会で高齢化社会とデジタル技術の活用をテーマに基調講演。内閣府主催の「人生100年時代構想会議」に最年長メンバーとして参加。電子掲示板「メロウ倶楽部」副代表、NPOブロードバンドスクール協会理事などを務める。(2020年1月22日現在)

取説やコールセンターがないと動かせないようなアプリはダメ

これからの高齢化社会では、家で寝たきりなっても、人手不足などで、気軽に介護士さんを頼める時代じゃなくなります。やっぱりロボットや機器を使いこなしていくしかない。だからこれからの高齢者は、ITアレルギーがあったらやっていけないと思います。

70代80代だからこそ、必要なITというものがあります。その一つがAIスピーカーですね。寝たきりでも、口で喋れれば使えますから。高齢者にはあの路線がいいんじゃないでしょうか。今も私自身、ベッドにいながらにして、「OK, Google! テレビをつけて」とか「照明を明るくして」と話しかけて、Google Homeを便利に使っていますよ。

これが家族だったら「だからさっき言ったでしょ、こんな温度で寒すぎませんかって。またですか」って嫌味を言われるに決まっているもの(笑)。そんな嫌味を言われるぐらいならデジタル機器を使った方がいいかもしれませんね。

今はまだ高齢者もそれを「やむを得ず」使わざるを得ないという感じだけど、例えば遠隔医療でも眼科の先生のお話では、これからは過疎地には眼科などの専門医の先生がおられなくなるから、遠隔医療は必須になるそうです。

5Gの時代になったら眼底検査でも、ものすごい精度で目の奥まで見えるようになる。だからもしかすると地元の眼科のお医者さんよりも、遠隔医療の方が精度が高くなるということがあるかもしれない、という話です。

若宮正子さん


そもそも、東京のような大都市だって、夜は無医村になるんですから。それを考えると遠隔医療って、すごいことだと思う。地球の反対側は昼間だし、地球の裏側にはもっと優れた先生がおられるかもしれない。可能性としては、遠隔医療の方が高度な医療が受けられるかもしれない。

だからこそ、やむを得ず使うというよりも、もっと積極的に使いこなすことが大事だと思うんです。もちろん、サービスや機械が使いにくかったら、積極的に使おうとはならない。

だから、開発者やメーカーには、アプリやサービスのユーザビリティをもっと真剣に考えていただきたいですね。エストニア政府で電子サービスを開発している人も言っていましたけど、「取扱説明書やコールセンターがないと動かせないアプリを作ったら恥」なんですよ。

最近よく「シニアのニーズを探りたい」とIT企業からアンケートが来ます。文面を見ると「あなたの年齢は? 10代・20代・30代・40代・50代・60歳以上~」。60歳以上はひとくくりなのかと。そういうの見ると、すぐに破いて捨てちゃいます(笑)。

そういうアンケートを作る企業は、本音では高齢者に関心がないんじゃないか、なんて思っちゃいます。でも、スマホ市場にしても、もう60歳以下は飽和状態でしょ。これからは60歳以上、70代、80代でもニーズはあるはずです。そこを無視してもらっては困りますよね。

ドローン、みえる電話、RODEM……新しいテクノロジーにわくわく

遠隔医療に可能性があるのだったら、勉強でもそうですよね。遠隔学習でもっと質の高い授業を受けることができるようになるはずです。英語さえ分かればハーバード大学だって、オックスフォード大学だって、海外の大学教授の講義も聴ける時代なんですから。

単にマンツーマンでリアルタイムに授業ができないから遠隔授業でやる、ではなく、その方がよりいろいろな先生から教わることができるし、違った先生から違った方法で習うこともできる。つまり、教育の多様性の確保という点でも、遠隔教育には意義があると思います。

他にも私はさまざまなテクノロジーに興味を持っていて、そのたびにワクワクしています。やっぱり面白いのはドローン。先日の台風で私の最寄り駅の藤沢では、東海道線も小田急線も止まってしまいました。

電車を動かすためには、保線技術者が線路を全部歩いて点検しないといけないそうです。目視で、倒木や架線切断や、障害物の存在を確認して、それを処理しなくちゃならない。でも、その前に技術的にやれることはもっとあるんじゃないかと思ったんですね。

ドローンを飛ばして障害区間を特定するとか、あるいは各駅の上空にドローンを飛ばして混雑状況を把握すれば、より情報を活用した災害対策や危機対策ができるんじゃないか。電車が停まって、駅に人があふれている状況をドローン動画で共有できれば、勤務先の会社も「今日は無理に出勤しなくていい」と社員に連絡できるようになるんじゃないでしょうか。

若宮正子さん


シニア向けのテクノロジーで言えば、骨伝導補聴器とか、NTTドコモが始めた、通話相手の言葉をリアルタイムで文字に変換し、スマホ画面に表示してくれる「みえる電話」とか、面白い技術がたくさん出てきました。

神戸アイセンターというところで試したことがあるんですが、イスラエルの企業が開発した視覚支援装置。画像認識で登録している人が近づいてくると、その人の名前を教えてくれる。視覚障害の人がつければ、例えばスーパーに行って商品を指さすと、それが瓶のラベルを読んでいちごジャムだとかマーマレードだとか教えてくれるのね。

さらに、「Seeing AI」というスマホで視覚障害のある人を助けてくれるアプリも登場しています。(現状はiOSのみ)

テムザックという会社が開発した「RODEM(ロデム)」という乗り物も面白いですね。後ろからスライドして乗れる車いすで、ベッドや椅子からの乗り移りが簡単。狭い場所でも旋回しやすい。高齢者が生活空間を広げるのにきっと役立つと思います。

こういう機器の中には、何十万とするのも少なくありません。あと何年生きるか先の見えない高齢者が買取をするのはリスクがありすぎます。月払いのレンタルなどにすることが重要であると思います。

場所を越え世代を超えて人とつながる、ITエバンジェリスト

この前のエストニアでの勉強は、クラウドファンディングで渡航資金を集めたという10歳の井上美奈さんと一緒でした。将来はアントレプレナーを目指しているそうです。

チャットで話をしていると、「すみません、ここで抜けさせていただきます。今日は給食当番で早く学校に行かなければいけないので」というかんじで、普通の女の子。美奈さんは学校が大好きなんだそうです。

私は美奈さんとお友達になったけど、それは同じ志を持つ者同士のつき合いなんです。日本ではすぐ年齢や年代で差をつけちゃうけど、人はもっとフラットな形で付き合うことができる。だから、新しいチャレンジには年齢なんて関係ない。年齢は単なる数字にすぎないということを、最後に申し上げたいですね。

もちろん、一人では何もできない。私も、周りにいる年代を超えた大勢の仲間たちのサポートがあったからこそ、ここまでできたんです。2019年の園遊会に招かれて、皇后様(今は上皇后様)の前で、「エクセルアート」でデザインしたドレスや、電子工作でプログラミングした光るハンドバッグなどをお見せしたんです。上皇后様は「これ、光りますのね」とおっしゃって、とても興味深げでした。

若宮正子さん


そんな話を私の洋服を縫ってくれたり、アプリを作るときに「お雛様の元絵」や「ナレーション」などで助けてくれた仲間たちにすると、みんな我がことのように喜んでくれるんです。そういうみんなの夢を、私が代表して実現しているのかもしれない。そのためにも、私が一番楽しんでいないと、その熱が周りに伝わっていかないんです。

だから、私のことがビジネス専門誌で紹介されても、実はあまり意味がないの。それよりも、美容院や歯医者さんの待合室で、女性が手に取るような雑誌に紹介されたほうが、IT社会の夢が広がると思うのね。そこにこそ、私の「おばあちゃんITエバンジェリスト」としての存在価値があるんじゃないか、そう考えているんです。